スポンサーサイト

Amebaなう スポンサーサイトをはてなブックマークに追加
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

龍のライン

Amebaなう 龍のラインをはてなブックマークに追加
 
こんにちは

最近ぼくは証明の論理としてクシロという用語を使って会話などすることが多いので
日本列島を縦断する一つの神風クシロをご紹介します。入門編です。でもこれが最後かも?
通常神風クシロというと地名と地名を結ぶのですが
今回は龍のラインとも呼べる神風クシロです。



沖縄から千島列島にかけて真っ直ぐなラインです。
ホツマツタエの物語に焦点をあてて研究している方には
かなりインスピレーションがわくのではないかと思います。

日本列島は龍の形をしているとずいぶん前から云われているのですが
ライン上に顕れる主なポイントから

沖縄=琉球=龍球
九頭竜
十和田湖
釧路=クシロ

が顕れます
さてこのラインの特徴は龍神伝説だらけ
よくもまーこれだけあるもんだと思うくらいに龍神伝説があります。
とても紹介できる量ではないのですが、
ほぼ中央に位置する九頭竜を例にとってみると
九頭竜湖という人造の湖なのですがここは元の地名を穴馬といったそうです。
白馬洞という鍾乳洞があるのですが白馬が出てきた伝説が地名の由来のようです
それで このライン上を北上すると れれ! 白馬というところがあります。 
僕の勘ぐりすぎでしょうかよくできたラインだなーと思うわけです。

またこのライン 水にも関係しているようで
琵琶湖
鳴門
なども出てきます。
また後世に作られたダムもたくさん出てきます。
必要の是非を問われた徳山ダムまでこのライン上に顕れています。
電源開発関係者はこうしたことを知ってて人造湖を作ったのでしょうか
実に不思議なラインです。

おそらく10mくらいの一本のラインが正確に重要ポイントを通過しています。
じっさいはニュートリノみたいな細さなのかもしれません。
これを拡大解釈して10kmくらいの帯でみてゆくととんでもない数の龍神伝説が
ばっこんばっこん出てくるわけです

沖縄のアマミキヨ伝説とライン上の伝説をつなげてゆくときっと繋がってゆくと思います。
新たな民俗学研究者の出現を期待します。


さてこのラインいろいろ調べると国策というものに翻弄されたラインといっても過言ではありません。
沖縄問題、ダム問題、の悲しい歴史が見え隠れするのです。
さらに遡ると薩摩藩に利用され続けた琉球王朝、源平それぞれの落ち武者伝説、曽我氏に敗れた物部氏の隠遁ラインとも云えそうです。

まったく話は変わりますが
琵琶湖を通過するのでふと近辺を見ると、先ごろ再稼働した大飯原発などがあります。
この琵琶湖、収縮を繰り返していて湖底には数多くの遺跡があるそうです。半端な数ではないようです。
ということは動いているわけでそんな近くに原発が林立しているというのはとんでもなく恐ろしい事だと再認識しました。
柏崎原発などはこの龍のクシロ線上にあります。やめてくれー!です。

元に戻りますが
クシロラインというのを調べると本当に正確に地名地を通過しています。 ところがわずかではありますが、ずれている処もあるのです。これは何を意味するかというとかつてのライン上からはずれたというより、これからラインに上がってくるということが考えられるのです。なぜなら地名というものは全ての人が同じ認識をもつために悠久の時を使って成立してきているからです。
平成の大合併はこうしたクシロラインの隠ぺいもあると考えていますが、伝説までは消すことが出来ないのです。

人工衛星も飛んでいなかった、そんな時に人々は正確にライン上に地名を合意の上で決めた、あるいは人が認識する以前に地名があった。いったい誰がこうした正確なラインに基き地名を決めたのでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。 

 
関連記事


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

コメント

No title

こんにちは、

記事 ありがとうございます。

よだんですが、先日外出先から帰宅すると中で、この駅でおりて、

あの商店街で今欲しいと思っている石を買う。。。

疲れていたのでぼんやりとそのような感覚で、欲しかった石の

ブレスレットを手に入れました。 水晶とラピスラズリの交互に並んだ

ものですが、お店にはそれがたった一つのものでした。

在庫から見つけてくれました。 水晶に金の龍が掘られていて

家に戻りよく見たら、4頭みな違う龍でした。

わくわくする記事をありがとうございます。

クシロ

釧路 946? 串路?? 串炉???

串団子のイメージ 串=体幹 団子=下丹の太極図、中丹の太極図、上丹の太極図

うーん。頭を捻ってみてますが・・・なにもでてきません。もっと集中せねば。

誰がこうした正確なラインに基き地名を決めたのでしょう。

やはり縄文神道なんかも大きく関わってる気がします。
おっしゃるように物部氏には伝承も多く歴史もとても古い。やはりなんらかの関わりはあると思います。
もっと本当の縄文時代の歴史や文化を知りたい。感じたい。隠された真実。

そういえば、沖縄には海底遺跡(ムー大陸?)もありましたね。

楽しく記事拝見させて頂きました。ありがとうございます。

No title

空みこ さま
僕は天然石しかもってませんが石はいいですね。
確かに水晶はちょっと目が疲れたときなどこめかみをツンツンするといいみたいに思います。

はあ~い さん
狂ったように資料を見ているんですね。 そうゆうときってバンバン入ってくるんですよね。それでいろんなことが妙に符合するのがわかるんだよね。
それてもいいから、いっぱい書き込みしてください。
鹿島箱根ラインは古史古伝で言うところの富士高天原王朝の痕跡を伝えるものかもしれませんね

オオムラ さま
>誰がこうした正確なラインに基き地名を決めたのでしょう。
でしょ、たかだか二千六百年の歴史じゃないんですよ。
地球が宇宙人の移植地だということも大幅に考えられるのです。

クシロと聞いて、屈斜路湖を思い出しました。場所的に、このラインにありそうですね。
あとは、岩手県にある、鍾乳洞、龍泉洞。あと、原子力施設でいえば、六ヶ所も、このラインにあるのかな。目眩です。たしかに、水のラインなんでしょうね。

No title

蛙 さま
屈斜路湖 確認しました 岩手・青森の案件もおそらくそうでしょう。
どうした意味合いでこのラインが地図上で俯瞰できるようになっているかは断定はできませんが 水のライン というのは近いかもしれません。無名の超良質の泉もあるかと・・・
柏崎以外の原子力施設もラインに載せているとは呪術みたいなものを感じますね。 
おそらくこうしたデータは秘中の秘として利用されてきたのだと思います。 
ダムで沈められた地域には大切な証拠のようなものがあったのかもしれません。

 

ダムについて、わたしの中で、フィルターに引っ掛かりだしたのは、「水域」という全二巻のコミックスをよんでからでした。竜神の谷がダムに沈む話でした。フクイチから西に行った山間にも、たしか、神々しい名前の人造湖があるし、茨城の東海村では、神社の神池が、原子力用水に使われています。なんか、いままで、つながってるとおもわなかったことが、あるキーワードや、ワンピースを当てはめると、つながったり、答えがでたりすることもあるんでしょうね。

あ。竜子姫伝説とか、十和田湖のしたにある、たっこ町とか。


んー。きりがない。

岩手県の、丹生山神社のすぐそばにも、竜のかたちのような、ダムがある。ちょっとしらべてみよ。

ちゃちゃいさん、インスピレーションわいてくる、記事アップありがとう。
もっとよろしくです。(笑)

No title

このクシロは極めて一部を紹介したにすぎません。
みなさまへの今後のためのヒントに藤原氏の氏神春日社は多く顕れます。社名がちがっても丸秘ライン上には春日造りの神社が多いです。 皮肉にも秘密を集めた藤原氏はラインを守る働きをしています。
竹内文献に出てくるヒヒイロカネは合金で、ある鉄(おそらく餅鉄)とある鉱物の化合物だそうです。
真偽はわかりませんが三種の神器はヒヒイロカネで出来ているとか
〇〇の物実 というものが、そのある鉱物であったらしい これは 遠くエジプトから中国まで秘中の秘として皆が地球上を探していたようです。 俗に「賢者の石」といいます。1000以上の別名があるそうで、その一つの別称が賢者の石というそうです。今でも探している輩がいやというほどいるようです。おそらく藤原〇家はその重要な秘密と実際をにぎり不動の地位を得た、神器を作ることが出来るのですから、天皇より上という事です。あくまでも推測にすぎませんが


No title

ここまで明かしていいのかなー
でも生きてるうちに伝えないと

クシってナンダ姫
言霊も解明のカギ
EX
香=小(コの発声)=光=甲 が多い

意外や僕の話はこんなとこともクシロするのです
http://blog.goo.ne.jp/2011081708037227/e/f5cabfec7e26554a597beb1fd6c6a173
外部エネルギーの介入に注意せよとのこと



ご無沙汰していますm(__)m

龍や水のラインとは関係ないかも知れませんが

地球規模での古代遺跡を結ぶ興味深いラインがありますネ(*^^*)


幅100㎞のラインで
イースター島→ペルーのナスカ→マリのドゴン→アルジェリアのタシーナジェール→エジプトのギザ→ヨルダンのペトラ→イラクのウル→イランのペルセポリス→パキスタンのモヘンジョダロ→インドのカジュラホ→ミャンマーのピイ→タイのスコータイ→カンボジアのアンコールワット→イースター島
と地球を一周します

このラインは赤道から30度ずれていますが
このラインを赤道とした場合の北極は地球の磁北極だそうです

また
アンコールワット→ナスカの距離と
モヘンジョダロ→イースター島の距離は
ほぼ同じで
それぞれがほぼ地球の反対側にあります

このラインとは別に
メキシコのティオティワカン→エジプトのギザの延長線上には
中国西安のピラミッド群があります
そして
ティオティワカン→ギザの距離と
ナスカ→ギザの距離はほぼ同じです

与那国島沖の海底遺跡も
どこかのラインにあたるのではないでしょうか?


失礼しましたm(__)m

No title

パイン様

僕は日本中心的にしか見てないので地球レベルの話はとてもありがたい

>幅100㎞のラインで
イースター島→~イースター島、赤道から30度ずれていますが
このラインを赤道とした場合の北極は地球の磁北極だそうです

そうなんですよ。これがネック、軸位差そのものなんですよ。

もしよければ日本のクシロポイントと世界のラインポイントの相似を考えてみませんか、日本は世界の雛形といわれ続けています。あいまいでない形があるとおもうのですが・・・ おそらく日本の基本ラインは今回の龍のライン、世界遺跡の日本との相似、そしてその地域の誤差、これってすごく大切に思えるのです。
龍のラインにこだわらず
日本の相似位置を、こんなのもありかも・・・ でいいのです。
考えてみてくれませんか、すごく重要な事のように思えます。

リコメありがとうございます(*^^*)

Google earthを見てもちんぷんかんぷんなので

明後日に地球儀を買いに行く所存です
m(__)m

No title

先ほどの自分のコメントで判ったことがありました


意外や僕の話はこんなとこともクシロするのです
http://blog.goo.ne.jp/2011081708037227/e/f5cabfec7e26554a597beb1fd6c6a173
外部エネルギーの介入に注意せよとのこと

外部エネルギーとは 恐れ不安という信号を増幅するエネルギーです。
これを増幅するといわゆる不幸現象を持ち込むということが、いきなりわかりました。 まだまだ天然ではない自分だとしみじみ・・・


興味は尽きない。

あ、そういえば、日本にあるピラミッドもラインで解けるって聞いたことあります。

ピラミッド(葦嶽山/広島県、尖山/富山県、位山/岐阜県、五葉山/岩手県、大石神/青森県、黒又山/秋田県、三瓶山/島根県、剣山/徳島県、日室ガ嶽/京都府、皆神山/長野県、千貫森/福島県、八幡山/兵庫県、等)

富山・飛騨からなるピラミッドラインや兵庫八幡山16方位図みたいな。

酒井勝軍や竹内文献でピラミッド(日来神宮)詳しくあるみたいですね。

ラインのお話とも深く関係があるのでは?

