スポンサーサイト

Amebaなう スポンサーサイトをはてなブックマークに追加
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

穴のライン(続・龍のライン)

Amebaなう 穴のライン(続・龍のライン)をはてなブックマークに追加
 
最近よく連絡をとっている淳ちゃんからメールが



つながりました。

アナマ~穴馬~穴吹(美馬)
http://goo.gl/maps/8bXIx



東北の中心もこの線上に来そう?

それからもうひとつ。
相馬~穴喰~穴川
http://goo.gl/maps/5BDPi

線引くまでもなく見える。
これ、引いた覚え無いのに最初につくった地点登録用マップに線が引いてあって、上のライン引いた直後にさらにビビリました。


彼女の書き込みからも


「アナマ」という地名だけを集めてみました。

http://goo.gl/maps/D7mgb





皆さんどんどんコメントしてくださいね。
関連記事


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

コメント

つぶやき

ハングル語の分かる人でアナの発音も繋げるときっとすごいと・・・・
誰かやってみてくれ!

No title

すごいパワーを感じるラインのつながりの完成(?) パチパチハパチパチ!!

またまた少しずれてるコメント。。

このラインを皆さんがつなげている事で、 女王蜂という本に書かれている
箇所が浮かんでいます。。。 スズメバチの女王蜂はどんなハチが戦っても
倒されるけど、日本ミツバチには勝てないそうです。 日本ミツバチは全員で
女王蜂を囲み羽音の周波数で死んでしまうそうです。

このラインがどのような意味なのかまださっぱりわかりませんが。
どんどん明瞭になって ベールがはがされていく日も近いのですね。^^

本日お盆に白玉団子をお供えするのが何故かわからなかったのですが、
ふと、 たま → たま(しい) → しろいたま 亡くなった人のたま(しい)
などと浮かんできました。

無関係なコメントごめんなさい。

皆様 すごい!!

日本ミツバチ

羽音の周波数ってすごいですね。

淳さんの地図、相馬~穴喰~穴川 の勢い見て驚きました。

私もお題いただいてるので頑張らなくちゃ。
淳さん、お疲れ様でした。

No title

すごい。本当にすごいです。
頭がさがります。
バシバシ真実といちゃってください。ココが日本の最前?
私も何とかついていけるよう努力中です。
もう色んなことが気になってなにがなにやら・・・。
淳さん、お疲れ様でした。

けど、まだ他にも出てくるんでしょうね(ワクワク。)

No title

コメントUPしようとしても出来ない現象があるようです。
恐るべし 穴クシロ 極めて単純におもしろい!

No title

淳さん、角川日本地名大辞典、他、教えて下さってありがとうございます。

Chachai さんの宿題に取り組み中だけど、納得のラインが出ずに
行き詰まってたの。やっぱり、取りこぼしがあるってことなのよね。
あー、早くスッキリしたい。でも、これで進めそうです。ありがとう!

Chachai さん、ご配慮ありがとうございます。待っててね

No title

お早うございます。
近況です。
昨日ハングルでの解析をやってみる という方から連絡がありました。
さていかになりますか。

いろいろやっておられる方遠慮なくご連絡ください。
http://form1.fc2.com/form/?id=715984


No title

淳さん。みなさん。
きのうは、飲み会に向かう途中でスマホで見てたら
たまたま、携帯の電源いかれて、今日はあらためてPCで見てます。




相馬の「穴」の地点。

そこから、北北西に20キロない距離だと思うんですが(目分量ですみません。)
そのあたりに、宇田川湖ってダムがあります。
そこは、宮城県最南端の町なんですが、その人造湖から放射状に北北西の一帯地域。
古霊山から東の一帯の話を、ちょっとだけ、ここに書き込ませてください。

そこは、今回の大震災前、半年間くらい、ずっと妙な音がしていた地域です。

とくに、表にでることない地域のみの話だったので
だれもわからないことだと思います。

その一帯は、わたしが、当時、畑と家を借りていた
山間の過疎集落な場所なのですが

あるころから、夜中とか、明け方とか、時間に規則性はなかったのですが
突然、「ドン」と響き渡る大きな音がするのです。目が覚めるくらい。
しかも、地中あたりから家屋の一部に響く、突発的な音なので

地元では、「いのししがぶつかったのかな?」
などと、話題にしているうちに、同時刻に複数の人が感じていることがわかり
いのししが毎晩うろうろしているけれども、彼らがぶつかったんでもないらしい。
しかも、昼間もある。いったい、なんだべ、と茶飲み話になってました。

しかも、地域の全家屋で感じているわけではなく
同時刻に音を感じる場所と感じない場所があり、不思議現象になってました。

町役場の人がきて、いろいろ調べましたが結局よくわからず。
ダムで発破作業している音か?なんて話もでましたが、違ったようでした。

その地域一帯は、とにかく、ありえないくらい大きな石の多い地域です。
この地域に数年いたことで、巨石があふれている環境に慣れてしまいましたが、
今思うと、特異な場所だったと思います。

地盤もものすごく硬いです。地下に大きな岩盤があり、縦横無尽に水脈が走っているようです。

音は、どこからきていたのか、伝えているのは
岩なのか、水なのか。どちらもなのか。
震災前の大きなエネルギーの動きの音だったのかな、と思っています。
もし、仮になにかの発破の音としても、伝わる場所とそうでない場所があるのが
やはり、不思議です。

岩盤や、水の流れで、エネルギーがどのようになるのか
知識がなくて、分析できないのですが

chachaiさんの書き込みのスカラー波などの話のところを読んでいると
なにか、地脈の流れがあって、
古代の人は、それを、地名であらわしたり、また、受け入れたりして
場所を決めたり選んだりしていたんでしょうね。

あの、音を感じ続けた日々を、実は、すっかりわすれていました。
震災後はぴたっとなくなりましたし。

ちなみに、わたしの借りていた家屋で音がしていた場所は
震災後、地下で亀裂が入り、そこを走る水道管が一本だめになりました。
そこだけ、盛り土をして整地したので、柔らかな場所だったのだと思います。
そこだけ、隙間があった場所なのかも。
音がしていたほかの家も、家のまわりに毛細血管のように、
小川や湧き水、があるような家が多かったように思います。

相馬の「穴」の地点は、その内陸の地点から海側に離れている場所ですね。
なにか、エネルギーが抜ける場所、出入りする場所なんでしょうか。

あのあたりを車で走った記憶から、いろいろ思い出しています。
思い込みをはずしながら思い出したくて、頭の中をフラットにしてます。

いまや、なかなか、思い立ってもいけない場所なので、気軽に確認にいけませんが。

ちょっと余談がすぎたとしたら、おゆるしくださいねん。

No title

蛙さん、 ものすごくヒントをいただきました。

ありがとう~ chachaiさんの脳内は私には皆目わかりませんが、

皆様のコメで 自分の道が繋がりつつあります。 ☆

No title

これは貴重なお話ありがとございます。
すごい大事なことをおしゃている気がします。
このレイラインは具体的になんの為のものなのか?
なんだかヒントが見え隠れするドキドキするお話でした!

