スポンサーサイト

Amebaなう スポンサーサイトをはてなブックマークに追加
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

エーテル磁界

Amebaなう エーテル磁界をはてなブックマークに追加
 
みなさまこんにちは

さて今回は、またしてもわけのわからない話です。というか過去に述べてきたことの復習と具体性について触れたいと思います。

以前から神話のほとんどが始まりは 一点の(・)ポチが始まりだと伝えています。あるいは声が始まりだとも伝えています。表現が違いますがポチも声も共通性があるはずです。

一点のポチは動き始め陰と陽ができます。
あるいは、一点のポチは振動を始めたと伝えています。この動きとは振動のことで創世神話の声でもあるわけです。
声というより現代的にいうと波動といったほうがいいかもしれません。 
この波動の始まりを神道では天之御中主と名前を借りて使ったり易では太極といったり旧約聖書では 声 と伝えているわけです。
次元論理でいえば1次元と云えるかもしれません。ですが、この次元解釈もいろいろあって、今回はそこまで言及しません。

さてこの動き始めたポチ(・)は陰と陽を顕わしてさらに動きは継続します。
陰と陽の組合は
陰陰・陽陽・陰陽の三つです。
実はこれが重要でこれが本来の平面世界の要素
なのです。
現代は陰陽という一面でしかとらえていません。要素が欠如しているのです。

今風に言いますと波動スカラー状の組合のパターンの最小形態であるわけです。
この波動スカラー状の最小形態を私はエーテルの形態であろうと捉えています。
神話などからの推理は振動している実態ともいえるのではないでしょうか。
そこには現在の素粒子論や原子物理学論などまったく交えずとも成立してくる実態が存在します。

さてこの陰陽とは、すべてのものに当てはまります
表・裏、+・-、光・闇、等々

これを磁石のSN極で相似的に示したものが下図です


以上は論理の展開でした。

実践
さて上記論理を成立させてきましたが、正しい場合は相似的に物質面でも機能するはずです。
私のように陰陽などの論をかざすものを世間では迷信論者だとかイカレモンとかいろいろ言うケースが多いのですが、私自身は極めて唯物論者であると思っています。
少しそれましたが、この平面次元の原点の組合がほんとうで振動しているのなら、物質的に作用があらわれてくるはずです。
実はわたくし昨年こんな実験もありかも?で特殊磁界を見つけてからずーっとこの陰陽の相似の証明について具体的にできないか進めています。
上記 SSNNSN の磁石相似体を回転体に載せ初動回転数をまったく同じにして回転延長時間を測っています。
当初3分しか回らなかったものが、5分7分11分今では15分以上回るようになっています。実際にまだ作っていませんが54rpmという低速で30分以上回すことは可能だという自信も沸いています。
これは、どのような回転かと言いますと昔あったドーナツ盤のレコードが手回しだけで最初から最後まで聴けるくらいの回転です。ゼンマイ仕掛けもモーターもなにもいらないのです。手で回すだけそれだけです。
その昔マイクロ精機という会社の超高級ターンテーブルがオーディオブームの頃注目され今でもこの会社の製品は中古市場で高値で売買されているのですが、軸の精度と慣性質量を応用した回転で33rpmを手回しで5分以上回ったといいます。この場合は非常に重いターンテーブルを使ってこうしたデータを出すことができたのですが
私のところの実験装置は2キロにも満たないものです。それが、同じやり方で、その超高級ターンテーブルの何倍も回り続けるのです。夜中にタイムの計測をしていると、あまりにも長く回るので眠ってしまい、計測のやり直しをする、そういったことがなんどもありました。

そんなこんなで、重力の影響を超える可能性すらあるSSNNSNの磁石の組合を最近はエーテル磁界と勝手に命名しています。エーテル磁界はNNSSNS,NSNNSS,SNSSNNのいずれの組合でも同様に作用することも判ってきました。

最近は新たな実験を進めていて、こうした回りやすい動きを相似的に誘導するエーテル磁界を自動車のホイールに貼り付けて実験しています。 論理が正しい場合はタイヤが時にはエンジンからの駆動力を引っ張る形になり燃費が向上するはずです。まだ給油回数が少ないのですが、2割の燃費アップを確認しています。また燃費が良くなったため給油に行きたくても燃料が減りません。3200CCのポンコツディーゼルトラックがなんとリッターあたり12.9kmも走るのです。結果について未だに自分でも疑っています。夢でも見ていたのでしょうか。やはり僕はイカレモンなんでしょうか。昨日、友人にばったり会い昼食をおごっていただきました。そこで、この話をしたんですが、フンフンと聴きながら信用していないのが見え見えでした。UFOとかは信じても具体的に「そのようなことがあるはずねーだろ。万が一にでもうまくいけば儲けもんだ。つきあっておくか。」みたいな心情が伝わってきます。

あー 先駆者というものはなかなか大変です。(笑)

関連記事


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

Tag : フリーエネルギー フリエネ エーテル 磁界 陰陽

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。