星のうごき。地球の軸。

おはようございまする。
みなさまの書き込みを読んで、インスピレーションばりばりです。
感謝。場を設定してくださっているちゃちゃいさんありがとう。

パインさんの書き込みを見て、わたしの中で、今週借りてきて見たばかりのDVDとビンゴしました。ピラミッドのことを追求していくうちに、ギザからイースター島にたどりつく地球上の一本の円周ラインにたどりつくというドキュメンタリーです。↓

ピラミッド 5000年の嘘 特別映像 -The Revelation of the Pyramids-
[parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEuLIIOiYpPQ7DJfp2QmGDA2xS4P1czEhKQSANNxD2o=]

この予告編ではそこまであきらかにされてませんが、(予告編だから)
スフィンクスの見ている方向は、地球を2万6千年の周期を見ている時計だと。
星の動きを見ている大きな地球規模の時計だという結論でした。


実際どうなのかを判断するだけの知識や力量はわたしにはないんだけれど
ただ、このDVDを見て思い出したことが何点かあって、それが自分自身の中でのミッシングピースを埋めていくひとつになったことは確かです。

岐阜県の金山巨石。(上記のオオムラさんの書き込みで出てくる位山の近くです)
そこの巨石は、太陽信仰の計測ができる遺跡とされていますが
巨石の側面に、大きな北斗七星が彫ってあるのです。しかも、裏向きに。
ほかにも古い遺跡にこういうところはあるんでしょうか。
ドイツのほうにもあると聞いたのですが。


太陽信仰だったとされるピラミッドが星座の運行にリンクしている。
金山巨石も実は星座にかかわりがある・・・。
そして妙見信仰。

こうなってくると、日本に残されている
星信仰のあしあとをたどりたくなってきます。

北極星を奉っている場所ってなんかつながりありますか?
宮城県だと、北のはずれの栗原にあって先日、偶然発見しましたが。

自分の中に軸を作るということと、地球の軸のゆらぎと、宇宙の中の北の方向と
すべて重なってリンクしてきちゃう・・・。だから、
不安エネルギーがやってくるってchachaiさんの書き込みを見て、含みがたくさんで、どきどきしてきました。


あ。それから、ヒヒイロカネとか、いろいろなお姫さまの話とかでピンときたのは
「馬の民」ってこと。

日本地図の赤い線は、馬の民のラインでもあるかも・・・。
ちゃぐちゃぐうまこ。埴輪の馬たち。そして北海道の日高山脈から西南は馬の一大産地です。

宮城県と岩手県の境も馬の産地でした。
アテルイたちが活躍するときに馬を育てていた場所ですが
石信仰と、産鉄の民の足跡とも重なっていくようです。
もののべのみなさんたちも。

「産鉄王」という言葉が、今朝おりてきたのですが
わたしの語彙の中には無かった言葉なので
いまから、ぐぐってて見ようと思います。

あるかどうわからないけれど。


おおっと・・・。散逸した内容を書き込みすぎました。
忘れないうちに書きたかったのですみません。
共有してくださりありがとうございます。

ちょっと寝かせて発酵させます。

No title

こんにちわ~~~

皆様のコメントは意見し、わくわく、ときとき(ドキドキではなく)しています。

昨夜紋についてのコメントが気になり、探ってねましたら、奇妙な夢をみました。

はっきり覚えていないし、全く関係ない夢かもわかりませんが、 なんとなく

私もとても興味があります。

余談ですが、私はどんなエネルギーも一旦取り込み自分で選択し、自分の

行きたいエネルギー場ではないときは さよならしています。

違うな。。と思ったときは体が教えてくれるようになりました。

そうしたら、自分に尋ねて手放して今まで来ました。

しつれいしました。

Re: No title

「外部エネルギーの介入に注意せよとのこと

外部エネルギーとは 恐れ不安という信号を増幅するエネルギーです。
これを増幅するといわゆる不幸現象を持ち込むということが、いきなりわかりました。」

っていったのは、公開すべきか迷っている既存データがあるからです。
利権者には不利になるでしょ。
だけどそれを恐れることがすでに外部エネルギーの増幅だという事にきがついたんです。

実験してて発見したことがあって回転運動は電気信号を増幅するんです。ほんとに
これはおそらく意識レベルの回転運動にも同様にハタラクと思うんですよ
だから外部エネルギーを取り込まない心境みたいなのも必要だよな・・・と考えたわけです。
しかしまてよ ちょいちがうか・・・
などと 考えを楽しんでいるのです。

深いですねー

深すぎてついていけないつぶです^^;


とりあえず報告。
丹田呼吸、印形、タカアマハラ、それからリンクで教えていただいたkotodamaのサイトなど、身体と知識の面からもう一度足固めの時期を過ごしています。確かな手応えを感じています。

ちょっとおすすめのこと。
「外部エネルギーの介入に注意せよとのこと」
実は下の子の発明(?)プロレスや空手のチョップのように手をまっすぐにして、祓いたい感じがする所を切るように「シャッキーンッ!!!」とやります。ただそれだけ。あははっ!さすが2才児。
私は効きます。
自分でやっても、互いにやり合ってもヨシ。
是非試してご感想聞かせていただけたら嬉しいです☆


増幅って確かにあると感じます。本来生き物は増幅する力があるのでしょうね。素敵なことも増幅出来る。嬉しいことを心でかみしめて喜びをずっと感じたり、そんな風に皆あたりまえにやっている。だから怖いことも増幅出来ちゃう。


「回転運動は電気信号を増幅する」ということは回転運動そのものが宇宙の動きにそったものにほかならないということでしょうか?


以前読んだ本では内向きの回転が増幅すると書いてありました。
(その本自体は、例えば映画スライブのように、たぶん真実にも触れているけれど巧みな誤情報?もしくは誘導がありそう。本を開くと気分が落ちるのです。)なのでアンパンマンの存在の為のバイキンマン的なヒントにはなるかもですが、参考だけで流してください。くれぐれも増幅しないで・・・って書いときながら無責任だな・・・えっと、がんばって考察・・・

内向きの回転運動が増幅することが仮に本当だとすると、すごいパワーが取り出せる。(それを見つけたこの人はナチスに利用されたり不幸な気持ちで生涯を閉じたらしい)
今までの科学文明は外向きの回転運動でエネルギーを消費しつづけた。

この反転した仕組みを見つけたのはすごいけれど、増幅しつづけて実験装置自体が破壊しちゃったりしたそうです。

ここから思うに、どちらに向いてもそこに意識力が必要で、山田さんの最新記事かそのコメントのどこかにあったように、6次元を目指す、につながるみたいな。いわゆる中庸とか軸とか、そこから暴走しない範囲での増幅にとどめるとか?

Chachaiさん、月の満ち欠けの時期によっても重力の影響が違って実験結果が異なるとおっしゃっていましたよね。となると、月齢ごとの暴走しない範囲をひとつひとつデータをとって検証していくとか。

とっても地道かつ緻密なお仕事なんだなあと改めて。本当に頭が下がります。

さらに、増幅されたエネルギーを私欲に使わないという、Chachaiさん、山田さん、そして集う方々のそういう意識無くしては出せない情報だと。
はあ〜いさんがおっしゃっているように『利権者みたいな「わかってて反発する人」からのエネルギーだけじゃないってこと』、無意識の方がこわかったりもする。そのためにも自分自身の浄化をもっと徹底しようと思うのです。


はあ〜いさん、

『うん、私もはじめそういう意味のコメントと読んでいて、
でも開示を恐れる必要はないな~という結論に至っていたんですが

一方で、あからさまに出していても見えない、わからない

とか

出せる情報、受け手の目線に合わせた情報を吟味して出しても、
結局フル開示した時と同様に、理解できないことにかわりはない

という現象もあるわけです。 』

まさに!頭いいなー。
緻密さと同時に、ある程度は仕方ないか〜っていう適当さで対処するしかない時代なのかもですね。
その為にも、要・自衛力=自浄力、また自浄力を越えたことはしない(できない)見きわめと、力をつけながら進む両輪の関係、ですか。

あー自分の文章分かりにくいっ(><)すみません。

ピラミッド

皆様の閃きすごいですね。まるでこちらの頭の中まで閃光がほとばしるようです。

ピラミッドでは宇宙人の壁画も見つかっているし、ツタンカーメンは宇宙人の胎児と一緒に眠ってることからもこの時代は宇宙人となんらかの関係をもっていたように思います。

chachaiさんの地球が宇宙人の移植地だということも大幅に考えられるのです。ってことですよね。

やっぱり、ピラミッドは地球の波動を調整するようなものなのかな?
だとしたら。chachaiさんフリーエネルギーとも関連しているのでしょうね。

No title

つぶちゃん はあーいさん

深い洞察ありがとうございます。
これってなんだ? みたいに発見した事を軽い気持ちで発表しようとすると今までたいがいブレーキが掛けられているんですよ
御神霊にまで あそことあそこのことはこれ以上調べるな!命がなくなる! とまで言われたことがあるんですよ。 実際に体から金の粒を出される現象など目撃してるんで ひえー! みたいな経緯があるんですわ。
どうも人類進化計画みたいなのがあるのではないかと思っています。
それでなんでかわからないけどごく一部分だけがびびーんとわかちゃうんですよね物理的証拠をつけて
だけど本人は話したくて話したくて でも不特定多数の人が見る媒体だと制限したほうがいいかもしれませんね。 
個人個人には伝えて20年まだ命を落としていないんで、何かの折お話しできたらと思います。 

No title

地球の外側を立体の三角錐でかこったら、重力かわりますか?

あれ、なんかへんなこと言っちゃった。

内側に向かうエネルギー。外側に向かうエネルギー。
不安のやってくる場所。

こういうキーワードひとつとっても
男女の違いがでてくるからとってもおもしろい。

内面からくるのか外面からくるのか。
どちらもなのか。

クラインのつぼみたいに内面から外面へたどりつくのか。

地球のグリッドが、わたしたちのこころの軸とつながっているから
ひとりひとりのこころのありかたや解放が
未来を決めるのかもしれないですね。

賢者の石も、勇者の剣も、それを使うこころ次第ってことか・・・。


No title

つぶちゃん 
空手ちょぷもそうだけど ぱたぱた叩くのもいいよ
埃祓いみたいなの100均で売ってる あれでも家の中の過剰エネルギー払えるそうだよ 神社のネギさんも 祓い木のかわりに 普段は埃祓いみたいなのを使ってる

オオムラさま
>ピラミッドは地球の波動を調整するようなもの
そのように機能しているのはたくさんあると思います。
ただ、フリエネはピラミッドパワーとは少し違うような気がします。でも断定はできません。  

No title

蛙さん
僕の実験では地球重力に対し何もしない物体より特定磁界の方が軽減するのははっきりしています。
なかなかするどいところをついています。
その三角なんだけど、想い通りにはならなくて
今は特殊磁界はリセット空間かもしれない なんて思っています。
それで六角平面に日本酒をおいて三か月後に飲むという実験もはじめました。
これは雪室に入れたお酒の味の変化が温度ではなくとくていのスカラー場から来るのかもしれないという推論と水のもつ反重力性がえいきょうするのではと思っているわけです。
反重力効果で味の変化が顕れるか、あとひと月半くらいです。楽しみです。

No title

説明不足ですみません。

フリエネはピラミッドパワーとは違うと私も思います。

やはり地球の波動や周波数を調整するようなものと思います。だからレイラインも存在すかと思います。

ピラミッドが波動のような現在未知の力を操つるとしたら、あの形や比率にも秘密があるのかなと。

フリエネも現在未知の力を操るもので14面体をを見ていたらピラミッドの形が集まったような形にみえたので。なにかあるのかなとちょっと浅はかだったかな。

それより蛙さんなんかすごいことに気付きはじめてますよね!!

No title

記事やコメントをみて

陰陽師、安倍晴明が居た時代

平安の都のような守りのような

結界のような構造が

無意識にでも、人は知っているのかな

なんて、思いました

(丹田呼吸取り組み中、、、)

酒かあ。

お酒の実験おもしろそ。
結果たのしみにしてます。

なんか、沖縄の泡盛を、甕に入れて作る、くーすー(古酒)を思い出しました。やっぱり、入れ物のかたちも、関係してくるのかな。味に。

無重力宇宙ステーションで、実験やったら、どうなるんだろ。ピンポン玉吊るさないでできるかな。あ、でも、真ん中にいてくれないで、どっかいっちゃうかな。無風なら大丈夫かな。いや、むしろ、風もおこせるのかな。もしや。

わたしたちの、身体が、すでに、生きてるだけで、錬金術してるんですよね。呼吸や、消化で。
手から金粉を物質化できるのも、そういうしくみを人は、もってるんでしょうね。きっと。

たのしーです。こーいうはなし。ありがとう。です。



No title

オオムラ様
かえって気を使わせるようなリコメでゴメンナサイ
生成の節理は正4面体がスタートだと最近思っています。そうした節理をもつ石から球石が育っている、育っているとしか考えられない節理が実際に有るのですが
物質の進化の過程はエネルギーが同調する過程でもあり得る・・・
とここまでモヤモヤと出てきているんですが、
なのでピラミッドの4角錐は別のものではないかと
そうゆう風に考えています。
なんだか こむつかしい言い回しですいません。

No title

かえるさん
おもしろいお話を
陶器を焼く窯はその生涯に一回だけ凄いパワーをだす器を窯から
産むそうです。
そうした器は水が絶対腐らないんだって
意外と縄文式土器はそうした器ばかりだったかもしれません
だからどんな食品でも保存できる
有り得ると思いません?

窯のパワー。すごいはなしだあ。
窯って子宮みたいだね。

縄文の人たちは、感覚のなかに、あらゆる黄金比がはいってたのかもしれないですね。だから、芸術のセンスあるのかな。


たたら製鉄の窯も、とっておきの製鉄ができたりしたんかな。金属をとりだすってのも、窯の力に左右されるんか。

製鉄。宮城では、じもとの有志で復元しているとこがあって、畑かりてるとこからちかかったからわたしもよく見に行ったんだけど、すごいたのしかった。盛り土して窯つくり、砂鉄あつめてきて、溶かして。もののけ姫のたたらばよりも、ミニチュアだったけど。

フラクタルって、そういうことかなあ。

超たのし。♪

No title

ちえちゃん
平安時代はおそらく超科学がかなり衰退しつつある時期だったかもしれないのです。
それよりン百年前はどんな生活様式だったか想像もつきません。
おそらく阿部晴明は そうした時の記憶の領域を使ったのではないかと考えています。そして五行の科学原理を後世に伝えるためにああしたパフォーマンスを見せていたのかもしれません。
丹田呼吸がんばって 途中変化が少なくなる時があると思いますが、体細胞はすばらしい呼吸でどんどん入れ替わっているのです。気がつかないだけで別の体質になってゆきます。 離れていた人もどんどん声かけてくるよ あれも不思議なんだよなー  

No title

言葉が足りなくて失礼しました

平安の都は、安倍晴明が結界を
貼っていたようにも思い、
また、科学的な根拠が情報としてしかないので
曖昧に表現した次第です

さらに、自分の知識と照らし合わせ真偽を問う為
少し調べますと、確かにそういった裏付けする
根拠を発見しました

その為、コメントさせて頂きました


それから、丹田呼吸を続けています

効果の大きな山は越えたように
思いますが継続してます
これから先も、です


今、取り戻し始める真っ当な感覚

携帯の電磁波?(私は、スマートフォン利用)
痛いんですね

指先からビリビリくる重い感じが
嫌で、今の五感的な
濁りの無い感性が正しい答えを伝えています

また、脳天からはいる宇宙エネルギー
引き合う私の意識やスピリット(心や精神)
により様々でした

自分の感性がいかに滞りがあったか
今でははっきり解ります

自分の五感の先の直感か
自分以外の宇宙エネルギーかの
判断見極めさえ出来ない時が
あったと振り返ります

カルマが生じる時の波動さえ、
受け手となる私が醒めていると
解ります

ゾゾッとする嫌な感じとして
伝わります

沢山検証した先に様々な規則性を
意識で思い検証し情報を集め
気づきました

低い波動や高い波動も
その違いもです

さらに滞りをなくして行くと
精度はさらにあがると予想しますが
自分を盲信せず
考察する、真偽を見極める
肝に命じていきます

ちゃちゃいさんの厚意を無駄にはしません

それを踏まえ、いずれ自我をなくし
宇宙意識となる人間の限界への挑戦していきます

話が逸れましたが、
丹田呼吸の素晴らしさ
身をもって実感してますよ

丹田呼吸って、
宇宙?太極図?を表す感じも
五行が隠れてるようにも思い
何か沢山の意味合いが
ありそうな気もしてますね

陰陽道好きで十代のころ
知識が随分昔にあったなぁとも
静かに思い出しています

今ブログの過去記事読みつつ思ったんですが
(超軽い話題です)
私も耳鳴り多少あるけど、音楽とかまで聴こえないよーアナザーワールドの話だわーと思ってましたが
ひょっとして、脳内再生のことですか?

