スポンサーサイト

Amebaなう スポンサーサイトをはてなブックマークに追加
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

聞十方

Amebaなう 聞十方をはてなブックマークに追加
 
どうみても ガイキチの文面になることを御容赦ください。

8/7朝より突発性難聴になったことは先だって書きましたが、
それにともなう耳鳴りも発生しました。 整体では頸椎6番の状態がもっとも影響するといいます。
そこであれやこれややっているうちに 単音化することに成功しました。

「同じ音がずっと響くのもつまらない音楽になればなー」などと思っていると、なんと旋律が流れだしたのです。
越中五箇山の民謡「こきりこ」でした。最初は「こきりこ」だけでしたが、現在は意識を凝らすと任意に曲を変えることが出来るようになっています。しかしどうしてもテンポの遅い民謡や童謡のほうが自然に流れやすいようです。

ここからが本題なんですが、山田さんのブログの記述絶対零度の本当の意味に「宇宙というのは、『あ、お、う、え、い』の波動の上でしか存続・・」の記述があり心の中で耳鳴?音にあおうえい をかぶせてみたのです。
なんと音が声になったのです。そんなこんなことを興味本位でやっていますと 最近、聞き取りにくいのですが、フレーズが歌詞付きで聴こえることもあります。なにか訴えているのでしょうか。


10/17午後よりなにやら低音域でへたくそに歌い始めました(最初は音痴でも数時間でめちゃくちゃ正確に旋律にあわせて歌いだします。)
なにやら いろいろ文面に節をつけていっているようなのですが、どうしても何をいっているのか判りません。
また心の中で「わけのわからん歌詞は迷惑やなー」とつぶやきます。 それでたまに若干わかるところもあるのですが、はっきりしません。文章としてもつながらないのです。そんな中で同一のフレーズをしつこく入れてきます。「もんじっぽうーもんじっぽうー」と聴こえます。
門十法かと思って調べたら何もなし、やはりでたらめかと思っていましたが、「聞十方」があるではないか摩訶般若波羅蜜経、神力偈、無量寿経 などのお経にでてくる言葉でした。

じっ‐ぽう 〔‐パウ〕 【十方】 1 東・西・南・北の四方、北東・南東・南西・北西の四隅と上・下の方角。 2 あらゆる方面。すべての所。  ちゅうことは聞十方とは あらゆる角度から聞きなさいということなのでしょうか?

最近古代知恵と「賢者の石」の秘儀!というブログを読むのですが、意識レベルの低い現在では読解するのが大変難しい内容です。しかし、ころんでもただでは起きません。耳鳴から真理を見つけるのです。こんな記事を見つけることが
出来ました。

宇宙創造の意思は、宇宙を六方向に封じ創造の場を設けた!

普段の音階レッスンも、宇宙エネルギーの発動をかんじますが、「ド」の音階について、より理解を深められるように思えます。


<追記>聞十方 - 諸説
聞十方が出てくるお経はたくさんありますが、多くの訳文では「十方から聞く」という意味ではなく「仏様の教えをくまなく十方に聞し召せ」という意味のようです。

個人的見解から云うと 魂(ソウル)波動を十方に響かせよという意味なのかもしれません。 
つまりミタマを響かせよと、ミタマとは身魂=体と霊体のどちらをも指します。具体的にその周波数を知らされるのは実にありがたいことです。

まだまだ絶対音を全身に響かせないと・・・と思い、約2時間、ドの音に集中 頭にギター載せてボーン、足にギター載せてボーン何度かやって 寝転がって心の中で「んー」これを何度も繰り返しました。しばらく体に波動を覚えさせる訓練をやってみようかと思っています。さてどうなるやら・・


・無量寿経優婆提舎願生偈
  原文(抜粋):梵声悟深遠 微妙聞↢十方
  一般訳文  :梵声を悟らしむること深遠にして微妙なり 十方に聞ゆ

・摩訶般若波羅蜜経序品第一
  原文(抜粋):欲聞十方諸佛所說法。聞已乃至阿耨多羅三藐三菩提不忘者。當學般若波羅蜜
  一般訳文  :十方の諸仏の説法を聞き、聞きおわって阿耨多羅三藐三菩提に至るまで忘れまいと思う者は、まさに般若波羅蜜を学ぶべきである

・正信偈
  原文(抜粋):重誓名聲聞十方
  一般訳文  :どうか 私の名と そのいわれを よく聞きわけてくださいと 願い成就の誓いをこめて 十方の世界に呼びかけました。重ねて自らの名が十方に届かんことを誓われたり

・佛說戒香經
  原文(抜粋):佛告阿難。有風無風香遍十方者。世間若有近事男近事女。持佛淨戒行諸善法。謂不殺不盜不婬不妄及不飲酒。是近事男近事女。如是戒香遍聞十方。而彼十方咸皆稱讚。而作是言。於某城中有如是近事男女。持佛淨戒行諸善法。謂不殺不盜不婬不妄及不飲酒等。具此戒法。是人獲如是之香。有風無風遍聞十方。咸皆稱讚而得愛敬
  一般訳文  :仏、阿難に告げたまわく、『風有るも風無きも、香りて十方に遍しとは、世間に、もしはある近事男(こんじなん、僧に仕える俗人の男、優婆塞、男子)、近事女(こんじにょ、僧に仕える俗人の女、優婆夷、女子)、仏の浄戒を持(たも)ちて、諸の善法を行う。 謂わく、殺さず、盗まず、婬せず、妄(いつわ)らず、および酒を飲まず。 この近事男、近事女の、かくの如き戒香は、遍く十方に聞こえ、彼の十方は、咸(ことごと)く皆、称讃して、この言を作さく、『某城の中の、ある近事男、近事女は、仏の浄戒を持ち諸の善法を作す。 謂わく、殺さず、盗まず、婬せず、妄らず、および酒を飲まず等なり。』と。 この戒法を具(そな)うれば、この人は、かくの如き香を獲(え)て、風有るも風無きも、遍く十方に聞こえて、咸く皆、称讃して、愛敬することを得ん。』と。


関連記事


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。