スポンサーサイト

Amebaなう スポンサーサイトをはてなブックマークに追加
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

幽と顕

Amebaなう 幽と顕をはてなブックマークに追加
 
タイトルはいかにも難しそうなのですが

物事のには裏(幽)と表(顕)がある。実に単純明快です。

では物事の進行にも表(顕)と裏(幽)がある。少し複雑化します。

行事にも裏(幽)の行事と表(顕)の行事がある? まさか?
と思いませんか?

実は重要な儀式には表の儀式と裏の儀式があるのです。
オカルトめいてきましたね。

神社などのお祀りは 神様と真を釣り合わせる為に マツリ という言葉を使うそうです
表のマツリを顕祭、裏のマツリを幽祭といいます。

どこの神社でもこの顕祭と幽祭を行っているわけではありません。
秘密力体科学を超重要視するところでは行われているようです。
また、極めてまれに高次元意識体が行っている場合があります。

実はやんごとなき貴いお方の祀りには必ず顕祭と幽祭が行われています。

勘の鋭い方は幽をやっているのは「あれだ!」と思われる方もあるでしょう。

この方式、日本だけかといえば西洋でも行われています。

かのマザーテレサさんはこの方程式を御存じで
数々設立された団体の中に、活動に対し祈るためだけの団体もちゃんと設立されています。

こうした幽と顕という考え方は江戸後期 本田親徳(霊学中興の祖)という方が一般に明らかにされましたが
まだまだ、ご存じでない方が多いと思うので紹介しました。

この幽顕の方法論については具体的に見たわけでもないのではっきり申し上げることはできませんが
神秘科学という分野が応用されている世界もあるようです。

とはいえ 法則性が変わってきている現在、神秘科学での応用は????ですね。

しかし、祈りという裏でのハタラキこれは物事をうまく遂行してゆく上で重要ではないでしょうか。
陰と陽、静と動 の関係といってもいいと思います。

親しい方の結婚式など、どうしても参加したい行事がある、でもどうしても参加できない、でもうまくやってほしい密かに祈るなんてこともあると思います。
実は参加できないけど密かに成功を祈る というのは裏の世界でその行事に立派に参加しているのです。

物事は目に見える世界だけを追いがちですが、実は裏でもいろいろな意識が動いて成立しているのです。
だから強引に事をすすめるより多くの方の理解を深めてすすめるのは成功率が高いのです。


昨日より 祈り ということを考えていて、祈りにはこうした働きもあるということを知っていただきたく記事にしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。











関連記事


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

コメント

チャクラ

こんばんは。

いつも色々質問させていただいてすみません。

個人的なことですが、2年前楽器の知人を見送りました。
家が比較的近かったので、お茶を飲んだりしたいなと思いつつ勇気がなく声を掛けずにいたら再発した病気で急逝してしまいました。

かなり悔やんだことでしたので失礼を承知で自分のやりたいようにやっております。

私はもうちょっと言を慎んだほうがよいのでしょう。
ひょっとしたらちゃちゃいさんはそうおっしゃりたいのかなと私の中では感じています。

件のチャクラなんですが、去年の6月、そして今と、額の間がじわりと痛くて鼻炎が先週から出ています。
額のチャクラと関係あるような気もするのですが、いのでちょっと聞いてみたかったのです。

