スポンサーサイト

Amebaなう スポンサーサイトをはてなブックマークに追加
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

コイルたちのご紹介

Amebaなう コイルたちのご紹介をはてなブックマークに追加
 
こんにちは

頂いた銅線などを無駄にしないため、つなぎの材料などに過去の作品をほどく場合があるかもしれません。
そこで今日はコイルマシンをバックにコイルたちの記念撮影をしました。



バカなりに巻き方が進歩してきたのがおわかりいただけるでしょうか。
手前が 最初の作品と最新の作品です。

やみくもに巻き始めてから、だんだん自分なりの論理を立て進化バージョンが成立してきました。
現在コイルマシンで巻きかけのコイルは手前の進化バージョンと同等のスペックを持つものです。

いずれのコイルも1個巻くのに4日から5日かかりました。 今思うとマシン作成からコイル巻きまで、大変な労力ですが、多くの方の励ましとご協力のたまものです。
そうした状態でなければ僕の性格では続けることはできなかったであろうとしみじみ・・
マシン・コイル ともども厚く御礼申し上げます。

しかし道はまだ中途、進化バージョンをあと幾つも作らなくてはなりません。

コイル巻き論理の根本が陰陽の原理から来ているので、やれ左巻き、右巻きとか巻き列の数は・・とか
作った後に、あのパターンが加わらないと・・・・
ネットなどで調べていると この巻き方が最先端 みたいな企業ページがあったりして
単なる銅線ぐるぐる巻き程度に考えていましたが奥の深いものです。
しかし作成毎に蓄積してきたデータは大きな可能性を示唆するに至っています。
あと、2か月はコイルを巻きまくる そんな事が続きそうです。

はやくUFO作ってくださいよ・・・ なんて声もありますが、とてもマダマダの状態です。
でもやってみたいですね。反重力装置の開発
その場合は今の協力者の数十倍の方の協力が得られないと無理なのではないかと思っています。

今後とも、ぜひご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
ありがとうございました。




サイト内のAmazon.co.jp(アマゾン)へのリンクからお買い物などをしていただくと紹介手数料が入り、実験経費の補てんに役立ちます。ブログを編集して、こうしたことを書かせていただきましたら、ご利用いただく方がでてきて大変うれしく思っています。すでに数件、僕以外の方が利用されているようです。ほんとに有難うございます。なにをご購入になったか当方ではわからないようになっています。ご安心を「今月は何も買ってないはずだけど売り上げがあるぞ? なんで?」と戸惑ってしまいました。 嬉しいです。


謎めいたコイル
ユーチューブや写真などでフリエネ開発者やUFO研究家達の巻くコイルに以下の写真のようなのがあります。

二本の線をよってコイルにしているのです。僕はまだ巻いたことがありませんが興味深い構造です。
コアレスのトランスにもなりそうですね。清家新一博士がいっていたダブルソレノイド巻きとかっていうものでしょうか?どうなんだろ?
みんな、秘密がいっぱい・・・
奥が深いわ! コイルって

このタイプを巻くときは特殊巻き取り機で最初により線を作ったほうが楽かも・・・
ふつふつと次の構想は生まれてきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。
関連記事


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。