スポンサーサイト

Amebaなう スポンサーサイトをはてなブックマークに追加
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

希望的 高効率回転実験が産む経済効果

Amebaなう 希望的  高効率回転実験が産む経済効果をはてなブックマークに追加
 
こんにちは

磁界実験のすすめに記載している妄想的経済効果なんですが、高効率磁界実験が広がると現在の経済政策とは真逆のデフレの要因となるように思えます。
ですが、高効率磁界実験効果の場合、少し違うような気がします。これは燃費効率UPや電気効率UPが起きることによって浮いたお金が不足する家計に回されるということで、末端の庶民はトータル支出は変わらないのではないでしょうか。普段経済学みたいなものにはとんと縁なしなんですが 10/8に改変されるというドル札がなぜか気になって調べていたらエコノミストの中にも日本経済はデフレが好結果を生むという意見もあるようです。
当初実験が進めば、その恩恵は庶民のものになります。
次に気がついた経済界の大きな利益につながります。
国家の税収は莫大なものになるでしょう
原油輸入量の減少に伴って競争原理から値下げが必定になります。
実態の伴わない先物市場が崩れます
またさらに全体のエネルギー価格は下がります
ここでエネルギー価格が下がることでさらに企業は利益を得ます

とま〜 取らぬ狸の皮算用をして見るのですが、
末端庶民が先に恩恵を受ける高効率回転実験は従来のデフレとは随分、質の違うものになると思うのですが

まあ素人考えだからどうなんでしょう
関連記事


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。