No title

蛙さん

レイライン、穴、石、水脈、エネルギー、地震、周波数、スカラー波は関係してるってことなんですよねぇ。

未来

その地域で暮らしている間は、呼吸そのものが恍惚感だったりしてました。
あと、時間の感覚がなくなる、と、うちに遊びに来た人は言ってました。
やはり、人の意識はすごく影響を受けている気がして・・・。


長野の佐久というあたりは、子供のころに小諸や松本にいったぐらいで、未踏の地ですが、なにやら原点回帰した新しいものが提案される場所、という勝手なイメージが私の中にあります。

「この商品本質ついてて新しいな」と思ってラベルを見ると「佐久市」って書いてあって、「やっぱりな」なんてことが重なった記憶がありまして、覚えていたと地名だったのです。

今回、穴のラインに佐久があったことで、やはり、そういう地の力が、人の意識に確実に影響しているのかもしれないなと、感慨深い気持ちになりました。


男性性の意識は、つながりを構成したりして空間に方向性をみつけて推進する力なんかな。
女性性の意識は、感応して波紋のように輪や和に広げていく力なんかな。
実際の性別ってことでなくて。


だから、オオムラさんのおっしゃるように、すべて、みんな、繋がっているんだなって思います。
あと、chachaiさんのリンクにある、光のポハクって話がすごく好きです。

個人的には、今、川と川が合流する場所が、ちょっと気になりだしましたが
ホツマやヲシテも読んでる途中だし・・・。あせあせ。いやいや、のんびりいくぞ。

あぺとぺ(宮城の方言です。あべこべ、とか、あっちこっちとか、の意味かな?)
な書き込みしてしまいました。てへ。ゆるしてけさいん~。(これも、方言)





No title

次々に失礼します。

佐久。。って、毎年御代田に逗留していて、おととし昼ねをしていて、いきなり
目覚め、 外に。。 なんと 環太平洋アークが!! そして、一説には瀬織津姫
の雲 (勝手に)のような計上の雲が 顕れていました。 この日以降私は
瀬織津姫を知り始めました。

私は いつも深夜の月 だったり、夕方の美しい夕焼け雲、そして太陽の周り
の大きな虹 に呼ばれるように 外に飛び出します。
その瞬間て全く 無 の状態のように今感じます。 追い求めていると見えない。

佐久 って、 マントラで 虚空蔵菩薩 おん さんざん さく そわか

今気づきました。 ありがとう・・

No title

長野に行く予定がはいっているので佐久いってこよっかな。
いいスポットあるんですか?(関係のないことですみません。あれば教えてください)
光のパポク
私達も意志(石)の力を使えるようになってくる??
それもこれも私達しだい???

No title

スカラー波って石を投げた水の波紋みたいに一時的な場合がほとんどのようです。
ですから蛙さんの奇妙な音の体験談は僕が思っている状態そのもののようです。
なんらかのスカラーエネルギーが連続ではありませんが、幾度となく加ったといえそうですね。今回は破壊のエネルギーに繋がったのですが連続してスカラーを得られる状態を自然から取り込む 古代ではそのような技術があったと思っています。それが可能になるととんでもない文明が作れるのでは
・・
磁石で作ったスカラー場も時間の経過で弱くなります。これが連続して得られるとマジに回り続けるはずなのですが、連続しないのであくせくやってます。
そこでかつて自ら封印したクシロ知識をもちだして調べているのですが、物理方面ではなく太古は国境はなかった? みたいなラインがあちこち顕れてきた、そして、なんらかの超科学の存在が朧ですが見えてきて・・
それでそうした土地の特徴などを皆さんが感じてきたものなど書き込みいただけるととても参考になります。
 

No title

ん~。光も音も大きく関係してて、宇宙観測所もあるんですか。
宇宙といえば宇宙線、エーテルの存在も気になりますね。
原発、ダムまさにエネルギーが通っているんですね。
勉強になります。ありがとうございました。
全部つながっている。その全部に私達も入るのかな。
宇宙大自然文明?楽しみだー。

Re: 古代の技術・・・?かも

> chachaiさん、おひさしぶりです。
> 穴のライン、どんどん進展してわくわくしますね^^
>
> 今日はリコメントの
> <連続してスカラーを得られる状態を自然から取り込む、
> 古代ではそのような技術があったと思っています・・・。
> を読んで、ふと思い出したことがありまして。
>
> 私の母方の本家は山形で、山と平野の境目あたりに住んでます。
> その里の一番近い小さい山の上に、こじんまりとした古いお社がありました。
> 昭和のころ、長年の風雪でお社が壊れてしまいました。
> それに気づいた地元の人達が、建て直すために片づけを始めたところ、
> 地面の下から一個に一つ、文字のような、何かの記号のようなものが書かれた
> 手の平大の、大小さまざまな石がたぁ~くさん出てきました。
>
> 中には記念に持ち帰った人もいたそうですが、みな具合が悪くなって返したそうです。
> それで、この先間違って持ち帰る人が出ないよう石は町の資料館に移されましたが、
> あまりにたくさんすぎて、全部は運べなかったみたいです。
>
> お墓参りの時に親戚たちと一緒に登りましたが、残ってた石は野ざらしのせいか、
> 言われてみればかすかに何か書いてある・・・? くらいになってました。
>
> 当時、だれも読めず、見たことのない記号のような文字。
> これをたくさん埋めることで何かを封印したのか、
> 結界にしたかはわかりませんが、
> chachaiさんのリコメを読んで、言霊を使ったスカラーエネルギーなのかなと思いました。
> ふつうの人が持つには強すぎる言霊。神代文字の仲間なんでしょうか。
> 全国にこのような仕掛け?はあるのかもしれないですね。

なんなのでしょうね。
僕の知っている事例では子宝石といって子供を授かりたい人がある山の石をお借りして持ち帰り願いがかなうと新しい石を加えてお返しするという風習で、石がドンどんどん増えていった というのを知っています。
「言霊を使ったスカラーエネルギー」うーん どうなんだろ。 
あるかもしれませんが、今の処皆目見当がつきません。

霊地とされる山の頂上へふもとから石を持って行ったであろうとする事例は多いように思います。
でも文字の入った石というのは聴きませんね。
とあるピラミッドとよばれるお山へ登った折、川にある数十キロから数百キロの丸石が整然と並べられているのを見たことがあります。ですから草が生えないのですが、皆目見当がつきません。

河合という地名が書き込みで紹介されていましたが 京都の下賀茂神社の糺の森を隔てた川の合流点に河合神社というのがあります。これは御所の鬼門に位置するのですが 河の持つエネルギーを応用する私たちの知らない応用方法が古代に有ったのはまちがいないと思います。
通常スカラー場というのは減衰します。信仰に名を借りて石を絶えず集めることによってスカラー場を絶えず起こしたということも考えられるかもしれません。あくまでも憶測ですが。
インスピレーションがわく書き込み有難うございました。

No title

不思議なライン上には研究施設は多いですね。
でも中には首をかしげたくなる研究施設も多いのも事実です。
以前他のブログに書き込んだことがありますが、原発は稼働させると原子力ニュートリノというのを発生させます。 ですから柏崎原発は地下にニュートリノ観測施設が設けられています。 ニュートリノの観測施設で神岡のカミオカンデが有名ですが
そこにはカムランドという別の観測施設もあります。神岡のニュートリノ観測施設を中心として大飯、柏崎、浜岡といった大型原発が等距離で配置されているのは偶然なのでしょうか。背後のなんらかの力を感ぜずにはいられません。
昨年、注目をあびたアラスカのHAARP、表向きはアラスカ大学の観測施設としてデータが公開されていますが、その異常性は誰しもが知っています。
ニュートリノの話に戻りますが、あれって観測して、その現象だけで宇宙の成立の証明にホントになるのでしょうか?具体的に判る方がいたら教えてください。





