スポンサーサイト

Amebaなう スポンサーサイトをはてなブックマークに追加
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

南西の意味するもの

Amebaなう 南西の意味するものをはてなブックマークに追加
 
文末に<追記>あります。

山田氏のブログ新宇宙観、陰謀論からの脱却〜アセンションの意味後編vol.3によると地球の位置は野火平原という多次元宇宙の南西に位置するという。


南西という位置
 
 今から15年くらい前仕事先の近くで公共施設を建設するため、そこにあることが確定していた縄文住居跡の発掘がされていた。発掘現場からは正方形の炉の跡が見つかっていた。通常、炉跡は円形が多いのだが正方形は珍しいという。
その炉跡をよく見ていると炉石の一部が砥石だった。 3戸の住居跡が発掘されたがいずれも正方形の炉できまって南西側に炉石の一部が砥石だった。
 また、別途に教わったことで大切なものは南西に保管しなさい。さらに敷地の南西側に清らかな池泉があるとなおよいとも聴いていた。
 日本独自の力体科学(八力)では南西は分力が位置する。(桃太郎神話から独自に割り出した方位)
 そのころ連絡をとっていた自動書記で和歌を伝達する霊覚者に「道の具えは南西で磨け・・・みたいな教えがあるでしょうか?」と尋ねたところ大正解だったようで、僕が言い出したことに不思議な様子だった。

 地球が野火平原の南西に位置するということは分力が働いているはずで、5億年前に存在したゴンドワナ大陸が分割して、現在の状態になった説と符合する。逆に野火平原の南西に位置するということの証明になるかも知れない。

 南西という方位は道の具えを磨くところであり洗うという意味から分別するという意味があるようだ。
風水では西の方位に道があることを良しとする。
「導」という文字は南西という方位を加味して考えると深い意味があるのだ。


 さて、現在の地球はというと磁軸移動(ポールシフト)は徐々にはじまり、かつて経験のない惑星の接近やら星座の移動やら、大天災の警告が続出といった状況だが、地球が磨きに入った(多次元宇宙との整合)時期と捉えられるかもしれない。 
おそらく多次元宇宙そのものも進化しているのだ。地球の位置はその全体の進化の過程で多次元宇宙を照らす重要な役割を担っているのだ。
あくまでも推測だが南西という位置の意味を考えるとそうとしか思えない。

最後までお読みいただきありがとうございました。



<桃太郎神話から分力が導き出されるわけ>
おじいさんは山に芝刈りに
おばあさんは川へ洗濯に

という一説はこのように捉えられます
お爺さん(老陽=西、西北)山(四神相応の山=玄武の具え=北)
老陽の北の方=西北 

おばあさん=(老陰=東北、南西)川(四神相応の河=朱雀の具え=南)
老陰の南の方=南西

川上から桃が流れてきた(季節の進行)
おばあさんが桃を拾う(原文ではモモはひとりでに割れ赤ちゃんが誕生します。)
桃の割れるが分力を暗示しますが、
その後の物語の展開で合力の対照 分力 がはっきりします。
桃太郎は大きくなって鬼退治に出かけますが
戌、猿、酉を家来にします。西方を示しています。
団子を餌に家来になることを約束します。
団結=合力

神話桃太郎は八通りの読み方ができるそうで、その一部は力体科学の一部を伝えるための露骨な暗号だと思っています。



<追記>
「導」という文字で浮かんだインスピレーション

新宇宙観、陰謀論からの脱却〜アセンションの意味後編vol.3の図http://blog-imgs-46-origin.fc2.com/k/e/i/keinudidio/20120219141544aaf.jpgに(1地球)(2アセンション後の地球)が書き加えられている

「寸」という文字は十字の南西に・が加えられて寸となるこの・が十字の北西につけられている文字は・・
「斗」という文字が浮かび上がった。
寸は長さの単位だ平面とも捉えられる。斗は容量体積を表す単位、立体とも捉えられる。
地球のアセンションは平面意識から立体意識への移行とも考えられる。
統合意識とか集合意識とかいわれている意識領域の調整?みたいなものは
立体意識への進化を意味するのかもしれない。


関連記事


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

コメント

陰極まって陽となる

こんにちは♪
南西と桃太郎の読み解きに、深い考察もあってびっくり!です。
気学でも〈西南〉の方位になる二黒は象意に〈地球〉があり、
丸い団子は六白なので〈西北〉戌の方位。
材料が〈きび(雑穀)〉ならやはり二黒の象意。
昔の人は判ってたんだろうなぁ~と畏れにも似た思いがしました。
こうなると鬼も何か意味があるのでしょうか?

そして私もA4紙を折り折りして野火平原を再現(!?)
折るほどに陰陽ワールドが重なるのを見て、「うわぁ、ホントに多次元だぁ!」と実感。折りづらくなってだんだんブラックホール状態にw

混ざらないけど繋がっている宇宙の世界。
この発想は本当にすごいと思います。

そう言えば今は違うようですが、気学を母から学んだ時〈陰・(北)〉は下で〈陽・(南)〉は上でした。
太陽の動きが基本みたいです。
磁石や情報が今ほど普及してなかった時代、地軸や磁極がシフトしてもこれならOK!?なのかも。
コメントのタイトルは気学に出てくる私の好きな言葉です。

何かいつもまとまらないコメントですみません。

No title

ハクツルさま
102X年に朝廷に神祇伯が設置され、卜部、祝部、巫部、忌部を統一して独占的に我が国の古来からの科学を朝廷のみのための運用に変えた歴史があります。
そのため古来からの知恵は広まらなかったのだと思っています。
物質的進化のためには必要だったのかもしれませんが・・・

鬼についてはまだ定かではありませんが、やはり力体応用の基を示すものだと思います。

しかし野火平原の乱数、さっぱり?

No title

日本の歴史に神祇伯設置という事があったのですね。
知りませんでした。
物質的進化も必要だと私も思います。

「アオウエイ」の時には書きませんでしたが、chachaiさんの言うとおり
物事はいろんな面を持つので、出来るだけ客観的に、バランスのとれた見方を心掛けるようにしています。

そして、ブログにアップされていた指栓アオウエイで、ここ数カ月とくにひどかった私の耳鳴りが収まってきました。
今月などは仕事から帰った午後にお昼寝していて、余りの音量に目が覚めるほどでしたが、今は気にならずに過ごせます。
発声も変わり、声が伸びやかになったと感じます。コンプレックスだったのでうれしいです。
chachaiさん、ありがとうございます。

>野火平原の乱数
 とにかく折って体感しただけで・・・私もぜんぜんわかりません~。
 数字に弱いので、家計簿もおっつかない←
 

No title

chachaiさま。

ヲシテのコメントを書かせていただいていたら、こちらへ伺うことになりました。

桃太郎伝説、父の里が岡山なので。気になっている話の一つで先日
温羅(うら、 日本という意味の古語と同じ音)伝説です。

そして どの文献か失念しましたが、 日本には花桃しかなく、 じょうもん人(?)
が中国へ留学し、実のなる桃をお土産に貰った、という記事を読みました。

川から流れてきて生まれた桃太郎は 実のなる桃のことかな~
などと広がっています。

ふ~ん 。。。そうか~という気持ちです。

ありがとうございました。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。