あと、3日の夕方、2回胸の間が痛くなり、2回目は心拍数が上がって横になりました。
私は今までそのような経験がないので戸惑っています。

もしよかったらお話を聞かせていただきたいと思います。
関心がなければ、それはそれで構いません。聞き流してください。

私はちゃちゃいさんのことが好きです。自分にはない強さを持っているから。小指の話面白かったです。

長文お読みくださってありがとうございました。それでは。

亡くなられた方に対してはあまり執着しないほうが その方のためになります
淡い思い出だけ大切にすべきだと

おそらく お気づきとは思いますが写真だけでもエネルギーみたいな波動なのかよくわかりませんが伝わります

その方の死後の安寧を祈るのは構いませんが呼び戻すような想いはよくありません ご当人でなければわからない心情なので僕がこれ以上つっこむ必要はないかと

額がいたいという現象は体験がありません にたようなもので ヒリヒリしたり内側から開くような力がかかるというのは体験がありますが

胸は痛いという感覚があっても高次元と繋がっているという実感はあまりないように思います ただそうした折り 心境や物事に対する感想なんかをメモしておいて後で読み返すと 別の人が書いたのではないかと思うことがあります

僕の感覚は頭の上の空間にもなんかパカッとした感じの時がバッチリみたいなんですが滅多にありません

僕は実験がすきです
観念だけの話しはにがてで具体的に今の状況や閃きをメモなどして論理を探してゆくみたいが好きです

鼻炎などは顎の関節も関係してるみたいですから 大きく口を開ける運動も効果があるかと
手足は指の第一関節から先端がリフレクソロジーの反射区です 軽い刺激もよいかと

発熱などを伴うときは 医師と相談することが必要な場合があります

言葉に関して僕はせんさまから 変なのかんじませんよ むしろ自然だと

ちょい疲れてるのかな
そうゆうときって やけに気を使うときありますね
僕もよくあります

3の次は0 と“縮み”

幽と顕はじめて知りました。

物事って表と裏両方があるんですよね。両方大事なんだと思います。
当たり前のようでいて日常で見逃しがち、気づくと一歩進めた気分になります。

友人が言っていました。「物が無くなる時は3の次は0だと思う。1と1が存在していて、それが存在する空間が1。だから無くなる時は、3から0になる。2というのは無い。」
なるほどと感心しました。
存在する空間とは、山田さんの言うエーテルでしょうか。

でももしかしたら、1と1は表と裏のようにくっついている場合もあるのかな?それなら2もありかな?と考えてみたり。

最近気づいたコト。起き抜けなどに“伸び”ってしますよね。そしたら今度は、ストローの蛇腹をイメージして背骨を縮ませてみると、いい感じです。中庸の位置が分かるような(笑)

re 3の次は0 と“縮み”

つぶ様

うわー!
またむずかしいこといってボリボリ

>物が無くなる時は3の次は0
暦の事やってるといきなりはないんだよなー。
急激はあるけど・・・
連続性みたいな気がします。
そうゆう法則性があるような気がします。

さっきまで挑戦してて諦めたんだけど
256マスの数値をグラフ化できないかと
でもちょいわかったのは波打ってる感じがする
どうしたら簡単に立体グラフ化できるか悩んでます。

>存在する空間とは、山田さんの言うエーテルでしょうか
西洋的表現はまだわかりずらいんです。
僕のおもってるエーテルは実際に見えるオーラのことで
体の表面に5ミリから8ミリくらいみえる煙草の煙みたいな色の光です。
景色でいうと山の輪郭と空との隙間の透明な箇所みたいな感じです。
今度、山田氏と会ったとき認識の統一をしておきます。

>1と1は表と裏のようにくっついている場合もあるのかな?
皮膚を境界と考えると人体にはあります。健全領域のエーテル体は厚く不健全の処は厚みが薄かったり認識しずらかったりします。

>起き抜けなどに“伸び”ってしますよね。そしたら今度は、ストローの蛇腹をイメージして背骨を縮ませてみると、いい感じです。
これ整体の先生方がやる手品みたいなものの基本原理
プロじゃないので、うる覚えだけど、左右の腕の長さ変えたり足の長さ変えたりできるよ。反作用の応用より、仰向けに寝転がって他人に首とか方とか足とか真っ直ぐな線上の位置を教えてもらうといいよ。
びっくりするくらい歪んでいるから・・・
畳の縁とかに寝転がって正しい直線を教えてもらうといい。それだけでもかなり効果の高い整体になります。肩はいかりかたの方を下げてもらいます。簡単に誰でもできる整体法なので記憶にとどめておいていただければと
ただし強引に動かすのは厳禁です。 最初他人様で観察するとよくわかるよ。
掛け軸をきちんと垂らす みたいな感覚です。




