スポンサーサイト

Amebaなう スポンサーサイトをはてなブックマークに追加
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

覚書

Amebaなう 覚書をはてなブックマークに追加
 
6/11陰陽 立体の原点文末に追記しました。


みなさまこんにちは

過去記事の書き込みの中で検索されていることがあって
何かの参考になればと



覚書
ダウジング(Wiki)
ダウジング(Dowsing)は、地下水や貴金属の鉱脈など隠れた物を、棒や振り子などの装置の動きによって見つける手法。振り子を使う場合は、ラジエスセシア (radiesthesia)とも呼ぶ。主な種類はペンデュラム・ダウジング(振り子)、ロッド・ダウジング(L字形・Y字形の棒)等がある。
1967年頃、ベトナム戦争で地雷の探知に使われ、地雷による犠牲者が飛躍的に減少したというニュースが、1967年11月付けのニューヨーク・タイムズ紙に取り上げられ、これを契機にダウジングが広く世界中に知れ渡るようになった。
1973年(昭和48年)12月からしばらくの間、武蔵村山市の水道担当部署では水道管について知識及び経験が豊富な職員が武蔵村山市の組織とは無関係で個人の考えでLロッドを使い古い水道管を探していた[3]。
1994年(平成6年)、日本において科学者及び技術者らがグループとなり、L字型棒による探索法についての検証、追試実験を行った結果、地中にある埋設物の検出能力は全く示されない事を学会において発表。
水脈のダウジングが一般的だが、ダウジングには文化的な嗜好も見られる。
ドイツやその周辺国では、いわゆる「地震波(earth-rays)」を探索するのに用いるのが一般的である。地震波は地底深くから放射されると考えられ、地震波の発生源となるホットスポットの上では、不眠症から癌に至るまでの身体的な悪影響を引き起こすとされている。
アメリカでは、貴金属や石油の探索に用いるのが一般的であり、ゴールドラッシュの歴史が一因と考えられる。
日本では、弘法大師(空海)が奇妙な形の杖を使い、水脈を突き止めて井戸を掘ったとされる伝承が各地に多く点在する。


いわゆる文化人という人たちからは科学的根拠がないというダウジングだが、奥の意識のハタラキが作動させるのかもしれない。人の手に持つことによってしか確認できない現象もあるのです。しみじみ思います。

独り言ですが
うーん どうしたものか 
ダウジングではないが似たようなもので人が加圧しないと動かないものがあって
機械的固定では動かないのです。必死に一定の状態で加圧しているつもりでも特殊な力体構造は微妙に手から振動を誘発させるその状態が続いています。
人体を直接介さずとも無意識領域でそこに振動を起こすことが実現するのはまちがいありませんが、そんな能力は今の自分にはない。

マグネットモーターといってマグネットだけで他のエネルギーを使わず回転運動をつくる実験がそこら中で行われていますが、ある研究者の作ったものは3000rpmもの高速回転でまわった、ところがそれをまねて作った人は一人も廻らない これなども意識のハタラキによるところが大きいのかもしれない。





2012-08-06 10:44 | chachai URL [編集]
覚書2
機械的に作ったものが創造主が作った回転運動という大きな意識と同調するならなにもしないで勝手に回るはずだ。 球産み石から生まれる石の表面は明らかにスカラー場の回転エネルギーがくわっているとしか思えない波もようが顕れている。
しかし特定の場所にしかこの節理は顕れない。
広く地質構造を考えると巨大活断層から地球の回転エネルギーを取り込んでいるのだろうか?
2012-08-06 10:55 | chachai URL [編集]
覚書3
メノウ(瑪瑙、碼碯、agate、アゲート、アゲット)は、縞状の玉髄の一種で、オパール(蛋白石)、石英、玉髄が、層状に岩石の空洞中に沈殿してできた、鉱物の変種である。主成分は SiO2(二酸化ケイ素)。比重は2.62-2.64、モース硬度は6.5-7。隠微晶質であるため、肉眼では結晶を認めることができず、非晶質のように見える。(Wiki)

二酸化ケイ素(にさんかケイそ)はケイ素の酸化物で、地殻を形成する物質のひとつとして重要である。組成式はSiO2。シリカ(silica)、無水ケイ酸とも呼ばれる。圧力、温度の条件により、多様な結晶相(結晶多形)が存在する。ケイ素原子は非常な高圧下では6個の酸素原子が配位した八面体構造をとることもある。(Wiki)
2012-08-06 11:06 | chachai URL [編集]
関連記事


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。