スポンサーサイト

Amebaなう スポンサーサイトをはてなブックマークに追加
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

磁界のない位置

Amebaなう 磁界のない位置をはてなブックマークに追加
 
「引力とは物質に影響を及ぼす立体の力であり、重力と90°の角度を持つ電磁場(電磁力[時の意識])、空間の連続性があって始めて物質に影響を及ぼせる」
の証明にならないかとふと閃いた以下の図1のような磁石の組み合わせはどんな方位を出しているか調べました。

図1

少し見えずらいのですが5mm方眼から鉛筆で方位磁石のN極方向を記入したのが写真1です。
各磁石が干渉し合って色々な方向に向いているのがわかります。

写真1

写真2はこの磁石の配置で磁場が0になっているポイントです。
各磁石の干渉は0磁場も生み出すんですね。中央から右へ16mm位離れたところです。
このポイントを中心に方位磁石をぐるぐる回すと右回転の時は方位磁石が左回転
左回転の時は方位磁石が右回転します。おもしろいほど正確に逆回転します。

写真2

他の組み方でも実験しないと定かな事はいえませんが、
この磁石の組み合わせは写真3に示すように0ポイントから拡大するようにN極が右回転で発生するような形で磁場が形成されています。

写真3

当初、磁石のNとSで陰陽を顕せるはずとおもい特殊磁界をつくったわけですが、8方位を得たいのですが磁界では平面に6方位しかどうしても顕せません。
つまり6角平面の上下に7番目8番目の方位が存在するとしか云えないのです。

こんな実験もありかも?で紹介した写真のようにNSがくるっと変わるというのは論理通りでしたが、まさか0磁場が渦を巻くとは思いもよりませんでした。
一連のことからN極は外側にS極は内側に渦を巻いている磁界が発生できる磁石の組み合わせだといえます。

さて宇宙の始まりは神話では押し合いとへし合いの世界だといいます。
当初、地球の疑似平面をできないかと組んだ特殊磁界でしたが
宇宙の根源領域が9cm磁石6ヶで再現できてしまったのです。
0ポイントを見つけてからちょっと不思議な気分です。

もし興味を持って下さる方はぜひお試しください。
回転する方位磁石同様、頭の中がぐるぐるになりますよ。

道理で卵の味が変わったりけったいなことがあるわけだと納得した気分になりたいのですが、「なんでー」の内なる声がどんどん大きくなります。

最後までお読みいただきありがとうございました。


関連記事


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

コメント

初コメです♪

思ったんですけど・・・たぶんピラミッドの形も違ってきますよね?


四角の底面でなく変形六角の底面?かも…ですね。


ラー体ブログのイヨスニスルのピラミッド情報 云々をベースに考えたんですけど。

No title

健様
最近、これも、正しく伝えていると思うサイトに イスファロン っていうのがあるんですが、それによるとピラミッドは人体と相似に左右対称形で作られているそうです。
ですから最終外面が 四角すい というだけであって内面構造は六角形や五芒星などを含む構造だと思います。 結界の砂盛ななどに円錐もありますから、健様が云われる六角形は大いにあり得ます。 

なぜか鍵コメが出来ないっす(T▽T)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。