No title

それで仮にニュートリノの仕組みが解明できたとして、それでなにが作れるか?そこが大きな問題です。

No title

もう一つ 疑問があります。 物理の標準理論というのはほんとうに必要なのでしょうか 錬金術に端を発した西洋系物理学の専横は正しいのでしょうか。
彼、アイザックニュートンはれっきとした錬金術師でした。 当時フリーエネルギーの研究をしている研究者に対し「無から有をつくるようなものだ」といって批判的であったという事実もあるようです。

はじめまして。
穴のつく地名ではないですが、足摺岬に白山洞門(ラインから少しずれてますが) 。 宮崎県日南市油津に洞窟にある祇園神社がありました。祀神スサノオノミコト、稲田姫命、本殿入口左右に八岐大蛇(龍神)、水波女命(水神)が祀られているそうです。

磁気・水

水穴ラインの地図。いろんな縮尺で拡大して、何回も見ました。
おかげさまで、わたしも、すっかりがいきちです。

このライン上で、自分がいままで足を運んだことがあるところや、地元なので知っている情報、あと、言ったことはないけどよく話題になっているところ、などをいくつか書いてみたいと思います。わたしのフィルターに上がってくる場所ってことなので、この情報に関する判断は、読んだ方の判断におかませします。

まず、福島飯野町明治水穴の地点から、ライン上に数キロ上の地点にある

★千貫森★
http://www.aswe.jp/shashi/histry/sengan/main.html
周囲マップ。どうやら、巨石やドルメンだらけ。

http://www.aswe.jp/shashi/histry/sengan/map.html

UFOで町おこしみたいになっている点は、ご愛嬌っってかんじなんだけど
神社で祭っているのは、雷神・風神。

★宮城県白石狸穴★
このポイントから東一帯は、石の産地です。地下に横たわるのは
ペグマタイト鉱床です。

★宮城県船岡城址公園★
城跡が公園になっている小高い丘陵です。
(昔、真昼間から、天空の城ラピュタみたいな形のUFOをわたしが見た地点ですが、ま、これはスルーでOKです。がいきち情報なんで。)


★柴田町入間田★
この地名を見て気がついたのは、埼玉の入間市近辺も、この水穴ラインが通っているなー。ってこと。
このあたりは、林道を通っていても水がどんどん道に染み出してくるような
ゆるい感じの場所です。新規移住した人がなんかかんかやっている地域が周辺にあって、蕎麦やさんなんかも開業されてるところ。
ここの近くに、金蛇水神社という、ちょっとかわった神社がある。


★五社山★
上の入間地点から北上すると、ラインからちょっとはずれるけどでてくるのが
この五社山。

山頂に、雷神をはじめとして、5つ神様が祭る石碑あり。地元の人たちが
祭祀はかかさずやっています。
この近くに、雷神山古墳もあるのが印象的。

みえないものが見える知人がいうには、このあたりはちょっと特別な場所。
光の玉が地面から沸いてる、と言ってました。いろいろ見えることを人にはなるべく言わないで隠して生きている人で、スピリチュアルな話も嫌いな人でしたが。だから余計信憑性がありましたが。

★樽水ダム★
五社山からラインを上がると、どんぴしゃでラインが通過しているのが、
樽水ダム。

ここは、20年くらい前に、一度豪雨のときに大決壊して、下流に大洪水を起こしたダムです。ここからかなり距離のある国道4号線も、川になるくらい、水浸しになりました。

★富田浄水場★
仙台市南部地域の水道の要。

★大年寺山公園★
ラインは、仙台市内を通過するときに、ここ、大年寺山の南端をかすめてますが、地図の縮尺をかなり大きくしないとわかりませんが
仙台の主要なテレビ放送所が集まっている場所です。タワー立ち並ぶ小高い山です。

仙台市内のいろんな、ため池を経由しながらラインは北上。
利府市に入ります。

★青麻神社★
洞窟の中に、日・月・星を祭る神社で、その洞窟は宮司さんしか
はいれません。
周囲は、県民の森になっており、
意図的にここを森として残してある気がしています。
青麻神社の周囲は、水が汲める場所として休日は人が絶えません。
けっこう、遠方から、人ががきます。

★遠野かっぱ淵★
・・・・・・ちょっとあぜんとするぐらい、きれいに通ってます。


ふう・・・。

実は、仙台市内については、もっと細かい現実の情報と符号してきます。
地震との関連もちょっと見えたり。それで、けっこう、この水穴ラインは
わたしにとって、いろいろと気がつくものがあり
どう総括していいか、わからなくなってますが、水と電気や磁気ってことで
くくれるような気がしてきました。

ライン周辺にはずいぶん、熊野神社の記号が多かったような気もしますね。

というわけで、わたし目線の水穴ラインの感想・情報でした。~。

どんとはらい ♪ 














No title

ハングルグル グルグル でるぞー! そんな予感が・・・・ 皆様ご期待ください。 
空前の時を告げるホツマの記述に合わせ世界中と言霊で繋がる? 国境?民族?境界?

次はグルグル回転だー! 

おもいだした情報追加。

淳さんが書いていた、角田宇宙センター。
たんぼや畑のまんなかに突然現れます。

そして、近くに、自衛隊駐屯地もあります。
そこは、戦前から、軍隊の武器補給庫だった場所です。

風や気象が安定している場所を選んだ結果そこになったらしいです。

そして、大きな電線の会社もありました。
(この電線会社は、何箇所か営業所がありますが、水穴ラインに近い場所を点々と選んで存在している感じです。)


地図上でみると、川が合流しているところの間の場所ですね。

石つながりで・・・。

chachai さん、お返事ありがとうございます。

〈子宝石〉
私が住んでいる隣町にもあります。
その石は個人宅というか、その家の人がお預かりしてる?石で、
子宝を望む人は、そのお宅に石を借りに行き、産まれたら返しに行く。
記憶では特に金銭的なお礼とか一切なく、新しい石を添えることも無かったと思います。
当然、限られたものになりますから、お互いを思いやって
本当に子供を望む人が借りるようになっていきます。。。

霊験あらたかな石としてその地区では知られた話で、
だからといって神格化されたわけでもなく、玄関にコロンと置いてあるとか。
ママ友の話では、見た目「ごくふつうの石」だそうです。

〈文字の石〉
先のコメントで書き忘れましたが、chachaiさんのお返事で思い出して。
文字の石も河原石でした。丸くて少し平べったいので大福餅みたい。
その石を見たとき、1㎞ほどの所にも川はあるのですが、
なぜか「あぁ、最上川から持って来たんだな。」と思いました。
その最上川は4~5㎞離れています。

chachaiさんが書いてらした「河の持つエネルギーを応用する」古代の技法は
たしかにあって、今もごく限られた階層で使われているのでしょうか。

文字石を見た時に不思議だったのは、
「ただの墨書でこんな長い時を超えて残るものだろうか?」でした。
もしかしたら、お歯黒に使うような酸化鉄を混ぜたかもしれないし、
ことによっては願いを込める意味で少し血を混ぜたのか?・・・なんて。
これはアヤしすぎますね。すみません、ただの憶測です~(^^)ゞ

また、蛙さんの〈風〉コメントの
「電線会社が穴水ラインに近い場所を点々と選んで存在している感じ」を読み、
幻の桜やお昼寝~に出てくる「エネルギーのつけかえ」を連想しました。
地方の大きなエネルギースポットから、電線で都心に流してつけかえる話です。
まんま、その通りなお話です。

