スポンサーサイト

Amebaなう スポンサーサイトをはてなブックマークに追加
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

陰陽三元構造電池編5その後のその後のその後 クーちゃんメタボでごめん

Amebaなう 陰陽三元構造電池編5その後のその後のその後 クーちゃんメタボでごめんをはてなブックマークに追加
 
jikkennmitumerukuchan.jpg
陰陽三元構造電池実験5 クーが見守る中新タイプ実験開始
陰陽三元構造電池編5その後 クーちゃんはお休み中
陰陽三元構造電池編5その後のその後 クーちゃんも登場
の実験データを引き続き取得毎にアップしています。

8月7日 
AM:6:30 曇りj
+++~---間 4.91v(1.193v、1.22い5v、1.270v、1.220v)
+-+~--ー間 1.581v(1.455v、1.009v、-0.765v、-120mv)
+-+~--+間 1.414v(1.410v、330mv、89mv、-251mv) 
+++~--+間 3.329v(0.948v0、1.165v、-186mv、1.353v)
+-+~+++間 4.75v(1.056v、0.988v、1.254v、1.392v)
---~--+間 158mv(-0.938v、0.928v、-0.947v、1.111v)
()内電圧総和は変動が激しいので4個直列の値と一致しません。

予測より一日早い充電アップ状態になりました。
昨日1.5v以上の過充電状態だったところは1.455vに下がりました。
一時的な急速充電状態の様な電位だったようです。
この後も注意深く実験体を観察してゆきます。

しかしこの回路の動きが今後も続くとしたら、相似的な磁石配列はモノポール磁石を産む可能性も出てきました。
当初わけもわからず、測定もせずに少し充電したら、すぐiPhoneの電源、使えなくなったら、また回路に戻すという作業を繰り返していたら、いつの間にか固定したあべこべ電池が出来ていたのですが、現在の電池の状態を観察すると、マイナス電位はプラス電位と交互に現れ固定したマイナス電池ができる可能性は低いようです。ですが実験はまだ中途です。限定はできません。
仮にモノポール磁石を任意に得ることが出来たら・・・
実験はまた次の実験を産んでゆく。しかし面白い世界です。

以前クライン巻コイルによるモノポール磁石の製造は失敗したのですが、
構造的な部分の改良でもしかしたら可能かもしれないと思い始めています。
しばらくは、その構想に思いが飛びそうです。

微妙な電位の増幅体の形成が可能であれば、清家博士が提唱した200ターンという数より少ない巻き数で可能かもしれません。微細な交流電流は超電導状態のクライン巻コイルによって磁気を蓄積できるかもしれない。
何れにせよ、今回の測定は既存の論理では見つけられなかった ある存在について証明の材料になることはまちがいないでしょう。回転延長実験で体験した説明のつかない状態の解明にもつながるはずです。

そのある物は特殊な状態で現れる 説明のつかない物理現象で推測する他はないのですが・・・・
法則性や発生する物理性質がはっきりすれば、色々な不可解な現象を紐解く事ができるかもしれません。
陰陽三元構造はそうした未知の物理法則発見の糸口になるのは、まちがいないでしょう。

厳然たる物理性質を持つあるものは こうした特殊回路にも惑星の自転にもはては銀河の形成にも大きさにかかわらず同様に作用している。今はその程度の推論で留まっているのですが・・・
まさか自分のようなものが、そのようなことを具体的実験体を通じ考える事になるとは
いやはや、事実は小説よりも奇なり!ですな。


AM:10:00 晴れ
+++~---間 4.91v(1.192v、1.224v、1.265v、1.218v)
+-+~--ー間 1.583v(1.455v、1.009v、-0.767v、-110mv)
+-+~--+間 1.244v(1.365v、289mv、-30mv、-281mv) 
+++~--+間 3.311v(0.995v0、1.163v、-192mv、1.307v)
+-+~+++間 4.55v(1.062v、0.994v、1.112v、1.393v)
---~--+間 249mv(-0.905v、0.939v、-0.904v、1.125v)
()内電圧総和は変動が激しいので4個直列の値と一致しません。