私、20代始めの頃に、親に反対され家出同然駆け落ち同然で結婚したことあるんですが、その時持ってたCD全部売り払っちゃって、その後しばらく音源のない生活してました、ごく数年前まで。
でも聴きたい曲、脳内再生できるから困らなかったんです。脳内再生の方が便利なことも多いし
で、そのうち、自分で選曲するんじゃなくて、勝手に再生されることも増えて、シャッフル機能みたいな感じでこれも便利だなーと思って楽しんでいたんですが
耳鳴り音楽ってこんな感じなのかな。違ってたらごめんなさい。
私は自分が昔聴いてたものしか再生できないから、ただの再生機能なんですけどね。

No title

ちえちゃん
あんたも本当に不思議世界好きなんだね
そうゆうひとは、そうしたことを通して人様の役に立つこと何かないか考えたり
思考の幅を広げるといいかもしれない

五行に興味あるんなら炭を使った糠床のつくりかたセンちゃんに聴いてみては
発案は不肖私です。 成果が出てるみたい。

No title

はあーいさん
>脳内再生のことですか?
全く知らないフレーズが聴こえてました。
>スマートフォンからだとブラックアウトして消えてしまって書けないことがあります。こういうのもブレーキなのでしょうか
あり得ます。 なかなかアップできません
他の人でもそうらしい

No title

ちゃちゃいさん

不思議世界が好きって言うより
医者太鼓判の感覚過敏、神経質なんですよね

同調し過ぎて具合悪くなってしまう

今後、丹田呼吸、ハラ創りから
心や精神を鍛えて
落ち着くことを願ってます

兎に角、生きにくいんです、敏感過ぎて、、



糠床について

は〜い、聴いてみますネ

私も、携帯に長々書いて
画面落ちることあります

その時は、少なからず、あぁ!!
って思いますが時間経つとね

投稿しなくて良かったって
胸を撫で下ろすことが
振り返るとよくありますよ

なんでか不思議なんですがね

縄文式土器

詳しい説明ありがとうございます。理解できました。

縄文式土器は見る者を魅了する。あの岡本太郎さんも縄文式土器のパワーには驚いている。

縄文式土器は16500年前のものも発見されてるし、その頃のヨーロッパは新石器時代にも入ってない。
ってことは、その頃世界の文明の中心は日本だった?
幣立神宮 五色神祭の伝承や御神木(樹齢一万五千年)ってのも気になります。
幣立神宮は中央構造線(レイライン)上もあるそうです。

そういえば、私もこの記事を書いた時、一度消えたので、この辺で止めときます。

No title

はあーいさん
がんばってー
記事まってるよ~

No title

ちえちゃん
>医者太鼓判の感覚過敏
こうゆうのはどっかで鈍感意識あるんよ
バランスだから すべてバランスとって能力はなかなか出せない
自分自身がそうだからよくわかる
あなたは本質、天然です

No title

オオムラ様
おもしろいっしょ
おもいもかけないとこが太古と繋がっている
夢のような世界だよね

No title

はあ〜いさん

気遣ってくれてありがとう


けれど、情けないです、、
幼子のような私をいつか自戒し越えます
未熟モノでした


強い意志で今の気持ちを大事に
ブレない位置を明確に
考察、検証、真偽の見極め

イタイ思いして、わかりましたよん


へんな所で意地になって
本来、芯を通す所で情に甘く
なって、なよってる

そんなことばかりしてたと解ります

No title

ちゃちゃいさん

はい、抜けてる所あります!

具合の悪くなる限度、
自分で解らないので、
バタンキューとなるまでしますね

この辺りが鈍磨です
過敏な面を補うよう鈍磨してます

意識の向け方も
過集中と無関心な開きが酷いです

まさに、バランスが苦手です
いつも、両極端で生きてる感じです

No title

忘れもしませんが

金環日食あれは最悪
地球重力が最高潮になった日かもしれません
世間の 金環絶賛論 がいまだに判らん自分です。

深いところは間違いがあるとまずいので控えますが
さしてよい日だとは思いませんでした。回りません
燃費も悪い日です。
解放という視点からは金環日食は規制に作用した日かもしれません
実験データからしみじみ思います。
決して解放には・・・なのです。
 
定かな器具を使ったわけでもなし、ましてやアマチュア
判断はお任せいたします。


No title

はあ〜いさん

うん、興味あるね
「先天の気」が絡んでそうで


上からのサポートとか
天意とかの表現もあるかも知れない


私ね、前世からとか
血の縁とかカルマが凄まじいんだわ

カルマなくしたくてね

陰陽師のこと、気が違ったかのように
調べた時期もあった

沢山の考察、情報からさ
気付いたんだ

信念で吹き飛ばす
これだと因果律が働く

或いは

透明になる、意識を爆発させて
宇宙と一つになる
これだと因果律は働かない


それで、自分を取り戻したくて
まだ見えない世界の情報集めしてる

No title

金環絶賛論

地に足がつかない人には
地球の磁場に頼れて良かった

そんな話かなって思ってしまいましたよ

制約をなく人には、足枷に感じてしまうかな
なんて


磁場が強い


これしか確かな事なくて
また周囲の感想をアテにしすぎても
どうかと思うので、追求はしません

No title

カルマについて

単純に脆弱な精神と心
か弱いカラダ、ハラ創り

何とかすれば、反転かけて消せる
エネルギーだけでも無心なら出来た

しかし、ブレると、
サニワもダメ
クシロもダメ

制御不能の感情になって
乗っ取られていたりね

ヤバかった

鍛え直し、だわ
ほんと、一からさ

丹田呼吸は、ほんと、目から鱗だった

No title

はあ〜いさん

私ね、はあ〜いさんも
先天の気がある人だなって
始めからみてたよ

何にもしてないけど
サポートつきのような
沢山のカルマ(縁)と共に守護を受けた方だと

私、丹田呼吸で経脈を通すのは
初めてだった

けれど、体幹、ハラを鍛えたり
操体法で、カラダを感じる自己メンテ
そうとうしたんだ

そうそう
何か見えたんだけど

胸は、ハートチャクラ活性化
頭は、考えすぎてるかな

そう受け取るよ

扉が開いてみえたもの

緑のエネルギーが輝く
「胸」
そこが自分の居場所

外に居場所は要らない

まあ、妄想家の寝言ですわ

No title

はあ〜いさん

マインド(心や精神)を鍛えたり
カラダ創り(ハラ創り)
勧めてくれてるのね、解ってたんだ

だけど、自分を理解する親の話はね
ギャッて、、拒絶してしまいました

羨ましかった


私の人生、物理的な親は猫
代理親は猫だったの

小さい頃から見守ってくれたんだ

それから

外在神は、否定的だね

はあ〜いさんなら、教祖になれるって
私もね、失礼ながら思っちゃうよ

ついでに、私も、猛反対を押し切り結婚したんだ
彼には、父を求めてた、、、、



ちゃちゃいさん、私信ごめんなさい

No title

こんにちは~

chachaiさんを囲んで活発な意見交換の場ですね。^^

このような場が在ることはありがたいことですね。(などと上からに感じたら

お許しください。) はあいさんのこととてもわかります。 カルマとか縁とか

自分のルーツをたどるたび、 にゃんにゃんさんの事も少し共感。。

私は母親(25年前に他界)に対して拒絶反応を数ヶ月前までもっていて、

石上神宮の御霊ふるふるの真言で封印の扉が開き号泣し、その後30年ぶり

に従妹が突然上京(私は関東に在住)し、私の過去を知らせてくれて、今まで

何処にも理解して貰えなかった気持ちが氷が解けるようになくなりました。

自分に問いかけていると必ず応えはやってくるものだと(すぐにではなくても)

一緒に育った姉妹に話しても、結局は自分の事なので、何時もいつも残尿感(?)

見たいに残っていた事がわかる瞬間が次々にやってきました。

自分の扉は自分にしか空けられない。鍵は自分が持っているのかも。。

一昨日 アマゾンから届いて昨日半分以上読んだ本、もしご存知でしたら、

スルーしてください。 足立育郎著、波動の法則、 結構面白く今このコメント欄

に居るのも何か 波動が繋がっているのかな~ 、 そして、chachaiさんの

分野の魔方陣 私は数霊の本に出ている 9方陣ですが、 コレをハートにおいて

いるとなんだか バランスがアンテイします。 個人的な感想ですので、スルーOK。

書かせていただきありがとうございます。

No title

ほんと夢のようなお話です。大興奮です。

やっと薦めて下さっていた。銀河ネットワーク情報羅針盤もやっと読めました。

cahcahiさんや皆さんのおっしゃられていることや自分で考えを張り巡らせたことが全部つながった。

ありがとうございます。

本当に短い間に多くのことに気付かせてくれてありがとうございます。

No title

☆ちゃちゃいさん

肉体的に地に足がつく
低い波動、重いエネルギー
電気ビリビリを全身に感じて
カラダを持つことってこうかなって
ようやく体感出来ます

天から入る高い波動、
軽いエネルギーとの違い
はっきりします

今まで私は、カラダがあって
ないようだった、と思いました

人の情念で、地に繋がっている
ようなものでした

それは、肉体の不一致による
虚弱体質になるよね、、
なんて思いました

☆はあ〜いさん

ユングの本ね
カラダ創りそこそこ起動に乗ったので
これから、買って学びます

☆空みこさん

こちらこそ、です
ありがとうございます

☆オオムラさん

その「皆さん」に、私も含まれると
嬉しいなって、ちょっと思いましたよ

No title

8月14日
山田さんとこの「夏の解談、のーみそこそこね!〜マンツーマンのガイキチ祭り〜」に私Chachaiも参加いたします。
場所:鶴見公会堂
時間:1部:午後2時開演(午後1時半開場)、2部:午後5時半開演
入場料:無料/但し事前に電磁力渦加熱推進委員会のワッシャーをご購入頂きます。
また、完全予約制のためanさん宛お申し込みが必要です。
<a href="http://furiene.blog.fc2.com/">(ご予約はこちら)</a>



空みこ さま
やはりね、 なんかいろいろありありさんとは思ってましたが
石上神宮では 振る魂神示をしてもらえるのですね。 「ヒト、フタ、ミー、ヨー、イツ、ムユ、ナナ、ヤー、ココのタリ ふるべ、ゆらゆらとふるべ」というのですか?
鈴使いますか? ちょっと興味あります。

オオムラ様
参考にして頂けてうれしいです。

はあーいさん
もっともっと書き込みしてくださいね。民俗学的分野は自分の考えてきたことの
証明確認みたいなことができるので、とてもありがたいです。

ちえちゃん
丹田呼吸を続けていただき僕も嬉しいです。
もうすぐ、僕の知っている癒気法をあっぷしますね。
ただ、自分のオリジナル性もきちんとからませなくてはアップする意味がありません。いましばらくお待ちください。

No title

恥ずかしながらいろいろありありです。

地の底まで行きました~~~、 一人でごろんごろんとあえぎながら、

何故自分はこんなに苦しい、悲しい目にあうんだろ?って、

そしたら、自分の選択じゃん。 って、、、 じゃ何故こんな選択したの?

などと自問自答の繰り返し、おまけに人のメモリのかけらも出てきて、、、、

今の自分はハイ、解りました。私を通してバランスとります。って所まで

来ました。 余りの大きなエネルギーに自分がつぶされそうになったり、

でも、私だけではないと知りました。だれでもみんな 神の子だから、

向かうゴールは同じところ、なので、 偉くもなく卑下する事もなく、

ニュートラルにうけいれよう。。。 コレが最近の自分なんです。^^

石上神宮は今年行きましたが、 真言はユーチューブのものです。

No title

ちゃちゃいさんへ

はい、楽しみにしてます

丹田呼吸ですが、

背骨の中を通る時と
背骨の表面?皮膚を通る時

どうも2通りあるようです

また、天からは強くても
地からまだ弱いので
肉体面を重点的に意識します




邪気を出すときに

頭からしっかり出るのですが
本来、尾てい骨からも
しっかり出るように踏んでいます
(クシロしたりサニワすると
そういう情報がありました)

しかし、私は、尾てい骨からは
あんまり出ないので、、


気功も奥が深いなぁと感慨深いです

ちゃちゃいさん情報、
凄く楽しみにしていますよっ

書き忘れ。

日本のピラミッドライン

八幡山16方位ライン
http://taiyo.goraikou.com/hyogo/in-00-03.html

但馬妙見山16方位図
http://taiyo.goraikou.com/hyogo/00/h11-myoken01.htm

富山のピラミッドライン
http://taiyo.goraikou.com/nihon/0202toyama/to01-01.htm

飛騨・位山16方位
http://taiyo.goraikou.com/nihon/03kurai/map-hida13.htm

一度で送れなかったので。

レイライン

中央構造線(レイライン)
http://reyline.web.fc2.com/reyline/kouzousen.htm
http://ameblo.jp/calseed/entry-10917741749.html

日本のレイライン
http://www.geocities.jp/yasuko8787/80621.htm
http://www.geocities.jp/yasuko8787/80707-1.htm

きっと他にもいろいろあるのでしょうね。

No title

オオムラ様
ばっちりなサイトページ紹介ありがとうございます。
これだけ、けったいな符号ラインが揃うと かなりのウマシカさんでも考えざるを得ないでしょうね。

地球儀にマスキングテープ(*_*)

たったいま、開封したばかりの地球儀に
色違いのマスキングテープを三本、それぞれが地球を一周するように貼ってみました(カナリ目分量ですが(^_^;))

一本目はまずイースター島からギザを通って一周する、赤道から30度ずれたライン。
二本目はメキシコのティオティワカンからギザを通って一周するライン。
三本目はchichiさんの示してくださったクシロラインを地球一周。

んで判ったことが3つ。


1:メキシコのティオティワカンからギザの延長線上に、中国の西安どころかインドさえもかすらない事(;´д`)

2:イースター島→ギザのラインとクシロラインは、ほぼ垂直に交わる事!

