スポンサーサイト

Amebaなう スポンサーサイトをはてなブックマークに追加
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

リゾナント周波数2

Amebaなう リゾナント周波数2をはてなブックマークに追加
 
こんにちは
今日は実験についての記事です。

リードスイッチ
防犯用のマグネットスイッチを使ったらモーターが作れるのでは
ある日ふと思いつき実際に作成したところちゃんと回ります。
以下が構造です。

実験では過電流をかけたため防犯用マグネットスイッチはあえなく破損、新しいマグネットスイッチを買おうかと思いましたが・・・
よく調べてみると 防犯用のマグネットスイッチとはリードスイッチの応用製品であることがわかりました。
防犯用のマグネットスイッチは千円とか二千円もするのですがリードスイッチだと300円から500円程度です。
無知とは怖いものです。数倍の浪費をする寸前でした。
リードスイッチモーターはすでに多くの事例が紹介されています。小学校6年生くらいの工作にも応用されています。ですがなかなか奥が深いものがあります。

リードスイッチは上の写真のような形状をしています。
動作は磁石を近ずけるとONになったりOFFになったりします。

動作は以下の3タイプがあります。記号は通常のスイッチで示しています。
N.C.(ノーマルクローズ)a接点 磁石が近ずくとON


N.O.(ノーマルオープン)b接点 img磁石が近ずくとOFF


C接点a,b二つの機能が備わっているもの。リードスイッチの写真がそれです。


浪費につながるような買い物はしたくないため今回はリードスイッチのスペックをくまなくチェック
するとリゾナント周波数という項目が出てきたのです。

大概の事はwikipediaで調べると出てくるのですが日本語バージョンではどうしても出てきません。
英語バージョンでは Rizonanto frequency 解説がありました。
どうやら共振周波数というような意味合いで部品のスペックには書いてあるようです。
電子回路から音響といった分野、さらにはスピリチャルにまでリゾナントという用語は使われています。
音響共振などではワイングラスが共振周波数で割れてしまう事例があるようです。

幽体離脱
電気的な部分はさておき、ちらっと見た、いろいろな記事の中で幽体離脱に関する記事があり
リゾナントチューニングによって起こるようなことが書いてありました。

実は僕の知り合いに幽体離脱をされる方が何人かいて、以前から興味があったのでどんなふうになるのかそれぞれが面識のない方複数に聴いたことがあります。
それによると
・寝ているときにその現象が起きるケースが多い
・離脱する日はあらかじめ「たぶん今日は離脱する」みたいに事前にわかる。
・離脱の前に耳鳴りがする
・眠りからさめようとするとき体を起こすと肉体はそのままで幽体が起き上がる
といったことが共通項目のようです。
最初は家の周りの散歩から慣れてくるとかなり遠くにまでいってくるらしい。
中には、映画を見てくる方などいるようです。行動範囲や能力が拡大するというのも共通項目のようです。

笑い話のようですが、音楽耳鳴りなどが聴こえる僕は自分の現状をそうした方に話すと「おじちゃんももうすぐできるんじゃないの?」(若い人が多い)といってくれるので出るパターンなどを詳しく教えてもらい何度も試しましたが、いまだに僕にはできません。

ある高次元の整体治療を受けたことがありますが、その先生がちょっと指を触れただけで僕の耳鳴りの音程が上がったり下がったり、「あっ それそれ その音程じゃないと調子悪くなるんですよね。」と僕が云うと「そうでしょ。」といって僕が聴こえている耳鳴りまでわかるかのようでした。あれなんか、もろにチューニングだったなー。

発見!マグネットモーター MadeInJapanで触れたのですが特定の回転数に達すると負荷電力以上の電力が発生するようなのです、リゾナント周波数はなにやら関係があるのではないかと模索中です。
ビクトルシャウベルガーのトラウトタービンなどはそうしたことを示しているような・・・・

楽器なんかもチューニングが狂うとちぐはぐな演奏に聞こえますが、人間や機械なんかにもそれぞれに同調すべき周波数があるのでしょうね。 良い方向性に同調するようにする 平面的ですがリゾナントチューニングの入り口みたいなものかもしれません。



エーテルは存在するか?というアンケートを作りました。お気軽にご参加ください。
自身のアンケートの結果は書き換えが可能です。投票数は変わりませんがあなたの投票項目は替えることができます。なんどでもやってみてください。
スポンサーサイト


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

Tag : リードスイッチ モーター リゾナント周波数 アダムスモーター 幽体離脱 リゾナントチューニング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。