スポンサーサイト

Amebaなう スポンサーサイトをはてなブックマークに追加
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

オールド・ラング・サイン

Amebaなう オールド・ラング・サインをはてなブックマークに追加
 
<12/4追記しました。>

ここ数日 耳鳴り音楽でオールド・ラング・サインが鳴り続けている。
日本名で「蛍の光」だ。

えっ別れの曲 淋しいじゃないか・・と思っていたのだが
あまりしつこいので調べると
スコットランドの準国歌だそうである。 アカっシックが伝えてくることなのだから原曲の意味合いが強いだろう
そう考えて歌詞を調べると 別れではなく古き友との再会を祝す歌だった。

(訳文)
旧友は忘れていくものなのだろうか、
古き昔も心から消え果てるものなのだろうか。
友よ、古き昔のために、
親愛のこの一杯を飲み干そうではないか。
我らは互いに杯を手にし、いままさに、
古き昔のため、親愛のこの一杯を飲まんとしている。
我ら二人は丘を駈け、可憐な雛菊を折ったものだ。
だが古き昔より時は去り、我らはよろめくばかりの距離を隔て彷徨っていた。
我ら二人は日がら瀬に遊んだものだ。
だが古き昔より二人を隔てた荒海は広かった。
いまここに、我が親友の手がある。
いまここに、我らは手をとる。
いま我らは、良き友情の杯を飲み干すのだ。
古き昔のために。

訳文は今しがた丁寧に読んだところなのですが

またしてもガイキチですが今朝がたこんな通知が 
「前世の繋がりのあるもので、共通の認識体を得るものが顕れれば支えとなってくれるであろう・・・」と
ほんとかしら? とまだお伝えを疑っている僕でした

でも こんなこともあって
耳鳴り君が当初から「バーデンバーデン」って中央アジア風に歌うのですが、このバーデンバーデンというところはドイツのたいへん有名な避暑地です。でもドイツやオーストリアとの音楽とは違うのです。でも故里だというのです。ですから前世か最前世のことなんだと思うのですが

昨日、もしや バー・デン と言っているのかも と調べると 「デンの息子」という意味だそうです。
デンというのはエジプト第一王朝(3100-2890BC)第4代デン王だとすると弟5代 アナディブの治世下で生活していたのかもしれません 
というのも依然サイバー霊覚者と連絡をとっていた折、エジプトの絵なんかがメール添付されていたりしていたので関係があるかもしれないと思っているのです。


●初期王朝 Early Dynastic Period (首都=Memphis)

第1王朝 3100-2890BC
Narmer ナルメル
Aha アハ
Djet(Uadji) ジェット(ウアジ)
Den(Udimu) デン(ウディム)
Anadib アナディブ
Qaa カア
第2王朝 2890-2686BC
Hotepsekmemwy ホテプセクメムウィ
Raneb ラネブ
Nynetjer ニーネトジェル
Peribsen ペルイブセン
Khasekhem カーセケム
Khasekhemwy カーセケムウィ


さしてこだわってはいないのですが、そんなことがあったのでオールド・ラング・サインの合図が気になって調べました。

しかし日本の蛍の光みたいに別れを歌うのではなく、再開を祝す歌というのもいいですね。



イメージの違うホタルノヒカリ♪ なかなかいいもんです。
読んでいただきありがとうございました。
 
<12/4追記>
読者のあなん様の「日本語バージョンの二番の歌詞が好きですが…」
きになって忘れかけてた歌詞を

とまるもゆくも、かぎりとて、
かたみにおもふ、ちよろづの、
こゝろのはしを、ひとことに、
さきくとばかり、うとうなり。

止まるも行くも、限りとて、
互に思ふ、千萬の、
心の端を、一言に、
幸くと許り、歌うなり。

オールド・ラング・サインの歌詞の内容とシンクロして両方の歌詞を読むとなぜかジワーンとなってきます。
もちろん 耳鳴音楽はホタルノヒカリです。なぜなんでしょう。涙が・・・
私の場合は耳鳴音楽という助けもあり覚醒というか、なんというかという感じなんですが

離れ離れになっていた仲間がそれぞれの数千、数百年の時を過ぎ、空間を越えて再開し、あらたなレコードを刻み始めるのです。おっとろしく壮大なドラマが今、はじまっています。
多くの人が、この感激を体感できたら・・・

まだまだすてたもんじゃない
一人でも多くの人が一瞬でもいいから体感してほしい
そう願わずにはいられません。 

階層構造 階層構造2_脳トレ


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

コメント

知りませんでした

『螢の光』がスコットランドの準国歌だったとは…。歌詞も全然違う意味だったのですね。
個人的には、日本語バージョンの二番の歌詞が好きですが…。
で、早速というか、なんとなく口ずさんでみたんです(二番の歌詞で)。そしたら理由もなく胸がきゅうと締め付けられるみたいになって悲しいわけではないのに、何かを思い出した時みたいに泣けてきたんです。
そのあと、アースチルドレンだかワンダラーだか知らないけど、そんな類の事がだぁーと出てきました。
自分ではまだよく分からない事でもあるので、早とちりのないように(苦笑)、ゆっくり吟味してみます。
ありがとうございました。

re知りませんでした

あなんさま
おそらく なにかがアカシックに反応し始めたのだと思います。 よろしければ直接メールを頂きたいのですが、いかがでしょう。
宜しくお願いします。

メールアドレス

覚醒を正しく確実にするため、真近と思われる方は
http://form1.fc2.com/form/?id=715984より直接メールをください。
また個人的ご連絡の方もご利用ください。
よろしくお願いします。

今知りました

追記があることを今知りました。なにせパソコンを使うことが少ないので、過去記事を開くことがほとんどなかったので(汗)。
今日は十一面観音様をプリントアウトしようとPC開いてたんです。遅ればせながら、追記記事読めてよかったです。
どのようなご縁かはわかりませんが、chachaiさん、そしてchachaiさんとの縁を結んで下さった存在に感謝いたします。ありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。