3:クシロラインの北の延長線は、磁北極に交わるという事!(垂直だから当たり前か(^^;))


ちなみに磁北極はアラスカとカナダの境目あたりで
磁南極は昭和基地沖の南極海です

とりあえず目分量なので
また改めて厳密にラインを割り出してから考察したいと思いますm(__)m

No title

パイン様
ありがとうございます。
興味深い結果ですね。
もし可能でしたら図をお送りいただけないでしょうか。
http://form1.fc2.com/form/?id=715984
にご連絡いただければ、データ送付可能アドレスをお知らせします。ご面倒でしょうが迷惑メール対策です。よろしくお願いいたします。なお全く急がないのでマイペースで気が向いた時で構いません。

ふるふる

オオムラさまのリンク貼ってくださったページ。膨大な量ですが
じっくり読んでました。まだまだ時間かかりそうですが
すごいページですね。ありがとうございました。

友人の実家が、岩手県五葉山のふもとの神社なんですよ。
仙台からはいける距離なんで
そのうち連れて行ってもらうことになっております。
いわれ、とか、そこに代々住んでいる人しかしらないことって
きっとあると思うんです。だから楽しみなんですよ。
方言とか、食べ物とか、さりげないことがキーワードになりそうな気がします。


パインさんの地球儀のラインのコメントを読んで
フィルターにひっかかったことがあるんですが
それは
たびたび、30度のかたむきがでてくることです。

ギザからイースター島への円周ラインも赤道から30度。傾いている。
だからクシロラインが、磁北極につながるのはびっくりしました。

わたしは、ポールシフトのことはよくわかってないんですが
ただ、北極星は、大昔は今とは違う星だったんですよね。
地球の自転軸が変化しているのか
宇宙の中での地球の位置がずれているのか
なんだかわからなくなってきます。

最近、ふるふるふるべってことば
あちこちでよくみるなあ・・・。

きになる言葉です。

みなさんいろいろ持ち寄って
いろいろ解明したいですね。

No title

ふるふるふるべ
ゆらり、ふわり

センタリング=中心軸

そう思いました

No title

なんか関連がありそうですね

ふるべ
ゆらゆら



(十種神宝)



十種神宝(とくさのかんだから、じっしゅしんぽう)とは、物部氏の祖神である饒速日命が伝えたとされる十種の神宝である。

非表示概要

『先代旧事本紀』の「天孫本紀」の記載によるもので、饒速日命が天神御祖(あまつかみみおや)から授けられたとする。『先代旧事本紀』には「天璽瑞宝十種(あまつしるし みずたから とくさ)」と書かれている。

分類すれば、鏡2種、剣1種、玉4種、比礼(女性が、首に掛けて、結ばずに、左右から同じ長さで前に垂らすスカーフ様のもの)3種となる。これを三種の神器に対応させて、鏡は八咫鏡、剣と比礼は草薙剣、玉は八尺瓊勾玉であるとする説もある。

十種神宝の内容は以下の通りである。

沖津鏡(おきつかがみ)
辺津鏡(へつかがみ)
八握剣(やつかのつるぎ)
生玉(いくたま)
死返玉(まかるかへしのたま)
足玉(たるたま)
道返玉(ちかへしのたま)
蛇比礼(おろちのひれ)…大国主の神話に出てくる比礼との関係が注目される。
蜂比礼(はちのひれ)…大国主の神話に出てくる比礼との関係が注目される。
品物之比礼(くさぐさのもののひれ)



(非表示布瑠の言)



布瑠の言(ふるのこと)とは、「ひふみ祓詞」・「ひふみ神言」ともいい、死者蘇生の言霊といわれる。

『先代旧事本紀』の記述によれば、「一二三四五六七八九十、布留部 由良由良止 布留部(ひと ふた み よ いつ む なな や ここの たり、ふるべ ゆらゆらと ふるべ)」と唱える「ひふみの祓詞」や十種神宝の名前を唱えながらこれらの品々を振り動かせば、死人さえ生き返るほどの呪力を発揮するという。

「ふるべ」は瑞宝を振り動かすこと。
「ゆらゆら」は玉の鳴り響く音を表す。



(非表示十種神宝の行方)

石上神宮の祭神である布留御魂神は十種神宝のことであるとする説もある。石上神宮に伝わる鎮魂法では「ひふみの祓詞」や十種神宝の名前を唱える。いずれにしても、十種神宝は現存していない。

本物か不明であるが、大阪市平野区喜連6丁目にある楯原神社内の神寶十種之宮に、偶然、町の古道具屋で発見されたという十種神宝が祀られている。石上神宮側から返還要請があったにもかかわらず、返していないという。

江戸時代、山崎闇斎は、垂加神道においては神秘的な意義の有るものとして、さまざまな口伝的著述を残した。

籠神社には、息津鏡・辺津鏡という2面の鏡が伝世している。十種神宝の沖津鏡・辺津鏡との関係は不明で、籠神社も特に見解は出していない。

秋田県大仙市の唐松神社には古史古伝のひとつである『物部文書』とともに奥津鏡、辺津鏡、十握の剣、生玉、足玉とされる物が所蔵されているという。

No title

はあ〜いさん

その、はあ〜いさんが言う
ゲロゲロ、スピリチュアルはね
わりかしメジャーと見受けるよ、、

No title

はあ〜いさん

明晰だし素晴らしいよ
いつも憧れてるよ、、


人生全部を費やして私が気が違ったみたいに
心理学を自分を深く見つめ
考察分析して世代間連鎖を紡ぎ直した

これに似てると思ってしまった

今は、見えない世界の縁に取り組み
始めてる、、、

chichiさま時間の猶予をありがとうございます☆

しかし自分で書いた
「厳密に貼り直してから考察したいと思います」

の[厳密]は不可能では?

と気付きました(--;)

なぜなら

地球儀はキレイな球型ですが
実際の地球は球型ぢゃないじゃん(*_*)

主に遠心力で少しひしゃげてるんですよネ(´Д`)y

そーなるとラインの角度も変わってくるだろうし………(汗)


ひしゃげた地球をキレイな球型と[仮定した場合]のみ、ラインは[直線]であり

複数の古代遺跡を意味ありげに通ったり、クシロラインと[垂直?]だったり…

30度というのも
キレイな球型と仮定した場合ですもんね(^_^;)

しかし
逆に考えると

[キレイな直線や垂直や30度がひしゃげた状態]が実際の地球のラインや軸だったりして…

機械工作の精度では計り知れない[揺らぎ]があるかと(*_*)

なんか[厳密]を求めたら不毛な気がしてきました(T_T)



No title

根拠はないね

主観的に縁を感じて徹底的に調べたり
情報を見に言った

私に縁がではなく、人類に得んがあるんだわ

生命の樹を紐解くとそうなる

No title

誤字訂正

×
得ん

No title

ついでにね、はあ〜いさん
前に何のハナシをしたかについて

そこに拘る必要性を感じなくて
その場で解決してしまってね
忘れたの

覚えてないよ、悪いんだけどさ

ハナシを聞かせてくれたら
思い出すかもしれないけど、、、


あ、2012-08-01 00:26 のコメントについては、
私が情報を読むこと、ルシファー(ルシフェル)
についてのことね


主観的に縁が、と思ったけど、
生命の樹を通して解ったことは
私個人ではなくて、人類に縁がありました
そんな内容だった

主語がなくて、解りにくい為
補足させて下さい

No title

石上神宮に以前いった時、結婚式をやってたので雨のときはどうするんですか?とたずねたら、ここでは結婚式の時は雨はふらないって言ってました。(びっくりしたのをおぼえてます)

山窩は天孫族に土地を譲った。自然とともにいきる縄文の民。支配文化を受けいれなっかった。ってイメージなんですけど。山窩の話も奥が深い。

穴馬(旧和泉村)からはティラノサウルスの化石まで出てきるんですね。

カブレラ・ストーンを思い出しました。

自然と共に生きた民は恐竜とも共に生きたのか?

パインさんはもういろんなことに気づいてる。

皆さんやっぱ半端ないですね。

No title

否定出来ない面はあるよ、確かに

だから、不得手な時に
サニワ出来ない、クシロ出来ない

挙句、自分の感覚妄信

不得手な時、知らない時こそ
アタマを使うこと、、
検証すること、、




当たり前でしょうね

はっきり言ってくれてありがとう




ケロリンさんブログでの
私がした質問は忘れて下さい

はあ〜いさんの真意が
今ので解りましたから返事は不要です

失礼します

地図をみているときに、ついつい、平面だと思ってしまうわたしです。
でも、ちがうんですよね。

以前、クロップサークルを立体でみるとこうなります、みたいな動画を
ゆーちゅーぶで見たときにハットしたことがあったんです。
まったく、ちがうかたちなんですよ、3Dにすると。
でも、2Dで表現されたものは、頭がついつい、2Dでとらえちゃうんですよね。

地球も、まるなんだけど、表面は半分以上水だし
常にいれかわっているし
わりきれない形だっていうのは
なんか、当たり前なのに、目からうろこでした。

気がつかせてくださりありがとう。
そうだよな。なるほどな・・・。

No title

はあ〜いさんへ

遠回しに言った所で
なんか噛み合わないみたいだから
ストレートに伝えるよ


ん〜掘る気はないのが本心だわ
最も今の私が納得出来る範囲でしてる

必要なら、そう思った時に取り組みたいからさ


それを踏まえて、自分がしたこと受け止めてるの
はあ〜いさんの信念に合わなくて、わるかったって
不快にさせる事して、すいませんでしたってね


その事を私は言ったんだわ


けれど、一言言うならね


事実不誠実が嫌いなら
自分でとことん探求するのが好きならさ

私にそうなれって
半端なこと言うなって
言わなくてもさ

自分でしたらって思うわけ

実際はあ〜いさん、してるんでしょ?
それでいいんでないのかなってね

また、私を見て何かを思うなら
自分を振り返るべきだわ

根本的に
探求したい範囲が違う
それでいいんじゃないのかな

それを踏まえ、

今後、私が
はあ〜いさん宛に何か伝えることは
徹底的に考察してから伝える
じゃなければ、何も伝えない


私が譲歩出来る、今の限界はここだわ

No title

人は、潜在的に無意識にでも
全てを、「知ってる」


自覚ある、なしに関わらずさ


自我のフィルターの濁りが
もれなく全ての人に在る
その為、どんな情報も正邪が紛れてしまう
また、個性も含まれる

私は、ストレートにそう捉えているよ

それが、見極めたり分析したり
検証する必要性だとも

そういう認識です



ただ、、今の私は

何かを掘って探して追い求める
知った所で、また遠のいてしまう


考えて
考えて
考えて

追い求める人生のように感じてしまう
それが、心地よくない、好まない


ならば、今の自分が納得する範囲でいい

そう思ってます

No title

そう思いたいなら、思っていいよ

ユングについては、
参考になるから情報提供してくれた
つまり、勧めてくれた

そんな認識でした

勘違い悪かったね


検索なんか、今はしていない
そもそも検索は、根拠のないモノに対してしてる

今は、私の理解の話しをしてるんだわ
ググるとか、してないし


もはや、何にも言わないから
好きに解釈したらいいよ

No title

主観的なハナシをした
合理的な所まで至っていなかった


それが、
この場の雰囲気に合わなかった
間違いでした

今は、そう受け止めてるよ
場を乱して悪かったよ


沢山有難う、じゃあね

No title

最後に一言言わせて貰うと

共振と創造は別だわ

いつでも、自我のフィルターで見なければ
新しいモノは産まれる

共振する、響き合う
そんな合う環境だと、それが起き易い

ただそれだけ

No title

な・名・なんて事に~~~

石上神宮の真言の威力すごいですね~~

隠されていたものが顕れるの、 そうしたら、俯瞰する。

今 かっか、かっか、していても、 めそめそしていても、 怒髪天をついていても

その自分を俯瞰すると、 なんということでしょう。。。(パクリ)

心が軽くスッキリしてきます。 (いえ、してきました私の場合)

心は 古語でうら という事を知ったのは昨日。 そして うら とは日本 を

表す言葉だそうです。 オリンピックでも うらが表になっているみたいね。

日本て本当に深く、 愛に溢れている。

相変わらず意味不明なことを書いて、ごめんなさい。

寝付けずに・・・思うこと。


今の日本の社会は崩壊しようとしている。

それはアメリカをみても・・・

ヨーロッパをみても・・・

いや、もう崩壊している。

新しい価値観の創造が急務です。

私は新しい価値観を持ってませんので今の価値観以前を調べたいと思い、縄文時代を調べてますが(さかのぼるとムー大陸?)資料が少ない上、隠されたものも多いので理解できてません。

未来創造のため多種多様な意見が必要です。

争ってる時間はありません。

でないと未来はない。

と自覚しています。


ちえさんのお話も解りますよ。(生意気いってすいません。)

けどはあ~いさんのいってることも解る。(生意気いってすいません。)

私は真実が知りたい。

そして

みんなが笑顔でいれる世の中になって欲しい。



No title

はあーいさんに提案
穴のつく地名の処をいろいろ繋いでみたら、論や話ではなく具体的線で僕の知ってる地名では穴太、穴伏、穴水、穴馬(兵庫県にもある)、漢字がちがってもアナの言霊の処はすべて、意外とあると思うんだけど
神風クシロを調べようと思った二十数年前、夢枕にニコニコした爺さんが顕れて「おまえみたいな謎解きは永い事やっとらんからわからんなー」といいながら地図を指さしてくれた。目が覚めて指差された辺りを見ると完全に同一の地名が顕れた。あんときも自分はおかしくなってしまったのではと思ったことをなー

