スポンサーサイト

Amebaなう スポンサーサイトをはてなブックマークに追加
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

絶対的暦体

Amebaなう 絶対的暦体をはてなブックマークに追加
 
こんにちは
今日は普段使っている太陽暦や太陰暦に加え絶対暦みたいなものから

古代の王様のもっとも重要な仕事は暦の制定でした
それで、いろいろな観測データなども勘案して太陰暦や太陽暦が出来てきたわけです。
五元素に基ずく考えは暦にもあてはめられ暦体として「大安、仏滅」「24節季」など人々の生活に役立つように工夫されてきたわけです。これらの基本は干支(12支・10干)から来ており、特定のことを予測するときは陽占・陰占といって調べ方まで陰陽にわけ天地との相似性を高めて予測していたというのが本来の暦の利用方法でした。恋愛のための相性占いや、我田引水的に株価指数を予測するためだけのものではありません。 この手法は易にも使われ陽占・陰占は八卦を得る重要な手法です。

余談ですが国家が気候の予測データを握ることは重要な働きをもち、根源的な意味で民をコントロールすることが出来ます。人工的気象コントロールなど、あれこれやっている情報を耳にすると胸がいたみましたが、これからは愚の骨頂と云える世の中に代わってゆくようです。

 すでに効果が激減したので今回発表できるのですが、ある特別なところでは、こうした暦の働きに力体をあてはめて実際に力体が強く働く時と場所を予測したりと、一般には秘密にして特定の対象者の利益のためにやってきていました。参考ページ:幽と顕
力体とは 動・静・解・凝・引・弛・合・分 の8力をさします。この八力が実際に働いてなりたちがあるのです。 特定の組織では八力を五元素(五行)の相似として顕れる時と場所でもっとも有効なものを利用していたようです。封印には、特定の力体を強化することで大きく関与していたわけです。

この八力という力体は森羅万象に普遍的に働いていて 亀甲占い、管粥神事 など 有名な神事など フトマニ として残っている場合もあります。この一瞬にして力体が働き顕れる現象を フトマニ といいます
世にフトマニの用語の曲解の類が多いので正しい知識としておまけしときます。
言霊にもこのフトマニは大きく作用しているわけで、言葉の持つ力体の元になっているわけです。

また丁半博打などはこの 陰陽の極限の理を顕しているといいます。 歴史書にも宮中でサイコロ賭博が頻繁に行われていたことからでもうかがい知ることが出来ます。


さて本題です

物事には裏表、陰と陽、プラスとマイナス という考えは根元的要素としてアセンション後も変わらない様なのですが、どうやら絶対的暦体の要素が加わるような、すでに加わっているような そのような経過の中に森羅万象があるようです。 
そのため 従来の陽占・陰占だけでは 予測が外れるケースがどんどん出てくるわけです。
力体の当てはめも、メインとなる力体の及ぼす暦が従来のものから変わったので、正常には動作しなくなったのです。
絶対的暦体の具体的体系化は今後の研究を進めないと軽々に申し上げることはできませんが、今後の生活の根幹にかかわることが多いので近々に起きるであろう気候的予測を述べることとしました。

予測
一年を通じての陰陽のハタラキですが2012年は立春のころ陽のハタラキがもっと強くなり6月初旬ころから10月下旬まで停滞(エネルギーが弱い)するようです。
4月初旬より陰のハタラキが顕れ8月初旬にピークとなり明年1月から4か月間、停滞期に入ります。 現在1月は陰の力体が停滞期の最中です。
こうした絶対的暦体の力は地球の暦体にも大きく作用します。そのため今の冬は早く終わります。
農業などでは例年よりかなり早い作付が有効
になるでしょう。
8月が絶対的暦体では陰のピークとなるため、断言はできませんが冷害のおそれもあるわけです。あるいは水害の拡大もよそくされます。ですから収穫できる時期を7月下旬から8月初旬に早めた作付予測が成り立つわけです。短期栽培作物がもっとも適しているでしょう。

絶対的暦体には地球暦に対して若干のずれがあります。従来勘案されてきた太歳の運航とはちがってきています。
今後、こうした短期情報を上げ、皆様のお役に立てていただければと思っています。
予測はあくまで個人的研究に基ずくものです。
真偽については各々の判断に委ねられます。


以上取り急ぎ、他では得られないデータとして記事にしました。 

最後までお読みいただきありがとうございました。


関連記事


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

コメント

素晴らしい記事をありがとうございます。

ありがとうございます

時節柄どうしても紹介したくて、わかりずらい表現になってしまいましたが

Re: No title

temutemute さま

> http://homepage1.nifty.com/metatron/

> なんとなくchachaiさんや山田さん達と交流されると良い方なのでは、という気がいたしました。が、何分私には数学や物理や暦やその他いろいろな知識は何もなく、chachaiさんのような知識をお持ちで、(よい意味での)おせっかい気質をお持ち(とお見受けしました)の方に、まずは御判断いただくのがよいかと思い、コメントさせていただきました。

ありがとうございます。読んでみます。 ちらっとだけ見てもおもしろそうな記事がいっぱいですね。
相似性に対する記述は凄く参考になります。ダイレクトに実生活に役立ち得るものですから
でもむずかしい数式みたいなとこは苦手です。

はい おせっかい気質 あります。 というか自分が役に立つことを知らされたのなら人にも伝えるべきだと
得てきた知識などを大きく発揮して、いい世の中の役に立つ人が増えたらいいなー なんて考えています。

山田氏との面識はお互い最近ですが、随分古くからの付き合いみたいに思えます。


 

Re: タイトルなし

まう 様

> 病院の先生にも、耳鳴りの薬はないし、中々治るものでもない。と言われていたので、私もブログの記事みたいなればいいのになぁ?と思いました。
 
ステロイドの大量投与は避けたいですよね。

僕の記事でやってみても変化がなかったら、またご連絡ください。
やってみます。といってた方もその後音沙汰がないのは、ある程度変化があったのではないかと思っています。

僕自身もまだ左側で少し音声耳鳴が聴こえますが、以前ほどではなくなりました。
お経は減りましたね
どういったメカニズムでこうした音声耳鳴が聴こえるのか判らないのですが
きれいなミュージックのときは、ほっとしています

どうせ聞こえるのなら超高次元の声をと開き直っているのもいい結果を生んでいるのかもしれません。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。