龍のラインにぜんぜん関係ないコメントですみません~。

ハングル語の判る方へ

ハングル語の地名を漢字表記できる場合はぜひお願いします。
こうしたクシロの結果は民族、国境などを越えた大変高い次元の表現の顕れであると認識しています。 
そして正しくラインがつながる事を多くの人が認識できることで 畏れ多い話ですが 社会覚醒の根幹をなすものに大きく寄与できると確信します。
全員参加で詳しいデータ作成をしてみませんか。
http://goo.gl/maps/Lpz1a

いろいろやっておられる方お気軽にご連絡ください。
http://form1.fc2.com/form/?id=715984

アライさん 淳ちゃん JYUNさん オオムラさん ご協力ありがとうございます
(淳さんが二人おられます)
皆さん、ふるってご参加ください。

Re: 石つながりで・・・。

> chachaiさんが書いてらした「河の持つエネルギーを応用する」古代の技法は
> たしかにあって、今もごく限られた階層で使われているのでしょうか。

どうなんでしょう。でも有り得る話ですね。
特別な秘法みたいなのは1000年かけて徐々に判らなくしたものですから
ふたを開けたらぶったまげーしょんで「ワシはいいわ」みたいなものかもしれません。
でも、物理的に多くの人に役立つ犠牲のないものなら皆で探す必要はあると思います。

Re: 藤原房前と龍宮-能「海人」

> 実際には、藤原房前は藤原不比等と蘇我氏の娘、蘇我娼子との間に生まれたとされますが・・・

曽我氏の娼子さんと不比等の婚姻は鎌足が決めたといわれます。法華経で鎮まる(成仏)というのも大変興味深い話です。山のように秘密があっても核心に触れているんだろうね。
おそらく秘密が超山盛り  

チベット・ベトナム・ミャンマー・モンゴル

外国語に堪能な方はクシロという意味についてぜひご研究ください。
現在もっともラインが拡大しているアナのクシロに加え乙(おと)のクシロも準備中です。  ももちぃ_ももすけさんに御足労をおかけしています。
今後協力が得られる限り、未知の言語分野で同じ言霊(音霊)でクシロが広がってゆくか検証してみるつもりです。ですが私自身は言語能力に劣ります。なにとぞご協力ください。

お気軽にご連絡ください
http://form1.fc2.com/form/?id=715984

No title

こんばんは。
本日自分の間違いに気づいて、訂正を書かせてください。

佐久、、、で マントラを 書きましたが、 虚空蔵菩薩では勢至菩薩でした。
ごめんなさい。

佐久近くの御代田で 川の石を拾ったことがあります。
子供の学校の宿題でひつようだったので。。ところが
帰り道同じところをぐるぐる廻って帰れなくなり、
その石を川に戻しに行った事をおもいだしました。

盛り上がっているところを 差し水のようなコメント、すみません。

No title

いや 佐久 はピンポイントでした。
佐久はかなり重要です。きっぱり!

巨石?

調べていたらこんなのにアタリました。

・岩手県宮古市田老摂待
津波石
参考 http://iest.saitama-u.ac.jp/project/file/report-tsunamiishi20120709.pdf

・沖縄県宮古市ー帯岩
帯岩は1771年4月24日(明和8年3月10日)に起きた、明和の大津波で打ち上げられたとされる津波石
参考 http://b-spot.seesaa.net/article/273748898.html

たまたま津波石が同じ地名でびっくりしました。
↓地名は違いますが一応これも。

・残波岬津波石
参考 http://blogs.yahoo.co.jp/neoisland2/234562.html


津波石は外から働く力という感じに捉えました。地球が力を働かせることで何か変化するような場所とか?
津波石は調べればたくさんあるみたいですね。



それから巨石関係
沖縄北から南へ順に

・安須森あしむい
巨石郡

・斎場御嶽せいふぁーうたき
巨石で有名な御嶽

・与那国海底遺跡
自然地形なのか、人工的な遺跡なのかについては論争がある、海底の巨石群
参考 http://www.yonaguni.jp/yum.htm


地図に水色の画鋲アイコンつけました。
http://goo.gl/maps/X12Tv

オオムラさん、皆さんいかがでしょう?
もし参考になれば・・・

No title

つぶちゃんに提案
同じ地名が直線上に3つ以上顕れる場合は別のMAPのほうが見やすいとおもいます。
おうしま は 伊豆大島と結んだら・・・・ 言霊的には おしま 雄島 も繋がります
内陸にもある可能性があります。

しかし あふれるようにぞろぞろ出てきましたね。楽しみです。
編集の進展を期待してマース。

高千穂を調べるなら 穂高 も加えてみては

No title

淳ちゃん
>乙姫様が淡海公に宝珠を渡したのは、彼にそれを守る役割を果たすだけの徳と力があったからで、奪い取られた訳ではないのです。
開けられる時が来るまで、開けてはいけなかった。でも再び開けられることを前提に、預けられました。そういう性質

然り

くじ・あま

海人・・・。海女さん・・・。

そういえば、穴ラインのぬけでるあたりに、岩手県の「久慈」がありますが
このあたりは、いまでも海女さんがいるそうです。あんな寒い地域に・・・。
いや、昔は寒くなかったのかな。

海女さんの文化が残っている地域って
海沿い全部にあるかといえば、そうでもなくて
有名なのは伊勢だと思うのですが
ほかにもあるんでしょうか。

「久慈」という地名は
なにか「葛」「九頭」とも関連を感じざるをえません・・・。

海沿いってやはり、
けっこう船で上陸してきたいろんな伝説や言い伝えがあるようで

茨城の海岸に上陸した、うつろ船(うつぼ船)の伝承
http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13351084527446
が興味深いです。

茨城にも、久慈川がありました。。

Re: くじ・あま


> 「久慈」という地名は
> なにか「葛」「九頭」とも関連を感じざるをえません・・・。

九字にも通じますね。 九頭竜に通じるとおもいます。

うつろ舟関連

どんどん壮大なスケールに・・・刺激的すぎて読むほどにわくわくします!!

蛙さんもあげてらした「うつろ舟」、先日見つけて調べていたら、
その様子を絵に描いた画像が出て来て、
そこにある文字がカタカムナ文字によく似ています。
(伝説、奇譚のたぐいなので、柳田翁などはつくり話と断定したそう)

ここのサイトさんに画像あります。
そして、ページ下部に「うつろ舟」伝説にまつわる
対馬の多久頭魂(たくずだま)神社についてもふれておられて、
大変興味深いです。
少しまとめて抜粋します。

対馬の多久頭魂神社は二つあり、対馬の南北両側に存在。
南の多久頭神社と、北の佐護の天神多久頭(あめのかみたくず)神社で
ある。天道法師の多久頭神社には、法師の母神が祀られている 以外は同じ。
そして、対馬の中央部には南北に和多都美(わだつみ)神社と
海神( かいじん)神社がある。海神は”わだつみ”と読む。
http://www34.atwiki.jp/kidan/pages/16.html

穴、アナについて補足

寺田寅彦さんは「土佐及土佐人」(1928(昭和3)年)内で
土佐(四国)の地名とアイヌ語の関係性を推測しており、
その中で「穴内」(アナナイ)を挙げ、
「アイヌやサモア、マオリ語でも「アナ」は穴でもある。」
と述べている一文があります。
ネットで全文公開されているので、よければ。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/43081_19221.html

私はまだ調べていないので真偽は不明ですが、
もしかして南洋の島々とのつながりも見えて来るのかも?