チエチャンに提案
スピ系は物証力が無いのが多い、
実際、でたらめも多い しかし極稀に高級な霊勘を通じ過去・現在・未来を見通している人もいる、それを見抜くのが大変なのだけど
そこで得意の心理学を使ってそのサイトの真贋を見抜く技を考えてみてくれ
書き込みなどでそのサイトオーナーがなにを伝えたいかをしっかり聴きだすんだ。

オオムラさま
現在、オオムラさんが調べている事はとても大切な事だと思います。
実際の資料の提示などは集合意識の変革に実際役立つものです。
これからも書き込みなどを通じご紹介いただけると大変ありがたいです。
僕が以前調べたことで地名にはどうしても漢字で宛字出来ないところがあってカタカナ表記の処があります。 最近そうした処がアイヌ語だったと判明した事例もあります。
http://www.ctt.ne.jp/~tannaka-/nikoi/nikoitop.htm
沖縄の古語なども調べると、伏せながら高度文明を未来に託した先人の足取りがつかめるかもしれませんね 僕は回転の課題で手一杯なので誰かやってくれたら
などと思っています。
 

No title

☆はあ〜いさん

察する事が苦手というのは、私の落ち度です

しかしね、聴かれたくないなら
読んでって意味じゃないなら
勘違いしてると、解った時点で伝えて下さよって
気持ちが顔を出しますね、正直言うと

この世界には、血と受肉となる本がある
そんな話だったかな、確か
あのタイミングでこう言われると、

私は、ふたつ、考えました

1私の無知に憤りを感じ、
はあ〜いさん自身がとてもよく知って極めている
その為確認不足、検証不足だと言っている
2本を勧めてる

そして、2ではないかと、思い
そう話した次第です

それが、はあ〜いさんにとって
不快に感じること
裏側には、お父様との事があること
失礼しました

また、私は、場を乱さない為
はあ〜いさんの意志を尊重すべく
退場すると申し上げました

もう、あーだもこーだも、ありません

しかしね、あんまり、被害者みたいに、
私は善処しましたって言うのね
やめた方がいいよ

ちょっと、みっともないなって
思ってしまいましたよ

過去のない人は、いません

言葉で思いを伝えること
また、私側の問題きちんと聴くこと

それを怠った結果、生じた摩擦だと
解ります

ついでに、
例のブログのねーちゃん?と
同じにされたこと、
はあ〜いさんの捉え方とは、解りながらも、
また、自分がそう思われる事をしたとはいえ

「がびょ〜ん、なんてこった」

そんな一言に尽きちゃいました

☆ちゃちゃいさん
はい、そうします
良いカタチで貢献したらなと考えます

有難うございます

いつも有難い指摘や助言嬉しいです
また、スピ系は、仰る通りだとも

私の問題点、
主観的なハナシと割り切り
ある程度で満足せず

そのスピ系な人に問いかける時は、
クシロ、サニワを徹底すること

理解を得る「技」
質問する「技」

磨きます

ありがとうございました

No title

☆空みこさん

為になるハナシですね
俯瞰する大切さ解りますよ
愛が伝わりました



はあ〜いさんについては、
私に怒りをぶつけ気が晴れるなら
スッキリするならそれで構わない



そんな私側の問題、自虐的な気持ちを拾えました

ありがとうございました




☆オオムラさま

言葉、、難しいですよね
使い方、表し方で色々な意味にもなる


言わなきゃわからない事
聴かなきゃわからない事

普通や一般的という概念の薄い私

怒りを買うことをしたのだ

ただただ、そう受け止めています

共感を示して下さって有難うございます
思いやりの気持ちを感じます

No title

おっはようごさいま~す。

難しい言い回しはできないので、自分の言葉で、思うことを
いつも書かせていただいています。

>私に怒りをぶつけ気が晴れるなら
>スッキリするならそれで構わない

宇宙の法則って 受け取らなければその言葉を
発した人に帰っていくのでしたよね。

私は たとえどんなに身近な愛する人でも 私が
受け取りたくない言葉は 受け取りません。
って、そらに言います。 いつも、空とはなしているのです。(ココが私の
すばらしいところ、って、他人様は変な人と思っても)

自分の中の 子供と向き合うって、大切、いつも自分の中に
居てくれる 唯一無二の存在、 外に向かわず 自分に向かっていると
その子供と意思の疎通が出来るようになりました。

手段は色々在るけど、自分にあった方法を探すと早いよね。
私は オポノポノが 自分に合ったので、実践しているけど。。

自分の中にあったどろどろのヘドロのようなネガテイブもそのうち
逃げ出した。

No title

空みこさん

おはようございますっ

宇宙の法則って、私の認識と
ちょっと違うみたいです




因果律(自己責任、縁)
引き寄せ
波長同調

これらの総称に考えています


した事が戻る=因果律(カルマ)
(自己責任※として表面化)

信念で受け入れなくても
気付くまで無限ループ=引き寄せ

また、宇宙には、YESしかなくて
受け入れる可否も自由

けれど、気付くまで無限ループする
しかも、気付きのサインは
段々大きくなってゆく

また、目の前に在るすべては縁がある=波長同調

さらには、すべては内的現実を生きてる=引き寄せ

こんな認識です



それから、

お子様が、受け入れたくない気持ちを尊重
出来るようにする取り組み
持ちつ持たれつの、認め合い



素晴らしいですね


私は、二人目までは、まさにそうでした
しかし、三人目は、それが通じず、
受け入れる、自分から折り合いをつける

そういう取り組みをしています

☆☆☆

※自己責任について

摂理違反によるもの
過労、怠惰によるもの、殺人など

現象は、病気、生活苦、人間関係苦など
見合った罪が罰として現実化

また積み重なった思考が気付く為
出来事を引き寄せる

No title

はあ〜いさん

同じハナシは好みません
また、指摘しなきゃならない類なら尚更

あのね、
「私の問題」と「はあ〜いさんの問題」
区別したら解るでしょ


はっきり書いていいのかい?


正直、傷口を開いて塩を塗ることは、好みませんが、、、



どうして、ユングのその本、軽く扱われたって考えちゃうのかな?




私は、書いたよね、認識の違いって


立ち位置や視点を変えると
個別の真実は無数にあるよ


不変のものは、カルマと心の内側、それだけ


そもそも、意見なんてね、執着するもんじゃないんだよ

すべては、変わり通り過ぎる
存在の本質は変化だ

それに尽きるよ


これもね何度も同じ事になるけれど、
結果として、はあ〜いさんの枠組みを
乱してしまった配慮不足は
否めないからしないよ



もう、なんにも言わない


私のフィールドで出来るのは
それだけだもの

だから言ってるんだよ
はじめからね

No title

誰も、そんなことは、言ってないでしょう?

はあ〜いさんが、表面に拘ってるから
勘違いして、ありのままをみれていない

だから、そんな返答が返ってきたのではないのかい



その本が「きっかけ」となり、拘っている
裏側には、個人的なハナシがある

そんな意味合いに受け取ったから

そのまま話しているんではないのかい



私も嫌いです

察してちゃん
解ってちゃん

が、とても



あなたの異常性を解って貰おうと?


そう、そんな一人では何にも出来ない
群衆動物、人を巻き込もうとする
浅はかな人が受け付けません


気持ちに気付かせて頂き有難うございました

これ以上、話したくもありません
不愉快です

No title

もっとも、

伝え方の至らない面
表現の不適切な面

これは、私の問題で認めますが、、



度が過ぎてます、あまりにも

No title

補足として

本のハナシを、以下のように
はあ〜いさんは、示唆したのです


それもあり、私は、関連があって、話し込んでる
そう解釈したのです


要は、私が知識不足だと


で、折角だから読んでみよう
モノにしよう、そう選んだんです



☆☆☆

ちえちゃん

単純な疑問

クロウリーのこと教えたら喜んで飛びついて、ユングは「知らないけど要らない」なのは何故?

同族だよ。
ユングの方が上手かも。

意識の拡大

自分の内面を探求するだけで、何故だか「先人が既に知っていたこと」を内面から引き出せる

学校勉強的にガリガリやることじゃないんだ

するすると、引き出せる。

小さい頃からそうだったから、そうじゃない人のことはよくわからない。

| はあ~い | 2012/07/20 2:20 PM |

No title

夢が叶った。

フリエネをみて、なにかしたかった。

お金を送ろうかと思った。

chachaiさんのコメントをみて私は自分を恥ずかしく思った。

なにかできないか?

探したんです。

お金は捨てた。拝金主義(お金は拝むもんじゃない)拝むなら、私たちが生きれる環境(自然)に感謝したい。

フリエネが出来るとエネルギーにお金が掛からなくて済む。お金の心配(-)をする時間もなくなる。

自分が満足するようにいれば、自分が相手になにをしてあげられるか(+)って考
えるようにる。

私は新しい価値観を創造できるchachaiさんや皆さんの爪のアカになりたかったんだ。


梵字・・・アイヌ語、沖縄古語か隠されてることがいっぱいありそう。

古代史 物部氏など(憶測です)
http://blog.livedoor.jp/shig1/?p=21


ちえさん

私はちえさんの丹田呼吸の話。スピの話なんとなく解るんです。

ただ、この場で誰かが嫌な思いをするのは認めたくないです。

私は真を探して居る時に嫌な感情は芽生えません。(私は、単純かもしれませんが嫌な感情に気持ちをフォーカスしない。)

チャクラを開いて相手(世界)と共振すれば気持ちがいいでしょ。

実は私も4,5年前からチャクラ眉間奥のチャクラが開いたんです。
タカアマハラで更に集中力が10分程度から、ほぼ1日中続くようになったんです。
今は、もっと繊細で微細のものを感じれるように、出来るだけクリーンな状態に調整中です。

はあ~いさんは怒ってないと思う。

ちょっと疲れているだけ。

ちえさんはどんな未来を絵描きますか。

あなたは、誰もみたことない色を思い浮かべれる。

誰もみたことない美しい未来を創造していくんです。(13カラー)

それを私は聞きたい。

No title

このページは私が数十年前から研究してきたことの一部を公開しているページです。
皆様そのようにご対応いただきたくお願い申し上げます。
できればラインに関連した学術的調査参考資料等を書き込み者が投稿していただくのが嬉しいです。 このページだけに限定して以後ラインに対する書き込み以外は削除するのでよろしくお願いします

No title

>沖縄のアマミキヨ伝説とライン上の伝説をつなげてゆくときっと繋がってゆくと思います。
新たな民俗学研究者の出現を期待します。

>沖縄の古語なども調べると、伏せながら高度文明を未来に託した先人の足取りがつかめるかもしれませんね 僕は回転の課題で手一杯なので誰かやってくれたら
などと思っています。


Chachaiさん
めちゃくちゃ興味はあり、またせっかく沖縄にいるからと思いつつも
言霊にしても民族学にしても、とっかかりが掴めないでウロウロしています。
が、ここ数日図書館で借りてきた本を読んでいた所
やっぱり私はコレが好きなんだ!ということの再確認と
ソレを深く見つめるためのひとつの道として
土地の歴史や伝説、言葉を調べることともつながるという事を知りました。
「コレソレ」は、植物・薬草・精神と身体との関係といったことです。
さらには水や自然、人の関わりにも及びます。

今までの人生では、大きな流れや目指す所、を探しつづけていました。
これからようやくひとつひとつを紐解く入り口に立ちました。

Chachaiさんのイメージする紐解き方とは視点が違うかもしれませんが
少しづつ調べて書き込もうと思います。もし何か繋がったら楽しいです。

No title

chachaiさま、つぶさま。

>土地の歴史や伝説、言葉を調べることともつながるという事を知りました。
>「コレソレ」は、植物・薬草・精神と身体との関係といったことです。
>さらには水や自然、人の関わりにも及びます。

私もとても興味を覚えています。 今は とても漠然とですが興味の
ある本を読んでいこうと集めています。

神代文字というのを全く知りませんでしたが、在るとき飛行機の
噴出す気流が何かの文字のように感じて検索を初めヲシテ文字の
存在を知ったりしました。 人の名前、神社の名前、土地の名前
色々なヒントを解き明かしていこうかなと思い始めています。

皆様の書き込み興味深く拝見しています。

これからはゆっくりですが、言霊、色霊、音霊、数霊のつながりも見極めたいと
楽しみにしています。

No title

つぶちゃん
楽しみ
期待してまっせ

空みこさま
誰しも見える具体的物証としてラインや民俗学などあるのおもしろいっしょ
一体誰なんだろう 地名の位置を決めたのは
そう思いませんか

No title

オオムラ様
八重垣神社の壁絵は僕も見たことがあります。国宝級の壁絵が手で触れる位置にあって「大丈夫かいな?」と思いました。 伊勢に比べ意外と観光客が少ない出雲です。もしあちらに行かれる機会があったら日御碕神社を最初に訪問して出雲探検してください。きっと得るものがあります。

星の動き

レイライン ピラミッド、マヤ暦、役行者、磐座、星信仰、う~ん。

あっ、太陽、月、水星、金星、火星、木星の運行や銀河の渦も地球の時間、磁場をコントロールしてる。

レイラインやピラミッドや暦を作った人達はこれを完全に理解してた。

ちなみにこんな情報もあるみたいです。
2012年までの金星と地球の8年間のうち5回会合は五芒星になるそうです。

No title

オオムラ様
もし完全に全てを理解していたらスーパー超人しかいなかったということになりますね。

ほかこんなことも考えられるのでは
人類共通の設計データノートみたいなのがあってそれにアクセスする能力があった。そうした人が大多数を占めていた。


No title

アカシックレコード畏るべし。
ムー大陸の頃、人類の意識は共有されていた?
古代の民は自然とともに生きた。一生懸命に自然のこと星のことも、だから星のことも解かった。(現代人はお金でアクセク、頭がいっぱい)