やはり昼間はマイナス電位が縮小します。
メインと目論んだ+++~---間は夜のマイナス電位が大きくなおる時の方が電位が上がるのは確定的かもしれません。
月の重力的影響があるとしたら潮の干満も相似で現れているはずです。
私の家から最も近い富山湾の本日の干満です。
満潮3:41、14:05 干潮8:04、21:35
深夜は無理かもしれませんが、干満に合わせた測定も試みるべきですね。
重力的影響を測る指針になりそうです。

AM:10:00 晴れ
+++~---間 4.91v(1.192v、1.224v、1.265v、1.218v)
+-+~--ー間 1.583v(1.455v、1.009v、-0.767v、-110mv)
+-+~--+間 1.244v(1.365v、289mv、-30mv、-281mv) 
+++~--+間 3.311v(0.995v0、1.163v、-192mv、1.307v)
+-+~+++間 4.55v(1.062v、0.994v、1.112v、1.393v)
---~--+間 249mv(-0.905v、0.939v、-0.904v、1.145v)
()内電圧総和は変動が激しいので4個直列の値と一致しません。

測定間隔が短いのですが、潮の干満の中間ポイントとして測定しました。

PM:2:00 晴れ
+++~---間 4.91v(1.190v、1.222v、1.295v、1.217v)
+-+~--ー間 1.570v(1.455v、1.000v、-0.777v、-109mv)
+-+~--+間 1.284v(1.387v、302mv、88mv、-256mv) 
+++~--+間 3.321v(0.997v0、1.163v、-146mv、1.303v)
+-+~+++間 4.65v(1.057v、0.997v、1.389v、1.392v)
---~--+間 290mv(-0.867v、0.948v、-0.888v、1.146v)
()内電圧総和は変動が激しいので4個直列合計値とは一致しません。

満潮時と合わせて測定しましたがどうなんだろう?
pm9:30
+++~---間 4.89v(1.187v、1.218v、1.259v、1.214v)
+-+~--ー間 1.561v(1.454v、0.958v、-0.753v、-97mv)
+-+~--+間4.89v(1.187v、1.218v、1.259v、1.214v)
+-+~--ー間 1.561v(1.454v、0.958v、-0.753v、-97mv)
+-+~--+間 1.167v(1.349v、-280mv、-9mv、-273mv) 
+++~--+間 3.388v(1.005v0、1.163v、-174mv、1.371v)
+-+~+++間 4.53v(1.065v、1.004v、1.383v、1.377v)
---~--+間 343mv(-0.876v、0.948v、-0.875v、1.152v)
()内電圧総和は変動が激しいので4個直列合計値とは一致しません。

何ともコメントのしようがないデータが続きます。
現在、干潮のはずですがデーターは上がっています。
光電池の時もそうだったんですが+++〜--+間のデーターはメインとしている+++〜---間に次ぐ電位の高さなんですが、どちらが再生に優位な電圧なのかわから辛い時があります。
しかし光ばかりの影響とは言えないと思いますが・・・・

8月8日 旧暦7/2 丙午
満潮 4:02 、14:45
干潮 8:48 、22:08

AM6:30
+++~---間 4.90v(1.189v、1.220v、1.273v、1.216v)
+-+~--ー間 1.352v(1.455v、0.946v、-0.675v、-120mv)
+-+~--+間 1.318v(1.260v、125mv、93mv、-238mv) 
+++~--+間 3.321v(0.996v、1.164v、-153mv、1.338v)
+-+~+++間 4.69v(1.061v、0.998v、1.200v、1.311v)
---~--+間 250mv(-0.906v、0.923v、-0.911v、1.141v)
()内電圧総和は変動が激しいので4個直列合計値とは一致しません。

さて、私の予測では今日の午後より上昇傾向に転じると思っているのですが、いかになりますやら
昨日の朝のデータと比べると今朝は全体にエネルギーレベルが下がっているようにみえます。
果たして重力の影響は解析できるでしょうか。


