スポンサーサイト

Amebaなう スポンサーサイトをはてなブックマークに追加
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

胸のチャクラに対する概念

Amebaなう 胸のチャクラに対する概念をはてなブックマークに追加
 
 かつて行法で振る魂行法を教わったことがあります。
人体にはそれぞれ固有の低周波振動があってそれに共鳴すると全然疲れないし、心地よく魂、霊体、人体が共鳴するのだと、そのときは円運動として教わりました。

 10年くらい前、サイバー霊覚者とであったおり「本当は∞の回転」だと教わりました。
なんか∞マークで体を振動させるのも こんがらがって逆に難しいように思い、やってみたりするのですが行法そのものの おさぼりが長期間続いたり、たまに思いつくようにやるだけみたいなのが、以後ずっと続いています。どうしても現界ごとにかまけて、なおざりになってしまいます。

そんなおりhttp://keinudidio.blog.fc2.com/blog-entry-11.htmlでやっぱり∞マークが出てきました。やはり避けては通れませんでした。

 一般にチャクラの概念は円運動〇で示され 振る魂行法やオーラという概念と結び付けることが出来ませんでしたが山田氏の教えるそれは、今までの疑問をかなり払拭することができました。

 人の体の背中には肩甲骨があり、これは肩近くにある鳥骨と連動しています。
肉体の進化の過程で鳥類の痕跡を残すものです。天使の羽根の名残とも言われています。

 図は人体とチャクラの関連想像図です。中央に行くほど体の前面左右に広がるほど後ろに伸びている立体を想像してご覧ください。
おそらく肩甲骨上部中央に貝のような形で(大小はあると思います)存在しているのが本来の形でしょう。
しかしこのように開いた形で存在している人は皆無に等しいくらい稀ですが、いよいよ開くことが要求されてきているのかもしれません。
今回の結論に至ったのは耳鳴君の「アオウエイの唄貝」の暗示も影響しています。 

 過去の教えなどではチャクラは上に開いてゆくと考えられています。クンダリーニのなんとかでいろいろな形で教えられています。ですがタイムワープ法to過去に示されているような形であれば、実際は過去の教えでは完全に開いたチャクラというものは紹介されていなかったのです。

 しかしこうした貝合わせのような蝶チョみたいな形が正解であるなら、神話に出てくる天使の羽根が実際に存在しているのが判ります。アニメでもなぜか神様にも羽根がはえていないとしっくりきません。

 人体のチャクラの羽根の形状は霊的なもので通常はみえませんが、そうしたことを意識するとなぜか胸を広げる姿勢になります。肩甲骨もヒクヒクさせたりなんかしているのにきずきませんか。

 羽根の形状であるという概念は目には見えませんが、そうした形状で開くと考えていると停止させがちなチョウコツ・肩甲骨を動かし、胸を広げる運動をいつのまにかおこないます。健康にもたいへん役に立つものです。

 喉のチャクラは聴力と関係するそうですが喉を中心にして耳に広がる羽根の形なのだとおもいます。
このように考えると第二チャクラと足の関係、後頭部・首のチャクラと手の関係も相似に働いていることがよくわかります。




 僕は結構ゲンかつぎをします。 考えをまとめながらコンビニで偶然1111円の買い物でした。
一昨日から十一面観音様と意識的につなげられないかとあれこれやっていたんですが、今一つぱっとしなかったんですが、実は繋がっていたんだと・・・であれば嬉しいのですが、 ありがとうございます。


 

 
関連記事


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。