スポンサーサイト

Amebaなう スポンサーサイトをはてなブックマークに追加
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

モノポール磁石?(フリーエネルギー)

Amebaなう モノポール磁石?(フリーエネルギー)をはてなブックマークに追加
 
こんにちは
フリーエネルギーとして紹介されている回転コイルの映像を見つけました

よく見ているとこの回転体の下に貼り付けられている磁石は裏も表もN極のようです。
つまりモノポール磁石です。
首都大学東京では普通の磁石と白金を組み合わせた簡単な構造で作ることができることを理論的に示したといいます。
[PDF]N 極・S 極だけをもつ磁石・磁気モノポールの発見 - 首都大学東京
ちゃくちゃくと色々なところで研究は進んでいるようです。

過去にはクライン巻のコイルを200ターン巻いて次に逆巻で200ターン巻くとモノポール磁石ができるという話を清家新一博士が述べていたという記事を見つけ実際に巻いてみたけど、うまくいきませんでした。
磁石と白金の組み合わせモノポール磁石はまだ市販されていないようですが・・・・
試してみたいなー モノポール磁石

自然界の鉄鉱石の結晶で僕は弱い磁力でしたがモノポール磁石に触れたことがあります。
その時は「変な石」程度の感想でしたが、今思うと「すごい石だったんだー!」 と天然丸出しです。
夢でも見ていたのでしょうか?

回転のパターンはいろいろ出てきそうですね。

1年以上前「フリーエネルギー?なんですかそれ?そんなものはありえない!」とけげんな顔で閣僚の国会答弁があったことを思い出します。首都大学東京の研究はその後どうなったのでしょうか? 変てこになっていないことを祈ります。







関連記事


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

Tag : コイル 回転 フリーエネルギー

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。