穴太衆は石の声を聞き、動物は地震を察知する。
本来の人の能力は封印されてる。

シュメール文明をみても、やっぱ星の動きを理解し、暦を作った人は理解してるように思う。
ピラミッドは宇宙人の関与もあると思う。

星の動きは陰陽や八力や6面体なんかとも対応してるんじゃないですか?
骨の数も組み方も全部、数霊と言霊と音霊と色霊で解釈できる。黄金比になっているらしく。ダ・ヴィンチのボディアートでもピタゴラスの定理でも言われいる。頭蓋骨は銀河じゅうを知るためのプラネタリウムの構造になっていて、銀河の構造が相似象として全部あるらしい。
日本と世界の相似性
アフリカ=九州 オーストリア=四国 ユーラシア大陸 北アメリカ=北海道
南アメリカ=台湾 地中海=瀬戸内海 カスピ海=琵琶湖 ヒマラヤ=富士山など

No title

ちえちゃん不適切と判断し削除しました。ごめんね

No title

星の運行を考えてたら、
宇宙の根本原理を理解するには、
ホツマ文字、梵字
フトマニ図、マンダラ
祝詞、マントラ
の理解が必要なのかもしれませんね。

また、ホツマ文字の「フトマニ図」が「原子の法則性」を表している事と、「アワのうた」は「生命の法則」であるDNAの構造を表しているという説もある。

Re: No title

> 星の運行を考えてたら、
> 宇宙の根本原理を理解するには、
> ホツマ文字、梵字
> フトマニ図、マンダラ
> 祝詞、マントラ
> の理解が必要なのかもしれませんね。

どうなんだろう。
巷、祝詞、マントラ云々がありますが選ぶのは自分自身ですね。
これ、わりと本当の事も書かれている参考になるかも 
http://logsoku.com/thread/toki.2ch.net/occult/1306180633/

No title

こんばんわ。

週末になり、ちょっとあちこちみていたら
古代オリエントや、シュメールとかに
たどりついてしまって、頭がショート気味。

北斗七星について偶然ヒットして読んだのがこのページ。

伊勢神宮の外宮と星辰信仰
http://d.hatena.ne.jp/ragaraja/20090626/1245980636


わたしの脳が
自分に必要な情報やつながりを見出すには
こうしてしらべたあとに
けっこう寝かせて、ゼロにしないとならないので
また時間かけて寝かせます。

直感のほうは、なぜか
「金(Ag)」「南アフリカ」「ペルシャ」とか次々でてくるんですが
こっちは、理論で説明不可な思いつきの範囲なので、展開するのはやめときます。

神代文字で思い出しましたが
2011秋に知り合った人からすごく興味深い話を聞きました。

今、20代の女性なのですが
その人が、子供のころに栗の中から小さな巻物が出てきて
あけてみたら、意味不明な文字が書いてあったそうです。
なんだろうと思って家族みんなに見せたが

なぜか、そのまま、本人も家族もそのことは忘れてしまっていた。

最近ネットで偶然神代文字を見たときに
急にその記憶がよみがえり
家族に確認したところ、家族も全員思い出したとのことでした。

いったい、なんてかかれてあったのだろう、と
すごく印象にのこるエピソードでしたね。

神代文字。なんの 理(ことわり)を伝えるものなのでしょうね。

No title

星信仰・・・
フトマニ図、マンダラを見ていて特徴は〇。
星、星の巡り、地球の自転、公転、銀河の渦ぐらいしか〇に相似のものが浮かばなかった。
また、それは時であり、暦であり、私たちの環境そのもの。宇宙の理、いわば神。
って考えてたら、祝詞やマントラがが鳴り響いてきた。
う~ん気になる~。

No title

オオムラさん。

わたしは、平凡な感覚でしかものを言えませんが
フトマニやまんだらや、仏さんが四角にたくさんならんでいる絵画なんか見ると

ミルククラウン(水滴が水におちて跳ね上がるときできる王冠みたいな形)
とか
昔、義務教育時代に理科でならった、電子とかの回転のうごきとか
ネジバナのかたちとか、咲く数日前のひまわりの緑色のつぼみの形とか
なんだか、すでに現存しているものの
形ばかりが浮かびます。
三角の鏡で作った万華鏡とか。


だから、頭蓋骨がプラネタリウムって話
かなり、ガツンンときました。

キャッチしたいな。ムーの人みたいに。

ここちよいか、ここちよくないか、ってのも
大事なセンサーになるのだとしたら
サンスクリット語は、聞いててすごく心地よいです。

英語は、子音を打楽器のようにきれいに発音できる人が好きで
それ以外の魅力をあの言語に見出せない・・・。

オオムラさんも、chachaiさんのようにいろんな音を聴ける人なんですね。
そのセンサーでいろいろダウジングできそうですてきですね。



No title

蛙さん
ありがとうございます。
星、宇宙のような無限のようマクロ世界の相似は
電子の回転、原子核、中性子、のミクロの世界だと思ってます。
意識を広げ宇宙の無限を感じてるって思っていたら、実は細胞のミクロの世界を見ていたってこともありですよね。

No title

先日、anさんからイベントのメールが届きまして、そういえばとこちらに来てみればクシロの記事が。
クシロの語源はクスリ、ちなみに奈良の狭井神社は薬の神で名水でも有名。
釧路市の市標は北辰の星で鶴居に向けてなぜか道道666号線があり。
釧路に合併された阿寒町ですが阿寒大神の本当の正体は瀬織津姫といわれます。
摩周岳は国常立神がかつて封印されていた地とされ、摩周岳頂上から望むと雄阿寒(ニギハヤヒ?)と雌阿寒(瀬織津姫?)が夫婦ぴったり寄り添うように見えます。
そしてあの円空がクスリへと仏像を残していった謎。
日本を龍体に見立てるなら摩周あたりは頭。付近の山(国立公園内)は金を含有していることが判明。
追記:釧路はどうやってもクスリ(久寿里の地名は残っている)と結びつきませんが、当て字をした方は金の川の路、深層意識で理解していたのでしょうか。
と謎がいろいろてんこ盛、偶然、ではないよね。
ちなみに道東近辺在住のスピやフリエネに関心がある方、まだまだ秘密・謎がありますがURLのほうの盛り上げ参加よろしくお願いします。

No title

こんにちは。


沖縄の古文献では おもろそうし
http://manwe.lib.u-ryukyu.ac.jp/library/iha/index.html
古字では 琉球古字や
http://ja.wikipedia.org/wiki/琉球古字
カイダ文字(ヲシテみたいな文字とは違いそう)
http://ja.wikipedia.org/wiki/カイダ文字


今の所このくらいしかまだ出てきません。

ただChachaiさんコメントの
>どうなんだろう。
 巷、祝詞、マントラ云々がありますが選ぶのは自分自身ですね。
 これ、わりと本当の事も書かれている参考になるかも

で示して頂いたようなことの見極めが難しいです。

それから次記事のコメントではあ〜いさんが書かれていたこと
>我が意を得たり、と
 どんな定理や法則も、ある条件のもとではそうなる、というものです
>何処のジャンルでも、同じ。
 理論的根拠がはっきりしているものですら、そうです。

これも調べているとなるほどと思います。
初心者の私には、知識のベースが無いため、難しくて時間がかかります。


ヲシテを知ってから縄文以前の知恵に興味が向くのですが、
「おもろそうし」は「古事記」や「日本書紀」に近い作成時期のようで、
琉球王国も同じような時代背景と大きな流れの中の役割にあったのではないかと勝手に想像しています。

そういう意味でアマミキヨ伝説もいろいろな角度で見えてきそうです。

ちょっと視点を変えて植物や薬草につながる和歌を調べると万葉集が出てきます。
歴史や見えない力を考察するのと比べて、植物のことについてはもう少し気楽に受け取れる感じがしています。


文献を紐解くと言う作業は、全部が正しいのでもなく全部が歪曲されているのでもなく、大きな背景のもとでのその文献の置かれた位置、込められた意味、ひとつひとつのピースに現されたり隠されたりしている知恵、これを今の私達に於いてどのように発掘しどのように組み立てるか、また、うしろにしっかり通っている厳然と在る真実とはなにか問いつづけてやっていかなければいけないのですね。(自分の整理の為に書きました)


沖縄ではこれより古いものは貝塚等の遺跡、うちなーぐち、古い民謡、もしかしたら民族衣装等、なにかヒントが見える物があるかもしれません。
博物館巡りしよっかな。

沖縄は古い物が今に伝えられて生きつづけていること(これも風前の灯か?)の貴重さもありながら、反面、生きつづけたことで時代時代の要請にチャンプルーされ原型がわかりにくい→読み解くのが難しい?ことも感じます。
じっくりやるしか、ないですね。


沖縄の地図でも同じ地名に線を引いてみようと思ったのですが・・・まだやってません。地図ひとつ見つめてても、いろんなことに気が散っちゃってまとまらないです。

No title

chacahiさま、つぶさま、

人から聞いたのですが、本日の広島式典にトルーマン(原爆投下のときの大統領のお孫さんが参加したそうですね、

たしかにかわってきているな~ と個人的感想を述べてすみません。

余り突き詰めると、ショートしちゃうので、いちおう引き出しに
入れておきます。そして 何となくそのうち繋がる事が
多いです。

ヲシテの事を書いている池田さんの動画をみたのですが、
先ほどの 魂の情報の他に 和歌があり、 縄文の和歌は32文字
で 後の和歌は31文字、、 その32文字は 字と字のつなぎ目だそうで、
31文字の和歌を次とつなぐために 一文字ダブらせてそこを重ねるのだ
荘です。 重ねるとそこに闇が入り込めないとうことのようです。
(私の勝手な理解) 糊代がないと 兎しても隙間ができてしまい、
その隙間を作らないために 。。
だから、闇の存在も充分承知で、和歌に 生活や文化のことを
伝える手段として読んだ。 ようです。

焦らず とも繋がっていくと思っています。

ありがとうございます

137だってさ。

コメント数137だってさ。すごいのう。

つぶさんのはってくれたリンクみてかなりびびりました。
すごいページがあるなあ。ネット時代ってすごいな。

太陽のこと、「てぃだ」っていうんだよね。沖縄は。
「飛騨」「日田」「ひたかみ」・・・と、かってに妄想するわたしの脳・・・。

最近おもうのは、文字やことばもなんだけれと、布とか食べ物とか
女性が携わってきたものに、意外とつながりや源流の残像があるような気がしてます。そのかけらを探すのがやたらと好き。

ヲシテについては勉強したいとおもいつつ機会を逸しているなあ。

一文字ダブらせて重ねるか・・・。
「あらはばき」
「たたら」・・・(また、暴走妄想・・・)

韻を踏むってのもなんかあるんですかね。

みなさんの言葉を読んでいると
自分の中にはいってきたものが区画整理されていくような気がします。

nakaharaさんがおっしゃるように、対になるものがある場所は
いろんな意味で聖域だったんでしょうかね。
道東にも縄文よりも前のことまでさかのぼれるような
文化の伝承が残像でものこっているといいな。

・・・わたしの脳では鮭トバしか浮かばん。



皆さんすごいですね

chachaiさん、14日お会いできそうで嬉しいです。

博学な方がたくさんお集まりで圧倒されています。

蛙さん、仙台にお住まいなのでしょうか。私は石巻出身です。
宮城、東北人として、ホツマツタヱを読むと
これこそが史実だったら良いのに、という思いでワクワクします。

ヲシテ文字自体はよみがえる日本語―ことばのみなもと「ヲシテ」、
ホツマツタヱの内容については、年表や古代王朝系図がついている
ホツマ辞典と併せて、他のホツマ本を読むと面白いです。

皆さんのコメントを見て、岩手のことでいくつか書いておきますが、既出でしたらすみません。

ラインからは外れますが、岩手県の早池峰山の麓にはタイマグラという地名があります。
http://www.taimagura.com/taimagura_index.html

岩手で馬から浮かぶのが南部曲がり家とオシラサマ。

時代バラバラですが、奥州藤原氏四代のミイラ調査映像を
中学の遠足で見せられて、寝た状態なので、即身仏ではないし、
不思議だな、と思っていました。今でも人工か自然か?みたいですが。

今になって東北、日本の面白さを再発見した感があり、学生時代、ちゃんと
勉強しておけば良かったなぁ・・・と反省。特に西の方にはホント疎いのです(涙)

皆さんのコメント、すっごく楽しいです。
14日お会いできる方が他にもいらっしゃったら嬉しいです。




No title

早池峰山の近くに毛無森というのがありますね 毛無の漢字で一致する地名が鳥取県にも青森県にも 長野県の鬼無(きなさ)も同じかもしれません。 鬼無では昔、屋根の上に弓矢の形状の物を屋根の上に厄除けとして載せていたとか なんかの資料で見たことがあります。 これもなんらかの正確なラインが出てくるはずです。
ニコイ同様タイマグラの地名由来がアイヌ語であるというのが判るだけでも先人の足取りが少し見えてきますね。古代人は渡来人と同化したのか、隠れたのか?いずれもあると思うのですが・・・
アイヌ語も風化が進み現アイヌの方でも知らない言語が山ほどあるそうで、ましてや古語など???の世界ですね ヲシテ の研究から無くされた古語の意味が出てきたら素晴らしいですね。

No title

あー、本当に面白いですね。同じ時代でも、方言のように
地方によって文字も違っていたかもですし、古代文献も
全てが嘘でなく、全てが本当でもなく、つながってる、という感があります。

20年くらい前、建築士の人が、そんなに古くない家の屋根に矢じりのような
形の飾りが四方に付いてるのを見て、「あれはね、空から降りてくる鬼を
追い払うためについてるんだよ」と言ってて、からかわれたと思ってましたが
本当だったかもしれませんね。

たのすい

仙台在住でございますが、育ちは茨城、ルーツは八王子と米沢という、ちゃんぽんなわたしです。

ももちぃさん、石巻でしたか。
石巻雄勝に、巨石に2本の木がねじれて巻きついているのがご神体になっている
古い神社がありました。たしか。津波は里宮を破壊しましたが、ご神体は無事でした。