No title

おはようございます。

久慈。。。 神奈川の川崎にクジ(漢字を失念)駅があります。
両親のお墓がある駅です。

今朝は おしら様が夢に出てきました。 全く東北とは縁のない私ですが。
遠野を調べたり、こちらで目にするので顕れたのかな。

私はよこすか育ちで、観音崎、走水 、鴨居、多々良浜、などに
思い出がいっぱいありますが、この地方は神に関する名前が
とても多く、浦賀(うら、、、心とか、日本を賀する)、鴨居(神のいる)
多々良なども(トトロ かな)
日本は海に面した土地に神の名で 外国からの結界でも作ってあるのかと、
今思っています。 波きり地蔵とか、 津波から守ってくれている神社も
複数しっています。 その神社は 古くても、そうじ されていて、近隣に守られて
いますね。


気になった地名、
礼文天売島 観音崎(岬)、 = 横須賀 観音崎灯台
神奈川 横浜市 = 青森 横浜町

No title

吉野には何度か行かせてもらいましたがすごいいい所です。天川村なんかに行くんですが空気が全然ちがいます。鍾乳洞もあるし山もある。急流もあってそこには大きな石がごろごろしてる(大きさは2階建てぐらい)私の最も好きな場所のひとつです。
関西のパワースポットを回っていっても石が印象的です。吉野、三輪山、淡路(オノコロ島)や保久良山、磐座神社
オノコロ島は神代の昔国土創世の時『伊弉諾命』『伊弉冉命』の二神により創られた日本発祥 - 国生みの聖地 伝承やまた、そこの地層から実際に世界最古のものが見つかってるだとか。
どのスポットも興味深い伝承があります。

久慈は琥珀で
有名みたいですね。

宅にあったスペイン語辞典
開いてみました。

クシロはなかった。
近いので、
curso クルソ
流れ、だそうです。

ではでは~

No title

Chachaiさん

>伊豆大島と結んだら・・・・ 言霊的には おしま 雄島 も繋がります

提案ありがとうございます!早速アイコン置きました。


ホツマツタエの時代に通じるラインを探したいのですが、どうやら琉球王府の時代のラインを拾っている様な気がしてきて、一度頭を整理しています。
ラインが意図的というか人知の介入というか、あまり美しく感じられないのです。でも、結界?も元に在るモノの封印であれば作業も無駄ではないかもしれません。

淳さんの「あなし」のように言霊から考察したり、皆様のコメントのように言い伝えや感性をアンテナに読み解く方がいいのでしょうが、知識不足もあり、別の方角から追っていく予定。
例えば、奥武島は母音が沖縄語にない母音(エ・オ)が含まれているのに沖縄語での言い方が調べても出てこなさそうなのに対して、与那覇は沖縄語でゆなふぁと言うのは何故か?とか。
また、もっと字やバス停にしか残っていない地名を拾うこともしてみます。
地元の人が大切にしているローカルスポットも見てみます。


>内陸にもある可能性があります。

そうですね。ミクロのヒントからワイドに広げてみようと思っています。
高千穂・・う〜ん? →読谷村字高志保・・おっ?
と調べてやっとひとつ見つけました。なんとなくつながっている様な?
http://goo.gl/maps/IDicR

求む検証〜



空みこさま

わ〜!!私もよこすか育ちです(^o^)/
めちゃくちゃ聞き慣れた地名ばかり☆

つぶちゃん
アマミク のラインだったらアマ アマベ アマル アミみたいな発音があやしい
漢字では餘部 余部 余目 など天とか海女 を使っていないのがおそらく古い
実際のお祭りでも龍神関連がおおいです
なんらかの参考になればと

せんちゃん
スペイン語 鋭い
アエイオウなんだよね
組み替えパターンもあるかもしれません

Chachaiさん
発音・漢字・お祭り 参考にして探してみます。ありがとうございます!

淳さん
電子国土ポータル
とても便利です。
ありがとうございます!

アマミキヨ関連

Chachaiさん

そういえば!こんな記事があります。
アマミキヨはアマン(やどかり)から変化したのではという。(リンクばかりですみません)
この方の考察は興味深いです。
http://manyu.cocolog-nifty.com/yunnu/2012/02/post-e431.html
http://manyu.cocolog-nifty.com/yunnu/2012/02/post-6e5f.html
http://manyu.cocolog-nifty.com/yunnu/2012/02/post-1d4f.html

神話の中にもやどかり出てきます。
http://suwa3.web.fc2.com/enkan/kantan/jp_hon/jpr03.html

マンがつく地名があちこちにありますが、関係あるのでしょうか?
もう少し調べます。

淳さんmapありがとうございます(*^^*)

宇多川湖→福島県郡山の大穴

のラインと繋がるかも?


→群馬県みなかみ町の大穴→中国広西チワン族自治区桂林市の龍穴の近くの大穴


他にも新潟市西区新中浜の大穴、
千葉県船橋市の大穴

もあるのでラインになるか解りませんが(^^;


気になったのは
何本かのラインは弧を描いていませんか?
地球の自転や公転などに依って
磁力線がカーブしているのでしょうか?


あとmapはメルカトル図法(北と南が広がっている)なので

実際のラインとラインの角度は
日本の北側に行く程、もう少し狭まるのでしょうネ


地球儀を改めて見るとマスキングテープの近辺には古代遺跡や世界遺産が多い(テープから全く外れた場所も複数ありますがテープ近辺の方が多い)のですが
もうひとつ気付いたのは「国立公園」が多数マスキングテープのラインに重なる事です

保護区になっている場所に
未発見または未発表のナニかが多数あるのではないでしょーか?

参考図書

昨日図書館で借りてきました。

沖縄古語大辞典
南島文学論
琉球語は古代日本語のタイムカプセル
・・他数冊


この中で皆さんのコメントともつながって興味深かった記述を引用します。

(琉球語は古代日本語のタイムカプセルより)
『縄文時代から弥生時代の終わりにかけて形成されたと思われる日本語の語源が古代朝鮮語にある場合が多いことと、それらの語彙が同時に琉球列島の諸方言や全国各地の方言にも共通に見られることである。(中略)「母」は朝鮮語で「オモニ」と言い、沖縄では「アンマー」、岩手県遠野地方では「アッパ」と言う。漁師の村では全国で「海女たち」は「アンマーたち(母たち)」である。』


南島文化論の方には祝詞、神話・伝説について、また、歌謡、おもろそうし、琉歌、組踊について書かれているようです。

ワクワクするけど・・・読みきれるかな・・・
とりあえず2週間は勉強タイムです!

カンニャボって

なんかギャグっぽい響き・・・さすが夢の世界
陸棲貝とは思い至りませんでした。

『「ねじれた棒」を意味する郡山地方の俗称』とありますが、試しに沖縄古語辞典から引っ張ってみると

かんえう【肝要】カンニュー
最も大切であること。非常に重要であること。《夫の 村原なへ 肝要(かんにょう)な 物 いやり 頼まつて 居ん》補説 組踊語ではカンニューナと読む。nの次にヤ行音が続くと、ナ行拗音njuに変化する連性現象が起きている。

ホは帆?