あはは

この話、とってもピュアな友人の語りなんです。
暦の場合はこの3の塊を1つと考えてるのかも?しれないですね。分からないけれど。

256マスの数値のグラフ化は、何を目的としてますか?それによって変わりそうです。暦とかだと私にはサッパリ。ちょっと興味あるので教えてくださいませ。

健全領域のエーテル体は厚いで納得したことがあります。自分の身体の部分で、調子が整って来たところは無駄毛が薄くなってくるんです。あくまで自分の身体の中での比較で、他人の毛深さとの比較じゃないですよ。
エーテル体が守ってくれるから毛深くする必要が減るのかなと思いました。
ちなみに五芒星をイメージしてから、難関ハードルとして抱えていた下半身が改善しつつあって、弁慶の泣き所辺りの左足の無駄毛が薄くなって来ています。やったぁ!ということは、私は頭→左足→・・の制御順が主なのかしら?昨日からやけに左肩が凝ります。早く右足も改善するといいな。

畳の縁とかに寝転がっての下り、夫婦で試してみます。私は身体の内部感覚で歪みに気づいていくことと、動的な中でのバランスを大切にしていますが、気づきの初期や、客観的な歪みの確認には有効だと思いました。

オーラを景色でいうと山の輪郭と空との隙間の透明な箇所、詩的ですね~!あれは本当にオーラなんですか?それとも例えですか? 

No title

つぶ様

3が0の話、具体的に話していただけませんか 絵 が描けない。

プリズムの原理でもあり得ないし、唄だとありか?
1.9999はどこまでも2に近ずくけど2ではない。
でも2は存在してて・・・ スパークが近い
易学で数の説明がありますが、僕の組み立てた論理に成立しないので
数の話はしないようにしています。数は陰陽では語れないのでは・・・・
せいぜい、偶数と奇数までですね。
ヒフミヨの話とかイロハのはなしとかまことしやかに書いてあるのを見るけど
あっ!これ!っていう感覚のがみつからないので残念です。
今の処、数は連続波型の絵を書いて、山の数を数えるみたいな感覚かなって思っています。アナログなんですわ。
それで123というアラビヤ数字を使うのを減らしています。子丑寅みたいな符号の方が僕には便利です。でも逆に「むずかしい」といわれるんですが、当人はいたって判りやすいと思っているのです。

3が0活かせる論理だといいですね。

グラフは作ってみたけど目新しい図形はありませんでした。
あの折り紙論理(256)を証明できる手立てが見つかるといいんだけど
はっきしいって、まったくわからない。

>昨日からやけに左肩が凝ります
右足首かな?
過去に怪我などあると出やすいです。
あまり辛かったら足湯するといいかも
大概の処は自分で調整可能ですが骨盤とかはむずかしいです。
僕はいまでも月一調整してもらいます。
おまけ話
骨格は絶えず動いていて、極端な場合を除いて毎回歪んでいるのが普通なんです。とはいえ修正すると楽になります。体癖といって個人個人いろいろな条件で歪みやすい方向性があるようです。歪みが出ないからだは死体だそうです。

山に見えるのは実際はオーラではありません。例えです。
輪郭には必ずあるけどね。でも大小あって・・・
僕も名前は知りません。

No title

つぶ様

人体には過去に怪我などあるとその箇所が記憶をしています。整体用語では硬結といって人によってはほんとに硬い場合やふにゅっとした感じで大きさも0.3ミリ大から5ミリ大までさまざまです。 もし見つかったら、そっと手をあて観察するみたいにしてください強く押したり揉んだりではなくなりません。
たぶん意識の塊だと思うのですが・・・
整体の先生は呼吸を使ってコウケツのある個所に手を触れるだけです。
足首に見つかって肩が痛い時はそうしたことだけでも楽になること多いです。
素人だと消すのは難しいですが、効果はあります

素数?