さて、わたし、タイマグラの住民を撮影したドキュメンタリー映画をみたことがあります。
自主上映作品なんで、知らない人が多いかもしれませんが。
今も、数家族住んでいるはず。
味噌玉をつくって天井からぶらさげて醸して味噌作りをするのが印象的でした。
昔は麹をいれずに、家の菌をそうやってつけさせて作っていたということです。

アイヌ語と縄文語が、混在しているのが
東北なのかもしれません。
アイヌ文化は、オホーツク文化圏なんだな、と旭川の博物館で実感したのを覚えてます。

おしらさまって馬と結ばれる娘さんのお話がありましたね。
なんか、その情緒というか、感覚って独特だとおもうんですよ。
すごく、懐が深い、根っこが深い民の土地なんだと思うんです。
小泉八雲は、そういう日本人の源流の部分に共振したんじゃないかと
思ったりします。

「けなし」・・・「きなさ」・・・「くなしり」
「毛無」は、ずいぶん、多いんですね。その地名。
そして一定のラインがある感じもします。

屋根に矢というのは、初めて聞きましたが、そういえば、
高野山の修験僧が、宮城蔵王の山ろくにきてくれて
ゴマ焚きしたのに参加したことがあったんですが、
そのとき、ゴマの火のまわりは四角い結界が張られていたのですが
最後に、その四方に向かって僧が矢を放ちました。

大嶺山でも同じことをしていたような気がします。

いろいろ芋づるしきに思い出してます。





はじめまして

chachaiさん、みなさま、初めて書き込みします。よろしくお願いします。
みなさんのパワフルかつ豊かな知識に、日々触発され、わくわくしています。
ありがとうございます。

上記の、chachaiさん、ももちぃ_ももすけさんの、"「鬼」を防ぐために「矢」を屋根につけている"という書き込みを拝見して、ふと思い出したことがありました。

とあるマンガから知ったのですが、その昔、生け贄になる少女を選び出したという目印に、民家の屋根に矢を立てることを「白羽の矢」が立つ、と言ったのだそうですね。
これ、"屋根に弓矢をつけて鬼除け"というのと逆だなあ、と思って調べてみたら、猿神バージョンで山間部にある伝説「しっぺい太郎」というお話でした。
wikiに出てくる「白羽の矢」の伝説は、箱根の「九頭竜神社」発祥の伝説といわれ、龍神、水神にまつわる話のようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/白羽の矢

と思ってさらに調べてみたら、日本各地に分布している伝説でした。「白羽の矢が川の上流から流れてくる」など、「川」に関係して伝えられているところが多いようですね。
http://homepage2.nifty.com/osiete/s765.htm


これはこれで、たどるほどに面白そうですね!

ちなみに14日、とっても行きたいのですが、なにぶん遠方なもので、、、いつかみなさんにお会いしていろいろお話を伺いたいなあと思う、北海道民です。
ではでは、まとまりない文ですが、失礼いたします。

連投失礼します

どうも白羽の矢の発祥をたぐると、賀茂氏の氏神をまつっている下賀茂神社のようです。(さきのコメント、wikiを鵜呑みにした書き込みをしてすみません、、、)
http://kyoto.gp1st.com/530/ent234.html

能の演目「賀茂」によると、その白羽の矢の立った玉依日売は秦の氏女、とあります。
http://www.k2.dion.ne.jp/~t7d7/kamoarasuzi.html

余談でした。失礼いたしました!

No title

神代文字なんか見てると地方によって文字が違っているというのがよくわかります。
琉球古字は干支と五行を顕す文字が広く発表されていますが、よく似たのがそこらじゅうに有ります。でも微妙に違っていますね パット見た目には全く別の文字みたいだけど よくよく見ると同じ象意があるなーって思えるわけです。

No title

akikoさま
白羽の矢 おもしろい調査ありがとうございます。
ずーっと以前、弓の指南書みたいなのを古道具屋で見たことがあってンジュウマンエンっていわれて とても手が出るものではなかったのですが 弓の陰陽のハタラキがいろいろ書かれていました
3種の神器に弓が入ってないけど、なぜ? みたいな素朴な疑問があって 弓を使われている伝承にふと今でも気になります。

No title

レイラインこんな説もあるみたいです。
http://agnes2001.blog.fc2.com/blog-category-6.html

No title

こんにちは~

きょうも活発なコメントを拝見し、もぞもぞと動き出しました。

全く検証していない発想ですが、いつものけったいな人と思って
眺めてくだされば幸いです。

昨日関東は気温も低く雨、 何となく異空間に居たように感じていました。
知り合いが遠くの雷鳴を 天鼓雷音如来の音と感じた。と教えてくれました。
私も確かに 遠くで軽い雷鳴を感じていました。
今、その如来さんを検索して歩いていましたら、

ある方の記事に 箱根を挟んで東、西が入れ替わっているのを
怪訝にお思いになる事はありません。箱根の絶景を夫々の浄土と
見立てれば話のつじつまがあうのです。

という文に引っかかり、 また、在る神社をめぐっている方のお話で
富士山と 鹿児島の桜島は ペア のように感じている。
などの事もうかび、 秦氏、 熊襲、 蝦夷、 アイヌ、など時代考証も
していませんが、 気になってきました。

書かせていただきありがとうございます。

No title

akikoさま、

ご紹介の白羽の矢 ウィキ をクリックしましたら、 ソーラーポンドというエネルギー
の事を紹介した記事でした。

不思議が又始まった、そんな感じがします。
シンクロは突き詰めていくとなにか応えがみつかるかな~^^

ソーラーポンドって初めてしりました。 塩水を太陽光で温めると
100度になるということらしいです。

ありがとうございます。

No title

No title

今日は沖縄に来て初めての田植え参加してきましたー身体を動かしたら頭のショートがすっきり治りました。やっぱり泥と触れるのはいいですね!


縄文時代の言葉って?沖縄の方言のルーツは?と基礎知識の無い頭に叩き込もうといろいろググっていた中で、ここの内容が私にはなるほど〜と分かりやすかったです。他のページもかなり面白そう。まだ熟読出来ず・・・
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn5/005_04nihonngo_ha_konngougenngo.html

また、縄文語・アイヌ語・沖縄の古語の関係が地名に現れていることや、空みこさま、桜島のことまで書いてあります♪
http://www.jinruisi.net/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=85198
家の近くに本部富士っていう山があります。めっちゃ小ちゃいですが。


白羽の矢って神の子を身ごもる話なんですね。ということは、屋根の飾りは神様と関わりがある家なのでしょうか。しかも雷の神様なんだぁ。
厄よけや結界との関連はなんだろうと考えてて、避雷針みたいなものだったりして?陰陽のはたらきとも関係が?などと妄想中^^;


オオムラさまの貼ってくれた巨石リンクから、つい桜巨木の方に目が行き、
そういえば以前ヤマザクラの巨木巡りに惹かれてたこと思い出しちゃいました。

たのすぃね

蛙さん、東北のことよくご存知だから、生まれも育ちも宮城かと思いました。

巨石の神社はオオムラさんの3つ目のリンク先の釣石神社かしら。
名前を忘れて雄勝 神社で検索したら石(いその)神社もありましたね。

お気に入りに入れておいたサイトを何気なく見ていたら、
ちょっと気になるものを見つけたので貼っておきます。既出でしたらすみません。
藤原氏、鹿島、ホツマツタヱつながりです。

http://blogs.yahoo.co.jp/mas_k2513/archive/2010/02/03
http://blogs.yahoo.co.jp/mas_k2513/archive/2010/02/07
http://blogs.yahoo.co.jp/mas_k2513/archive/2010/03/10

鹿島御子神社は私が通っていた高校の隣で、毎年、クラス、部活で花見をしていたので、愛着があり気になってるだけかな。

今ではTVで石巻の被害状況を見下ろす山として有名になってしまいました。
http://ishinomaki-photo.blogspot.jp/2012/04/10.html#t1

富士高天原王朝の内容はよく調べていないのですが
ホツマツタエでいうタカマノハラは元々は大宇宙の意ですが、
大宇宙を祭り、祖先神を祭りまた天地の神をまつることから
宮中に祭る賢所の意もあるので、
全国各所の高天原はここから来ているのかなと思っています。

ホツマツタヱの一解釈として参考までに
http://raaq.jp/universaljapan/2010/05/amemioya

私は多分政治目的で編纂された部分はあるとしても
ホツマツタヱが伝える縄文の頃の心のあり方と世の変遷には、
物語を超えた真実があると感じています。

皆さんのように知識豊富ではないものの、なんとなく導かれての
謎解き、楽しいですね。悠長に楽しんでいる場合でもないかもですが。

chachaiさん、ラインは読み解けていなくて、外れた話でごめんなさい。



No title

みなさま 今日もビシバシ書き込んでください。
意外なところで意外な人がつながって これもクシロだなー
クシロ関連で昨日、ある方から素晴らしいデータの提供がありました。
おそらく、書き込み欄でご紹介される日も近いと思います。ご期待下さい。

ももちぃ_ももすけ  さん
僕はホツマを持っているけど真剣に読解しようと思ったことがないんですが
アモトカミ ミツニアフラノ ウカブサマ メクルウツホノ 『ミカサフミ』
云い得て妙 そのものですね。
最近 スカラー塊 みたいなのが動力の基じゃないかと思っていたんで
ようやく自分なりに納得。
それで、誰か 打保という地名のクシロを見つけてみませんか
回転の縄文科学原理が見つかるかもしれません。

覚書

独り言です
ホツマ=㋭津真
㋭=起動、保つ、炎
津=数、繋
真=中心 まこと 
と考えることも出来る
うつ=打つ(布石)、撃つ(射る)
やっぱり弓なんだよなー
弓=波動
矢=直線、弧
以前、蹈鞴神伝44世は天弧と地弧の二つがあるといっていたが
天弧は起動? 地弧は人としての生まれた意味 意を成らす 真のイナリ、妙見、古神道?

するどい発想の人が多いので書きこみに 自分の発想パターンを書いてみました

No title

おはようございます

もう関係ないことばかり書かせて貰い、止めようかな~などと、
自分自答した昨日でした。

宇宙的に大きなライオンゲートが開かれたようで、周波数的に1直線に繋がっている
期間が訪れているようですね。 、、、で、少し鬱のはしりの気分が湧いてきました・
が、 あの32文字の重ね合わせるというイメージで、自分の波動の隙間に闇が
入るのを阻止できました。 縄文の教え恐るべし。。

皆様のエネルギー場が渦を巻いているようにみえます。^^

すてき!!

chacahi,さんこの場を下さって ありがとう。。

No title

私は興味あるところだけ拾い読みで、リンク先も
天照の教え的なものが分かりやすいと思って載せたのですが、
chachaiさんはウツホ、に引っかかりましたか。回転ですものね。

ご存知のことと思いますが、ヲシテ文字の参考として。
いくつかの解釈を併せると、母音(ヲシテではあいうえおも子音で点を要する)を
五要素(五元素)として、
                     :( )内は漢字時代の概念
ウツホ=宇宙そのもの・気体:(大空・空虚)
カセ=物質の状態を変化させるエネルギーで熱くないもの・風の流れ:(風)
ホ=物質の状態を変化させるエネルギーで熱いもの・火の力:(火・炎)
ミツ=液体・水の流れ:(水)
ハニ=固体・土のように固まる:(埴・泥)

前出のサイトの解釈である真空体というよりは
ウツホ=気(宇宙のエネルギー的な)なのかな。でメクル(巡る)気、→エネルギーの回転

打保から離れるようですが、ホツマの宇宙観についての参考です。
http://tierramusic.cocolog-nifty.com/tangodiary/2005/12/post_c989.html
トメヂの話が面白い。

後ほど打保、探してみます。
anさんにブレスレット作ってもらいに出かけてきま~す。

と、投稿しようとしたらchachaiさんのホツマ解釈あり。

ヲシテ文字は一文字ずつにも意味はありますが
それを縦にならべることで単語として意味を成すものが多いようです。






No title

空みこ さま
>少し鬱のはしりの気分が湧いて
フトマニの的を射ることで解消できたわけですね。
なによりです。

No title

うつぼ (打保) 岐阜県飛騨氏身谷川町打保 がヒットしました。

つぶさま、

教えてくださったリンク先 拝見しました。 面白い!!

ありがとうございます。

No title

chachaiさんの覚書のコメントを読むようにしるしがついていて今日一日ずーッと。

私にはよく分からないのですが。。 今読み始めた本をご紹介させてください。

東工大の物理の先生 深野一幸著 超科学 「カタカムナ」のなぞ

面白いですが、まだ読み初めです。 既にご存知でしたらスルーしてください。

、縄文より前の古代に超科学を
伝える歌が存在しているようです。

イ 五つ(イツツ)の素量 トキ、トコロ、イカツ、マクミ、カラミ
ノ 変遷すると言う意味、
チ 連続するという意味

が イノチ (命)だそうです。

たかむすび (神の名?) は 高いところを結ぶ
という事で、 いやしろち、
けがれち ヒクミ
などなど。。

相似学会というところが冊子をだしているとか。。

No title

淳ちゃん
ありがとう
短期間でよくまーこれだけ調べられるものだと
感心することしきり

空みこさま
ついにカタカムナにたどり着いたのですね
楢崎先生の後を継がれた宇野先生もすでに他界されたそうです。
実は右も左もわからない折「フトマニを調べてます。資料ありますか?」みたいなノリで話をすると「あなたはフトマニというものを理解して私の処へ電話したのですか?」と文面では判りずらいのですが強く詰問されたのを思い出します。
なんともいえない感慨みたいなものがあります。
空みこさんの発想みたいなのはカタカムナの読解に役立つと思います。ぜひご覧ください。

No title

カタカムナの「アマナ」ホツマの「アナマ、アナシ」 類似点あるなー
誰か研究して教えて!