やほ【弥帆】ヤフ
①舳先にある小さい帆。大きな帆は本帆という。②帆の美称。本来は本帆に対する小さな帆、の意であったらしいが、オモロ・古謡では帆の美称のように使われている。また、古謡では「十帆」の対語で「八帆」にもなっている。

も、もしかして↓こんな感じ?
http://k2pero.seesaa.net/article/6455132.html

いやいや、ただのこじつけかもしれませんが、ことばって面白いですね。

余談ですが、沖縄では陸生蛍をよく見かけます。

No title

穴のラインをを眺めていて、水脈や大きな断層が走ってるんですね。
底で左右から巨大な断層同士が押し合うことで磁気エネルギーが発生しゼロ磁場になっていると考えられる。
また山岳信仰や巨石信仰のあとも見られる。

No title

淳さん

人間原理、ちょっと難しいけど・・・なんとなくはイメージしてみました。


>存在を認識されない宇宙は存在しないも同じであり

はイマイチ理解及ばず。

>宇宙論を考えるような知性体がいる宇宙は必ず都合のいい定数になっているから不思議ではない

なるほどこういうのが人間原理なんですね。
ほんとに都合のいい定数になっているんですか?
(そもそもの定数に対しての知識が足りないです、私。)
もしそうであれば、確かに宇宙は意識体の発現なのかもしれないですね。


完全な理数系父を見て育った私は、根底に同じ物があるのは感覚として分かります。
それぞれの人達が自分の持つファクターを通じて、枠にとらわれず、ひたすら真剣に見つめていけば謎は解けるのでしょうね。
なぜなら真の法則は全ての中に隅々まで在ると私は信じているからです。


今は古典古語から勉強です。クシロラインはもうちょっと勉強してからじゃないと上手く進めないでいます。

ちょっと視点をずらして、巨樹巨木もリストアップしてみたい。そんなかんじ♪

No title

淳さん
穴のライン凄い勢いすぎてmapのほうはパソコン音痴の為ついていけてませんので、何か協力出来ないかと思ってみていたのですが、断層や水脈のことももうすでに理解してらっしゃたんですね。まだ未公開のお話もたくさんあるんですね。楽しみにしております。

その磁場や水脈をどう感知し、具体的にどのようにコントロールしたかが気になってます。

No title

おはようございます。

小さな旅で長野に行ってきました。最近の私は傘を使わなくなりました。
出かけるときは結構降っていた雨も現地に着いたら、ものすごい青空で
した。 その後も車中に居る時は降っても、外に出ると止む。。
コレも何かのエネルギーの影響かも。。。などと、感じてきました。

クシロ。。。 946.。。 9+4+6→ 19 → 10 → 1. コレってすう秘術って
言うのでしょうか。。 10 は 十 でカタカムナ では 統合 のト 、
なんだかこのような事を夢でみていました。 又方向がずれていたら
削除お願いします。 私の住んでいるところは 飛行機型シップを
99パーセント毎日見るのに 軽井沢、佐久 追分辺りの 空はやはり
何か違う空間のように思いました。 個人的感想ですが。。
日本アルプスや浅間山、 妙義山に囲まれた平野の上空は
パワースポットそのものですね。


つぶさま、 横須賀なのですか。。!! 先日書いたあの辺りは
穏やかで大好きです。

Chachaiさん

Chachaiさん
連日の実験きっとすごい進展なのでしょうね。
私も磁石購入したのですが、もうとっても手の届かない所まで進んでしまっているんだなぁと、憧れの気持ちでいます。


ちょっとお願いがあります。
いくつか前の私のコメントについて
もう別に恥ずかしいとかはダイジョブになったんですが
やっぱりあんまり良くないコメントだと思って
とくに貼ったリンクが。

なのでこの2つ
2012-08-15 10:43 | つぶ
2012-08-15 15:08 | つぶ
削除していただけないでしょうか。


淳さんにいただいたレスがなんで登場したかは分かりずらくなっちゃいますが、今読み返したら、内容は独立してばっちり理解出来る素敵なコメントなので、私のは削除しても問題ないと思いました。


どうぞよろしくお願いいたします。

No title

つぶちゃん 
お申し越しコメント削除しました。

空みこ さん
946は多分19で解く が正解だと思います。

オオムラさん
>具体的にどのようにコントロールしたかが気になってます。
ほんと、それでない頭を絞ってんです。

No title

chachaiさま、

ヒントをありがとうございます。
暫く脳内で19を考えて見ます。

先ほど昼寝で大きな雨粒が落ちてきました。^^
アマ。。 始元量。。

そういえば 太陽系で地球だけ 球ですね。

No title

巨石、山岳信仰、ピラミッド。そして宇宙の天体と相似させることで・・・
共振させて・・・
エネルギーの入る場所と時を熟知しコントロールしたようにも思し、なんらかの情報を得ていた気もする。
そこに信仰だから集合意識なんかも関わり・・・。
エーテル=ヒックス粒子なのかな?
地球も石なのかな? 
 (全然勘違いの可能性大の独り言でした。) 

  



メリダ

うんうん。
地球も 石(=意思)っすよ。きっと。んで、水であり、木(=気)であり
空であり・・・。

さて、この夏公開のディズニー映画は、スコットランドが舞台なんですな。
メリダとおそろしの森。
ストーンサークルでてくるし。ちょっくら、週末にでも見てこよう。

イギリスのストーンヘンジ。
対になるように、木でサークルになる遺跡が
数キロはなれた場所にあるらしいですね。
もう、木は残ってなくて、木を打ち込んでいた、跡があってわかったらしいですが。

石と木の使い分けってなんだったんだろ。

昔の人は、見えて感じて共有できてたんだろうな。
すでに、ある、大きな山や地脈や、川には、
自分たちのほうが、居住やタイミングや配置をあわせて。
さらに、そのおおきな力をいただけるように、小さなものを
配置したりして

生きてきたんでしょうな。

水穴ラインに、「雨乞」って言葉もけっこう発見したのですよ。
だから、叡智ってのは、生きるか、死ぬかの状況で
はじめて開くセンサーもあるかもしれないな。
実際、震災直後は、ふだんつかわないセンサー使って
受信発信して生きていた気がします。

叡智を、エゴで使えば、「呪」にもなるだろうし
「空」のこころで使えば、「循環」「恩恵」になったろうし。

わざと、封印したってことも考えられるなって最近思います。
悪用されないように、その配置や叡智を封印したって。
封印した側が、実は守る側だったりしてね。

とりとめない書き込みになってしまいました。

とりとめのない話ついでに、ちょっと古い作品ですが
「イティハーサ」って漫画があるんですが
古代日本が舞台のSFなのですがごぞんぢのかたいらっしゃいますか?