右足の故障を言い当てるなんて流石です!足首に近いですが、自転車で転んだ時に足の甲の外側を怪我しました。肩凝りは昨日より楽になりました。凝っている時は、うつ伏せに寝ていれば、ちび達が背中に乗ってはジャンプを繰り返して、自動マッサージ(笑)

硬結という言葉は初めて聞きました。そういうのふたつくらいあると思います。後で確かめて、手をあて観察してみます。今まで揉んだりしたことありますが確かに消えませんでした。意識の塊・・・なるほど。女性としては消えてくれた方が嬉しいんですけど難しそうですね。

歪みと言うと聞こえがいまいちですが、あるブロガーさんは、揺らぎが無くなればそれは死だと書いていました。意味は同じですね。

さて、3が0の話は、友人の言葉に私の解釈が入ります。友人はモノは1だけでは存在し得ないという前提に立っているようです。存在は1対1、さらに存在する空間というか場としての1、これではじめて存在し得る。だから、物がなくなる時は、3の次は0だと。ここから私の解釈ですが、1対1でなければ存在出来ない可能性も分かるけれど、1と1が表裏のようにくっついて1として存在することはあり得るのじゃないかと思ったのです。ですから私の推論では、2の次が0も成り立つかなと。ここまでが昨日のコメントを詳しくした話です。

で・・今日(ただの数字遊びかもしれませんが)これって素数に関係してたりして!なんて勝手な発想。山田さんの素数こそ本物の数字でどうとかいう昔の記事のことを考えていたので・・・。
早速、素数をWikiで調べたら、こんなん出ました〜。→自然数を渦巻状に並べていき、素数だけを黒く塗ったもの。特徴的な模様が見える。(ウラムの螺旋)http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/69/Ulam_1.png
活かせる論理でも証明できる手立てでもないかもしれませんが、256の次元宇宙の数字の素数だけを黒く塗ってみたい♪と思っちゃいました。でもまだやっていません(笑)

No title

やっぱり 足首だった
いけませーん(勝手に自分にいっている文句です) 意識だけで遠隔治療領域に・・・
コウケツは手を触れていると心臓の鼓動かな?って思うけど
周期が違うので別のものだとわかります。
それがわかるようになったら、その鼓動を手で見てあげるだけでいいんですよ。
必ず消えます。

30はも少しじっくり思考します。30感覚はぼくも経験あります。わかりました。
20ですね。

256皆で育ててゆけたらと思います こじつけじゃなく、これこれ みたいな・・・
素数は思いつかなかったです。 また教えてください。

訂正?補足?

3→0について考えながら山田さんのブログを見ていました。
http://keinudidio.blog.fc2.com/blog-date-201107-0.html
http://keinudidio.blog.fc2.com/blog-date-201109-5.html

引用1
『「上向きの粒子がある」は光。そして「ペアである下向きの粒子」は闇。
想念で物質は作られる。
思考には必ず光と闇があり、それがまとまり結論が生み出されるとそれが想念。
故に脳から造り出される物質、又は、変容される物質は必ず上下ペアとなり、
光と闇のコントラストを織り成す。
しかし、創造神の造られた、原始物質はその限りではない。
また、波動とは脳内で作られた想念の伝達であり、故に
「光速を超える」と思考すれば、その伝達は光速さえ超えるのである。
そして光速を超えた時、その想念の対象物質はペアの向きが変わり、
変容=異なる物質に変化するのである。』