No title

先ほどのコメントを送らせていただいて、やっと読みなさい(勝手に解釈)の
しるしがきえました。

そういえば 山田さんの今回のイベントも ほつま の32文字の重なりですね。

「地名打保」 で検索すると 下之本 というのがあって古文書のようなものでした。

No title

すっかり寝てしまい、起きたらおきたで、みなさんのリンク先のページにはまりつづけてこんな時間!でも、今日のうちにちょっと書き込ませてくださいな。

石巻の釣石神社の話がでてましたが、そこも、いって見たいとこのひとつですが、震災で壊滅的なことになった場所柄でしたね。大川小の川向かいです。

巨石があるとお話したのはその釣り石神社から近い場所です。

石神社(石巻市雄勝)
http://www.genbu.net/data/mutu/isono_title.htm
http://ishimine.2-d.jp/
(神楽があるそうですが、演目目次の中に、鉤弓(ちきゅう)って項目があるのがきになります。弓とか、二ツ矢とか出てきます。出羽修験の影響のようですが。そして、お札お守りのページにキリコって項目があるのですが、わたしは、コキリコ節しか思い出せないので、キリコで調べると、能登のキリコ祭りがでてきました。桓武天皇側近末裔が宮司というはなしですが・・・。ちょっと気になる神社です)

公式webにはのってない、知る人ぞ知る、岩に木が巻きついてるのの写真がこれです。エネルギー的に、気になる人は気になる存在ってかんじでしょうか。

http://miyokame.blog82.fc2.com/blog-entry-227.html
場所的には、ここらあたりから東にいくと、たくさんの大地震の震源地になりますかね。

淳さんのぐーぐるMAPを、かなり拡大して何度も見てたんですが
すごいラインですね。「鍋倉」という地名が多いのがわたしの中にひっかかります。「ナ」という言葉になんか意味があるのかな。「アナ」にも通じるし。

ライン。月山の付近を通りますね。最後に抜けきる場所は「久慈」ですね。
出羽三山に、埴山姫神社ってのがありますね。わたしも去年まで知らなかったんですが友人たちが参拝してきたので知りました。

粘土のような土には、神聖な力が宿るとされていた、とあり、
http://hagurokanko.jp/miru/hagurosan/haniyasuhimejinja.html
「ハニ」という言葉の力とか、意味とか、いろいろ考えさせられます。

宮城南部のあたりは、粘土質の土が大変多くて
ずいぶんセシウムを吸着したので、作物には数値がでないことがありましたが
ちょっとそれを連想してしまいました。


「アナ」と聞いて、聖徳太子のお母さんだったとされる「穴穂部」という名前しかわたしには、浮かんできません。。。

「うつぼ」は、水族館で見た、「ウツボ」しか連想できないわたしですが
アナや筒から、顔をだしたり、ひっこんだりする印象です。
mapで見ると飛騨に「打保谷」って地名ありますが、そういうような地形なんでしょうかね。

散逸なまま、書き込んですみませんです。
遅いので寝ます。また明日~。

打保

蛙さん、私合格祈願で有名になった釣石神社は行った事あるのですが、石神社は知りませんでした。
巨木が巻きつく石の写真、すごいですね。思わず声を上げました。
狭い範囲で巨石信仰が息づいていたのですね。

打保関連、なかなか見つからないですね。
内保、宇津保、打穂、空捕、いろいろ検索してみましたが、
岐阜の地図見てたら、カタカナ地名多すぎますね。

chachaiさんが気になるわけですね。
チェックしてたら地図できたので参考までに。
https://maps.google.com/maps/ms?ie=UTF&msa=0&msid=211920136038457963391.0004c6c7a89e007906fe4

Chachaiさんさえ良ろしければ、Googleアカウント持ってらっしゃる方ならどなたでも編集できますのでご自由にお使いいただいて構わないのですが。

今あるのとは違うキーワードでお作りになる場合はアイコンの色を、他の方が使ってないものに変更して左の説明欄にも追記していただければ大丈夫だと思います。

Chachaiさん、龍のラインは乗せても大丈夫ですか。

Re: 打保

ももちぃ_ももすけ さん
ウツホ関連調べていただきありがとうございます。
あの辺り波のつく地名(砺波、万波など)もあり、面白い関連がみえてきそうです。
> Chachaiさん、龍のラインは乗せても大丈夫ですか。
はい。構いません。

言霊とクシロ 繋げてゆくとカタカムナとホツマが繋がってくるとは面白いことになりましたね。
物理も見えてきそうないきおいです。
アマウツシと相似のことができる原理が確立したら、私たちの生活は一変してしまうかもしれません。

超高速人間検索マシンと化した淳ちゃんは海外も調べ始めたようです。
ANAの路線図より多いアナのクシロ
さて、どうなってゆくんだ?

No title

おはようございます。 今朝6時頃見上げた月は昨日よりかなり高い場所に
ありました。
いつも 月から何かいただいているので。。(個人的にすみません)

石 を何故追求されているのかピンと来ないままいろいろ拝見しています。

筑波に 筑波山神社の少し下のほうに月石水神社があり、行きました。
ほとんど、人が訪れない感じで近隣の方たちに守られてきれいに保たれて
居る神社のご神体は大きな石です。 こちらで写真を撮らせていただきましたら
大きなオーブが 重なるように3つ4つ 写りました。
磐永ひめさまの 亡くなった場所と書かれていました。

旅行先の検討をしていて、早池峰神社を捜していましたら、 遠野に続石
というのも昨夜発見しました。

既出でしたら。スルーしてください。

No title

おはようございます。
カタカムナは私も気になってたんです。
http://labopf.blog.so-net.ne.jp/archive/c337591-1

淳さんライン見つけるなんて凄いですね。
私も巨石信仰でライン探せないかな?

うつぼ、など

こんにちは。みなさまの書き込みに触発され、ちょこちょこ調べております。

うつぼ、は「靱」のことをそう呼んでいたそうで、

「空穂,靫とも記す。矢を入れ,腰につけて持ち歩く筒形の容器。弓矢合戦中心の鎌倉・室町期の武士がよく用いた。長い竹籠で作り,外側を動物の毛皮や鳥の羽などでおおった。(コトバンクより転載)」

また、弓矢!

そしてこの字での「うつぼ」という地名が大阪府大阪市にありました。
大阪市西区靱本町。ここに大きな公園、「靱公園」があり、そのいわれは
「戦後、約3万坪が占領軍に接収され、占領軍の常用飛行場、靱飛行場となった。1952年の講和条約発効をもって大阪市に返還され、靱公園として整備された。(wiki)」

また、淳さんの後追いになりますが、「アナマ」は函館に「穴澗龍神社」があるようですね。
また、礼文郡礼文町船泊村アナマ、という地名も。

「アナシ」では「穴師」が出てきますね。
奈良県の「穴師坐兵主神社」のいわれは
「崇神天皇の六十年、命を受けて皇女倭姫命が創建され、天皇の御膳の守護神として祀られ、天孫降臨の際の三体の鏡の一体を御神体とし、御食津神と申し上げる。」
ここは太陽祭祀もあったようです。
http://kamnavi.jp/as/yamanobe/anasi.htm


そして、chachaiさま、空みこさま、レスありがとうございます。
私の記載したリンク先に「ソーラーポンド」とは!
私の方からは飛ばないのですが、不思議ですね〜。

No title

akikoさまのコメントに礼文がのっていましたが、

本日浅川よしとみ さんのブログに礼文紀行がアップされています。
大きな石の写真もありました。

先ほどの訂正。。月石水神社 → 月水石神社
磐永姫は木の花咲や姫と二人でニニギノミコトに嫁がされたが、外見の
事で、里に戻され、悲しみのあまり、日本中を旅して歩き、筑波で最後となった。
と書かれてありましたが、
日本中を歩かれたのであれば、日本中に磐永姫の意思(石)を祭った
ところがあっても不思議ではないな~~ などと思いました。

ラインが定まらず

Chachaiさん、九頭龍伝説の地をピックアップしていますが
もちろん、全国に伝説はあるし、九頭龍だけでなく、他にもたくさん龍伝説は
あると思うので、現在ピックアップしたものだとラインが定まらないのです。
なので、水関連・波関連も乗せられないでいます。

ヒントいただけると嬉しいのですが・・・。

No title

九頭龍伝説は八岐大蛇やスサノオと同じかと思ってました。
今の支配文化が封印してきた古代の民の足跡と思ってました。

No title

そして、出雲、物部氏
物部氏の信仰の起源は石神信仰っていわれてる。石神神宮とか、
ここでもまた石か・・・
参考にならなけければすみません。

No title

クシロラインを調べたい人にヒント
最初は全く同じ文字だけで関連ずけた文字は含ませないで探してください。
まったく同じ文字の地名が一本のライン上に3つ以上顕れるものを神風クシロと呼び天地神明が極めて重要なことを伝えているといいます。
これが本当に重要なラインだと関連付いた地名もその線上に顕れてきます。
そこで次に線上で証明された関連付いた地名を他所で探し同様の作業をします。
最初から憶測で関連付いた地名を加えると膨大なデータで訳が分からなくなります。またこうした作業は必然的に言霊の理解力を深めます。
また神風クシロのラインはその上の超神風クシロとも呼べるものがあります。
そうした場所を紹介できれば判りやすいのですが、特定の場所に対する人の欲や思惑が絡むので具体的に伝えにくいというのが現状です。実際にとあるピラッミドの情報でお金儲けを企み命を落とされた方も知っています。
龍のラインはその超クシロの一部ラインを伝えたにすぎません。


オオムラさん、、chachai さん

貴重なヒントありがとうございます。
地名なのですね。分からないのに突っ走ってしまいました。

あとは、たくさんのヒントが本文に書いてくださってますものね。
ちょっと、時間読めないけどやってみます。

岐阜のカタカナ地名の異様な多さは良く分かったので
地図からは削除します。

淳さんの地図、皆さんのコメント参考に探してみます。


淳さん

九頭龍情報ありがとうございます。
ラインを見極められたら、その上に広がりそうですね。

皆様のおかげでいろいろと勉強になります。

No title

淳さん
すごいですね!
触発されて私は沖縄だけ始めてみました。
ところで、地名じゃないのですが、アナシ繋がりで旦那がアフリカの神話情報を出してくれたので
URL先、アフリカの画鋲アイコンの所、見ていただけませんか?関係無かったらすみません。

Chachaiさん
ヒントありがとうございます。
地名3つ以上とは・・分かってなかったので助かりました。
沖縄はめちゃくちゃ同じ地名が多いので自分なりに的を絞ってやってます。
もっときちんと出来てからと思ったのですが、旦那情報が興味深かったのと、今日から数日昼間だけパソコンちゃんがお出かけしなきゃならない為、とりあえず、です(>_<)。沖縄のはスルーしておいてください。

ももちぃさん
共有マップ作ってくださったんですね!
しかし気づく前に自分でも始めちゃってたので(とはいえ沖縄のみ)、
とりあえず自分なりマップ作業続けてみますね。


皆さんのコメントも熟読できず、ちょっと寂しい数日間です。

ワールドワイドな・・・

つぶさん、アナンシ面白いですね。
旦那さまもいろいろ、持ってそうな。

淳さん、なんだかすごいの一言です。いろいろと。
月の光サイトもそうですが、紹介して下さるサイトも濃密ですね。

あの地図はとりあえず、今後のためにそのままにしておきますね。

ラインが出来たら、多分いろいろと乗せていけるのだと思うので
淳さんが教えてくださった伝説地も併せて、楽しみです。

「穴」は相当深いようですね。
理解、推察が追いつかないので、気の利いたコメントもできずに
申し訳ありませんが、勉強させていただきます。

皆さんこれからもよろしくお願いいたします。

No title

龍のラインのコメントがいっぱいになっておもくなってきたので続編をアップしました
今回は淳ちゃんが調べてくれたGooglMapです。

事実は詳説より奇なり

淳さま

アフリカということから(リンク先熟読しました)
すごく素敵なお話を教えていただき感動しました。
淳さまの信念に共感する所は多いです。

パワフルさに脱帽!
ラインの地図全部は見きれていませんが
知ることはこれから先を見据える為に大切だと認識していますので
じっくり学ばせていただきたいと思います。
ここにこうして公開していただきありがとうございます。

ちょっとした興味

パインさま

お願いごとしてもいいでしょうか?

下記私の散漫な地図ですが、この中のアフリカのアナンシ伝説のポイント(赤い画鋲のアイコン)
https://maps.google.co.jp/maps/ms?msid=207904154326397988081.0004c6c1338b42db2ba16&msa=0

ここと、
淳さん作成の
例えばこのライン
http://goo.gl/maps/5BDPi

地球儀で繋いだらつながりませんか?
平面の地図でも、もう少し球に近く補正した地図で見てみたら
なんとなくつながりそうなのです。
地球は厳密には確かに球でないとはいえ、広い範囲になると、地図よりか断然正確かと。

興味本位なお願いで恐縮ではありますがいかがでしょうか。

つぶさま

スミマセンm(__)m

こちらのコメント読んでいませんでしたm(__)m

夜勤後に帰ったら見てみますm(__)m

つぶさま

地球儀にて

穴ライン(?)を直線と仮定してマスキングテープで地球儀一周貼ってみました

残念ながらアフリカ大陸最南端(アガラス岬)から経度約14度南の海上を通り(南極大陸あすか基地←→アガラス岬の中間付近)ました

その代わり
といってはなんですが
メキシコのチチェン・イツァ遺跡(マヤ文明)とほぼモロ被りしますm(__)m

パインさま

お願いにお付き合いいただき嬉しいです~ありがとうございます!

予測ハズレはちょっと残念っ
でも
マヤ文明には興奮しました\(^o^)/
穴ライン凄い☆

No title

パインさま

今度は糸ラインとか原ラインとかそっちも手を付ける予定です。
きっと地球儀ビシバシに繋がってゆくと思います。
これからもどうぞご協力よろしくお願いします。

No title

数ヶ月前 漢字が気になりだした頃、蓬莱山 → 蓬 (よもぎ) につながり
無性に草もちを食べていました。^^

榛名山 が私は気になっています。 ハ から始まる山、榛名山、早池峰山
レイラインとは繋がらないかも。。 ですが。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。