なぜ、この漫画のことをかきたくなったかといいますと
石から、言霊で、力を引き出したり、石をもちあげたり、などする場面がでてくるのです。大きな 陽石(あかいし)の上にやぐらを組んで、命があやういものを寝かせて、集落の人たちは、2重の輪になって囲み、言霊を発し続けるのです。
逆に、陰石(かげいし)を使ってある言霊を発すると、周囲の草木がどんどん枯れていくという場面もありました。

SFで作り話ですが、日本のいろいろな創作作品って、かなり
深いところからインスピレーション受けた作者がかかれていることが
多い気がしています。

ネイティブアメリカンのラブフルートは、周囲の岩に反響するように
吹いていたということですが、音をどう使っていたのか本当に
たどりつけたらどんなにいいだろう。


あと、せーふぁーうたきって、ほんとうは、三角に壁で囲まれていたって
なにかで、最近読んで、けっこうハッとしました。
だって、内在神とのコンタクトだったわけでしょう。

やばい、また、散逸すぎた。じぶんのなかでは散逸じゃないんだけど
客観的に読むと、おかしい。ばらばらだ。

先日から、川の合流するところや地価鉱脈が気になり、
いろんな角度から地図を見ていますが、個的観念をはずして
ながめたくって、ぜんぜん別のところから自分の中に情報がはいらないか
ためしてます。で、上記みたいな思考回路。(**)


ちょっと自分のなかで練ってからまた、書きにきまあす。
まったく貢献できてなくてすまんですたい。











サークル

横から失礼します。
なんとなくですけど、石=陰 木=陽で、二基あることで
陰陽一対が整うイメージが浮かびました。

「イティハーサ」 教えてくださってありがとうございます。
ググってみたら水樹和佳子さんが描いてたんですね。
デビュー当時(水樹和佳の頃)から繊細なSF作品を描かれてた。
大好きで、独身の頃はコミックスも買って読んでましたよ。
イティハーサも全巻読んでみたいです。

chachaiさま、
石に書かれた記号のような文字ですが、
あれから記憶を頼りにネットで探してみたところ、
ホツマ(ヲシテ)文字とか、カタカムナ文字に似てました。
〇の中に直線と小さい○(直線が組み合わさってそう見えたかも)
みたいのが描いてありました。

ず~っと昔は、神代文字って、ふつうに使われる言葉だったのかなぁと
思ったりします。
ちなみにそこは藤が入る名字が多く、本家の家紋は〈上り藤〉です。  

加速してますね

山田さん、ファシレおじさんも更新され、
こちらもすごい情報量で、加速してますね。

chachaiさん、メール届いてますでしょうか。
山田さんからの課題もあり、又違った視点も
あるかと思います。ご指示下さい。

空みこさん、地球だけが球、ですね。
ホツマでもクニタマとされています。
http://gejirin.com/src/Ku/kunitama.html

淳さん、地図の件ありがとうございました。

No title

蛙さん
ありがとうございます。おっしゃる通りですね。
先日、私も諏訪湖と諏訪大社(4社)に行ってきました。御柱、巨木、川、山岳信仰、、諏訪湖の御神渡り、断層、車で一時間ぐらいのところに分杭峠(ゼロ磁場)そういうものがみられました。
また、私達の先祖ずっと守って来たものを大切に慎重に扱わなければならない。
って凄く感じました。
やっぱり現場はすごくいいものですね。空気もいいし。インスピレーションも湧く。
それと散文じゃないですよ。あれが散文だったら私のは絶望的・・・。(爆)
すごくインスピレーションが湧きますよ。ありがとうございます。

No title

chachaiさま

山田さまの方に カタカムナを読んで知った 穴についてコメントさせて
頂きました。
chachai様には既知のことでしたら、スルーしてくださいませ。

神の数式を読ませていただき、 9 の意味をしりました。
カタカムナでは とお〔十) の横線は生命、 たてせんは カムの力のかかわり
を意味し、ト はカムの力が発現してあらゆる生命が発生し持続され還元される
というカタカムナの重要な思念 だそうです。

淳ちゃん
地図データありがとうございます

さて
全く話しは変わりますが
放射能汚染は 静かに進行しています
首都圏以外の地方でもその影響はあるようです
ところが影響を受ける人とそうでない人の二通りあるように映ります
汚染反応として僕が受けるものは甲状腺あるいはソケイ部からの反応を受けるケースが増えているようなのですが
脳トレなどを行っているかたはこうした汚染反応が少ないように感じます脳の奥の活性化は肉体深部にもよい影響があります
あるときは知的にあるときは天然と自由自在の自分でいられたらベストですね

またうまくいえないのですが意識的に 詰まる みたいな感覚のあるかたは 胸骨柄 のあたりを そっと手を当てるのも効果があります しばらくやって痒くなりだしたら大成功
胸骨柄あたりは第5チャクラとは別にクラウンチャクラとも関係しているようなので普段の状態が大切なのです また胸骨に隠れて脾臓という臓器がありますがある研究者は松果体の機能の一部を有するとも伝えています
胸骨柄あたりは物理的にも振動が体に響くところですですから よき状態を維持するのはとても大切です

研究などの合間にちょこっとだけやってみるのはどうでしょう

No title

No title

chachaiさま、

放射能関連のお話しありがとうございます。
具体的に書いてくださったので、解りやすく助かります。

我が家の水は電解水の機械を通して飲んでいますが、
311以前はアルカリ度の水が最近はかなり酸性度が強くなっています。
何らかの影響は受けている事は間違いないようです。
空からのエネルギーがどんどん強くなっていますので、
体が慣れるのに大変な毎日です。
お役目 感謝します。

No title

空みこさま

放射能の影響で思い当たる節(感情に対する影響)があるようなので急遽コメントしました。柔軟な脳の働きによる身体調整は今最も重要ではないかと考えます。

No title

chachaiさま

エネルギーの影響を割りと受けやすい性質のようで、本日は少しなじんで
来ました。
一昨昨日の夜と昨日の深夜 隕石か、流れ星か解りませんが
深夜の空に光の筋がでていました。
もう少しですね。 後少しで、通過点に達する思いです。
放射能の対処も怠らず乗り越えたいと思います。
ありがとうございます

No title

シンプルな磁石で動く装置見つけました。
色々作っている人がいますねぇ
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=RkLfpXpO5sQ

chachaiさん

昨日はお会い出来て本当によかったです

文面だけでは計り知れない魅力を堪能させて頂きました
ありがとうございます(*^^*)

今後ともどうぞ宜しくお願いいたしますm(__)m

310さん

これシンプルですねー!

No title

310さん つぶちゃん
これ知ってます。 でもほんとかなー
実証テストしてみたいけど 同じもの用意するには やはり金がかかりそうなんで
手を出していません。連続回転なのか部分回転なのか興味はありますね。

No title

パインさん
これからもどうぞよろしくお願いします

No title

こんばんは、

最近こちらは少し落ち着いてきたのでしょうか。。

今、岡山の盤座を見つけました。 児島湾が吉備の穴海と呼ばれて
いるそうです。 美しい石と祭壇をネットで見ました。

話しは変わりますが、chachaiさんはカタカムナ の論理で
原爆放射能の核エネルギーを無力化する物質の開発 を
楢崎さんが研究、成功し昭和45年に完成し、無償で国家に
献上した。 という文が 深野一幸さんの本に書かれていますが
ご存知の事でしょうか。 私などよく分からない人ですが、
核エネルギーの無力化をする事が出来るなら、今の惨状を
改善できるのに。。 と単純に思ってしまいます。
国家の人はこの献上された知識を忘れ去ってしまったのでしょうか。