引用2
創造神が造った15の物質があり、それが集まると重力が発生する。
その重力により意識が起こり、その意識が更に物質を作ってゆく。

引用3
素数とは万物の素。物質そのものである。
2→H
3→He
5→Li
7→Be
11→ホウ素  等々
現元素周期表の各々質量はあくまで2次元からの観測によるもので、次元パラドクスと
シュレーディンガー係数を加味しなくては真実は見えてこない。
中性子は予想されているもののうち、殆どが質量半分で再計算されなければならない。
例えば、
He 陽子2、中性子2 → 2+(2*0.5)= 3
Li  陽子3、中性子4 → 3+(4*0.5)= 5
Be 陽子5、中性子4 → 5+(4*0.5)= 7
などである。
アカデミーでは中性子存在の仮説から50年以上経過した今でも中性子は発見されておらず、
原子量は仮説のまま全ての計算に使用されているのである。

結論、「物質は全て素数で置き換えられる。」のである。

(引用終わり)

なので、ある意味友人の語った3は当たり。
でも「創造神の造られた、原始物質はその限りではない。」のであれば2も当たり。
ただし物質を語る上では、エーテルをカウントしないから、
たぶん2→0または1→0が正解?
でも時空に必ずエーテルはある訳だから、
無になる時の考察としては、やはり3または2が正解なのかな?

という訳で頭の中がこんがらがっているのでした。
知りたいのは、「物質は全て素数で置き換えられる。」
これを証明する話として、エスパーの方が真実を見ていたとしか
説明されていないので、高次元の話を信じるしかないという証明しか出来ないのか?
(再新記事の、もうこれ以上解らないということを解る、にも通じるような・・・)
それともこの後の記事に書かれている、もしくはこれから書かれるのでしょうか?

あと、私が理解出来ていなくて矛盾を感じるのは、
「物質は全て素数で置き換えられる。」はずなのに、

また引用です↓
それより素数の間の整数が何を意味するかお教えしましょう。
重力等力線上(等圧線の重力判)に素数(物質)が並ぶわけですけど、
重力密度が高まるに従い、質量の大きい物質が集まるのです。
要は質量の重い物質ほど次元が高いのです。
そして素数と素数の間の整数の最高位が変質最高位物質です。

とあるのはなぜ?!

も、もう、これ以上脳味噌が無理です。。。。。

山田さんに質問するべきなのでしょうか。でもあんまり過去記事すぎて。
3→0の話からずるずるすべってすみません。

それと、次元宇宙の表と素数は関係無いかもですね。夜中に試しに色塗りしてみたんです。
綺麗は綺麗でしたが意味は見つからず。ただの遊びになっちゃいました(笑)
chachaiさんのように、陰陽五行とか、別の角度の知識から検証しないと
迷路に迷ってしまうのかもしれません。

No title

>質量の重い物質ほど次元が高い
鎮魂帰神の正式な方法に石を使うやり方があって、鎮魂者の意識の状態によって石の重さが変わります。具体的化学立証がむずかしいのですが、ある方にプレゼントした石が重さが、その後、違う重さの感覚を得たという経験が何度かあります。原子構造だけでは説明のつかない質量はあるのでは・・
>素数と素数の間の整数の最高位が変質最高位物質
霊的トップシークレットクラスの物質のようなものが・・
賢者の石とかオリハルコンとか

>別の角度の知識から検証しないと 迷路に迷ってしまう
ほんとにそのとおり
でも、山田氏のかなり高い的中率で中途半端知識の僕でも時折、証明ができちゃうんですよ。
あれが不思議なんだ。
正解を云ってるから当たるのは当然と云ってしまうこともできるんですが・・・
でも中には他の信頼できる情報と食い違うことも会って アトランティス の年数などはかなり食い違っている。あのあたりもロジックがあるのだと

あ~そっか!

お返事読んでやっと分かりました、なんとなく。
ありがとうございます。長々コメントにお付き合いいただき助かりました。
かなり基本的なところを私分かっていませんでした。

石の話はchachaiさんやはりマニアックですね☆

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。