スポンサーサイト

Amebaなう スポンサーサイトをはてなブックマークに追加
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

テネモスモーター学習キット

Amebaなう テネモスモーター学習キットをはてなブックマークに追加
 
こんにちは
テネモスから超省消費電力の学習キットが発売されていることを確認
いよいよフリエネベースは全国規模で広がるぞ!
税込で66,600円もするのでちょっと引く人もいるかもしれませんが、これだけの成型だけでも材料費や特殊加工費そして流通経費を考えるとこの価格になってしまうのかもしれませんね。
僕はシャフトからコイルまで自作ですでにン十万円以上使っているから、考えようによっては安い買い物です。

テネモスモーター学習キット(Yahoo!ショッピング)




いやいや素晴らしい。

現物に接していないので断定はできませんが、このスイッチ部分をリードスイッチで動作させたらたぶんもっと効率が上がるはず、さらに自作のコイルも付加させて・・・・
新しいフリーエネルギー装置をつくるのはあなたかもしれない。


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/
こうした精度の高い回転体を基本に据えて考えると、いろいろと実験が進みます。
私の場合の回転体実験でもアダムスモーターの原理を応用して6Vで30V以上の発電が可能になっています。
実際にお見せしたいのですが、他者の特許技術に触れる場合も考えられ、現在は支援者の方に時折ちらっと触れない程度にメールで写真を送る程度です。 おそらくテネモスではかなり研究が進んでいるはず。
また学習キットもプラ板などで作られていることから学習者が自らの発案で回路を組み立ててゆくことを意識したキットだろうなー。と考えています。
「磁石貼って~!」「コイルここにつけて~!」画像からキットの要望が聴こえてきそうです。
日本中にフリエネの技術者が溢れるのも遠いことではないかもしれませんね。

たのしみ、たのしみ。

追記:テネモス学習キットでの発電
コイルを追加して発電している様子です。

ここまでできているのなら、逆起電力を利用してかなりの電圧の取得も可能です。
びっくりするほどの電圧が出ますよ。
逆起電力を取り出すにはコイル両端に整流回路を繋ぐだけです。
テスラ整流回路で試すと面白いかも
逆起電力を利用するにはスイッチ回路に保護回路が必要かもしれませんね。スイッチがいかれてしまう可能性があります。

上の図のアンテナ入力の位置を替えてコイルの両端をそれぞれ繋ぎます。
コイルは発電側と駆動側と並列に繋ぎます。
ダイオードはVO3C位でいいかと スイッチが焼切れるようだったらリードリレーに変えた方がいいかもしれませんね。
僕だったらこうするんだけど・・・みたいなのがあって、はがゆいですね。
テネモスモーター学習キット(Yahoo!ショッピング)
追記終わり

おことわり
5/17までFC2の無料スペース利用にあたってどうしてもFC2のアドセンスが入ってしまいます。そのため構成が若干ちぐはぐになっていることを心苦しく思っています。お許しください。
関連記事

Tag : モーター テネモス

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。