ミトロカエシの技術が役にたったと書かれています。
丁度今日、そのページを読みました。

Re: No title

空みこさま

>楢崎さんが研究、成功し昭和45年に完成し、無償で国家に
献上した。 という文が 深野一幸さんの本に書かれていますが
ご存知の事でしょうか。

そういったことは知りませんが楢崎博士のお弟子さんの流れからEM菌などの酵母が発見されてきていて
ミトロカエシの術が顕れています。

>国家の人はこの献上された知識を忘れ去ってしまったのでしょうか。
別途優れた技術であったら隠蔽されているのだと思います。

No title

chachaiさま

おはようございます。

>そういったことは知りませんが楢崎博士のお弟子さんの流れからEM菌などの酵母が発見されてきていて
ミトロカエシの術が顕れています。

そうでしたか。。 ありがとうございました。
閊えていたものが少しながれました。



思い出しとお願い

相馬ラインマップとみなさんのコメントを読み返してて、いま気付きました。
蛙さんの〈風〉コメント=自衛隊施設に関しての思い出しです。

・マップの群馬県〈高崎 風穴〉このすぐ近く(下)に〈相馬が原地区〉があり、
陸上自衛隊〈相馬が原駐屯地〉と〈相馬が原演習場〉があります。
マップ上では誤植なのか?〈相場が原〉となっていたので
ピックアップされなかったのかも知れません。

マップの地名修正の仕方等々わからないので、お手数掛けてすみませんが
どなたか〈相馬〉ポイント打ち込みと修正をお願いします。

No title

こんにちは、ご研究は順調でしょうか。。^^

昨日過去記事が目に留まり、いくつか拝読しました。特に
ゆで卵の殻 の剥け方の違いに興味を感じ、今日も頭の中で
ウズを巻いています。 話しが飛びますが地球がゼロ磁場を通過する
と 人間の 肉体も変わる に繋がって、その時低い次元は通過できない
。。。そうなのかな。。 と申そう指定マス。 自分で実験せずにすみません。。

また、風が突然ふわ~りと私を撫でてくれて、なんだか羽衣の絹の
風だ~~ と一人気持ちよく歩きました。 愛を感じて。。
またまた、変なことを書いてしまいごめんなさい。

岡山の児島湾を発見してから、岡山に意識が向いています。
高麗神社に行ってからは、高麗の字をテレビで見るようになりました。
先日染め五郎さんの事故がありましたが。 高麗屋 というのだそうですね。。
何か次元のエネルギーと関係しているのかな。。とつぶやきの日々です。

ありがとうございました。

No title

仕事でばたばたしておりました。久々に書き込みます。

ハクツルさんのコメント。自衛隊施設の地名が、相馬だったとのこと。
ポン、と、思い出したようにこうした隠された本当のことが
浮き出してくるから、真実探求は、興味深いです。
わたしも、マップをどう操作していいのかわからないままなので、。
土地に関する自分の記憶しか、ここに書き込めない人間なのですが。



宮城県北部に、広大な自衛隊の演習場があるんですが
そこは、けっこう、土地のエネルギーとしては
大事なポイントであり
だけれども、秘されたよく見えないポイントでもあるような気がします。
船形山という山神のご本尊の山麓で、北には蓬莱という名前の山もあり
その原野の名前は「王城寺」です。
http://www.phoenix-c.or.jp/~billanc-/kichi/ojojihara.htm



風を読む力も、口伝で継承されてきたりして
のこっていたりするのでしょうかね。

「ナ」は「ノウ」にも、換えられて発音されていたような気がしてます。
これは、たんに直感なので妄想かもしれません。
なんのアカデミックな根拠もないです。

以前、こちらでたくさん、書き込んだ、東北の土地への自分の印象は
やはり、自分の中のミッシングピースを表に出すために
書き込みをする必要があったようです。

じわじわと、今になり
現世的な枠がはずされ、
いろんな角度から、いろんなものを見る材料のひとつになっています。

男性的な力は、こうしたランダムな気づきを、ひとつの方向性へと
束ねていくのでしょうね。
それが、ここでみなさんがなさっていることなのだと感じてます。

わたしは、その力が弱いので
受容して、つながりを感じて、そこにまた感覚を浮かび上がらせていくだけですから、たまにだけ、お邪魔して書き込むかんじです。


男性の考える生産性と
女性のもっている生産性は
違うベクトルを持ちますが

融合できれば
次世代にあたらしいなにかが生まれる礎になると
わたしは信じています。

蛙さま

私の書き込みに気づいて下さってありがとうございます。

今は修正出来なくても、蛙さんのコメントで私が思い出したように、
気づきが次の気づきを呼び、共振が広がってマップがその形を
成したらいいなと思っています。

この相馬ヶ原駐屯地・演習場は榛名山麓にあり、
西に巨石信仰で有名な〈榛名神社〉があります。
パワースポットとしても有名で、ご神体の岩は
巨石というものを通り越して圧倒されるような存在感を放っています。

重要な施設の近くには、エネルギーがとても大きい所があるという
噂は本当みたいですね。

No title

こんばんは、
兵庫県にいってきました。
アカ という色がきになり、赤磐郡の石上神社に行くつもりで調べていましたら、

金川(かながわ) 相生 を見つけました。
神奈川県の六角橋の在る辺りに 相生町があるようです。
相生の近くに 六角橋という橋もありました。
相生(龍野市)には 磐座神社があり、大きな石が山肌から出ていました。
岡山、兵庫には 近隣の人でさえ忘れ去られた磐座が
あるようです。あいおいは福島にもあります。

間違えやすい調べ方

穴のクシロについて 馬 のクシロと混同されている方が多いようなのでご忠告申し上げます。
クシロを調べてゆく手順として最初は末尾の発音だけに絞って調べてゆくのが順当です
例えば 穴馬 については 馬 だけで最初に調べてゆきます。 馬だけに絞ると
発音は違いますが 駒(コマ)(マ) が出てきます。
ウマとコマは発音が違いますが言霊として同じ意味であることがわかります。
おそらくはQoumaの発音が語源となっていると考えられます。
数字の読み方でも九をコともクとも呼びます。Qoという忘れられた発音を使っていた時代が偲ばれます。
アナマ というところは確かに穴とも関連がありますが最初は穴を二次的要素として考え ウマ、コマ、マ のクシロを調べた上で穴の関連に移る方が正確性がでてきます。 あるいはアナマと同じ発音だけを探すほうが賢明です。それを進めた上でアナコマ、アナクマという地名を調べるのがアナマクシロを調べる要点と言えるでしょう。
こうした発音を素に調べてゆくと 佐久間という地名が全国にたくさんありますが馬の産地だったところがたくさん存在します。
ただし修飾語として使われているケースが多いい場合は末尾に別の発音が含まれていてもほとんど意を違えないクシロラインが出る場合が多いです。 山、川、谷、洞などがあります。

平面的考え方が私たちには浸透しているためいつの間にか漢字の意味合いの方に意識が移りがちですが、2000年前、我が国に漢字文化がなかったことを考慮に入れなくてはなりません。 またQoの発音で少し紹介しましたが未発表データから地名に現れる発音はホツマツタエなどに出てくる発音よりさらに古いものが確認されています。ホツマのみを鵜呑みにして調べてゆくとどうしても限界が生まれます。また現代語訳についてもまだまだあやふやなところが多いのがホツマツタエの難点です。
言葉=九十八=光透波 という考えもあります。 
現代人は48音すらまともに発音できない方も多いのですが現日本語の発音で75声が基本とされてきました。ところがさらに深く調べてゆくと98音があるようなのです。

過去を振り返る

僕は肉体的諸症状があらわれている方に間違いのない呼吸法と現世における過去を徹底的に振り返ることを勧めています。 
どんなに思い出したくない過去をも俯瞰することを勧めています。
冷静に俯瞰するだけでいいのです。そうした事を行うために正しい呼吸法が必要なのです。
とくにクシロや言霊などを調べたいと思う方は
こうした作業を経ない限り、太古を偲ぶことは困難だと考えています。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。