368mv(-0.854v、0.923v、-0.865v、1.157v)
()内電圧総和は変動が激しいので4個直列合計値とは一致しません。

計測中にも大きな変動が起きているようです。1.4v1.3v台の電圧の復活がめざましいです。
記録エラーが出ているようです。ノートへの記録も必要なようです。復旧できないのが残念。

私の考えの中では、この回路はフリーエネルギー回路であろうと思っているのですが、1.4v台の電池が4個産まれれば確定的なものになります。
しかし期待とは裏腹に上がったり下がったり
一喜一憂しないように心掛けるのですが、このデーターの変わり用は やはり一喜一憂を誘います。

PM0:00
+++~---間 4.88v(1.187v、1.217v、1.258v、1.213v)
+-+~--ー間 1.497v(1.454v、0.942v、-0.792v、-105mv)
+-+~--+間 1.090v(1.472v、-150mv、98mv、-235mv) 
+++~--+間 3.381v(0.986v、1.164v、-133mv、1.384v)
+-+~+++間 4.47v(1.065v、1.008v、1.394v、1.353v)
---~--+間 0.419v(-0.019v、0.935v、-0.870v、1.161v)

午後三時になり部分的に測定したのですが干満の中間ポイントで下がるような、まだ確定ではありませんが
全体として下がっているようです。
はっきりはしませんが、 満潮と干潮時は斥力と引力の相似とも考えられるのではないかと
そのように推測すると、電圧上昇の2面性について説明がつく ふとそのように考えました。
しばらく後にデータをアップの予定です。

pm7:00曇
+++~---間 4.87v(1.187v、1.217v、1.258v、1.212v)
+-+~--ー間 1.558v(1.455v、0.949v、-0.768v、-69mv)
+-+~--+間 1.090v(1.472v、-150mv、98mv、-235mv) 
+++~--+間 3.301v(0.903v、1.165v、-136mv、1.337v)
+-+~+++間 4.57v(1.064v、1.011v、1.074v、1.350v)
---~--+間 0.320v(-0.875v、0.916v、-0.879v、1.155v)

低迷というか減衰しているような気がしますが、どうしたのでしょうか?
上がらないと つまらないですねー。

素粒子についてちょい調べて見ました。
光子とかクオークとかいくつもあるとされています。
そうした素粒子を調べていると±2/3だけ電荷を持つものとか-1/3だけ電荷を持つものとかいろいろあって
陰陽三元構造電池回路はそうした素粒子の中で4種類の素粒子とは相似なのでしょうか
というのも2/3だとか1/3という割合は集中させた電極と同じ割合だからです。
実験体の実際は4個の電池を一辺として結合しています。
ところが、プラス電位マイナス電位とも高いものは一辺の端に発生しています。
また発生の仕方もそれぞれ特徴的で
安定したもの不安定なもの中央よりの電池と電気を入れ替えるかのように変化しているもの等
各三極集合点によって特徴が出てきています。
電荷の比率と考えるとそれぞれの極に相応しい素粒子を集めているとも考えられます。

現在、午後10時50分
疲れているのので部分適測定をしました
むふふふふ、+--〜+++
間の電池が一瞬ですが1.5v以上の電位を示します。
夢なら冷めないで〜

今度は高効率残留電気移動実験というネーミングで実験普及かも
残留電気がその総量よりも大きくなる
極めて楽しい実験です。
しかしまだ一喜一憂のようです。しかしこの回路は考えられない動作です。

突拍子もない時高い電圧が一部に現れる そして収束する現象はどう捉えるべきなのでしょう?
あるものの回転と捉えていましたが、あるものの磁界効果による電気の発生とも捉えることができます。
他にも考え方があるだろうか?
話は変わりますが、この実験を始めてから自分自身の帯電も大きくて
ビニール袋を割くと必ず体にくっついてきます。電気人間になってしまうのでしょうか?
関連記事


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。