スポンサーサイト

Amebaなう スポンサーサイトをはてなブックマークに追加
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

重力と中心軸

Amebaなう 重力と中心軸をはてなブックマークに追加
 
<追記>あります。
文中 重力の解釈について加筆あります。

こんにちは
 5/26のフリエネオフ会に行ってきました。
今回のオフ会に合わせたように、いきなりアイデアが・・・
前日から夜中まで工作をしてぎりぎり昼のオフ会に間に合うように実験体を会場に運ぶことができました。
お世辞半分でも、きれいだといわれた時はうれしかったな。
 JIIJI1941さんという方が十四面体を作って持ってきていました。中に吊るされたピンポン玉はやはり、くるくると勢いよくまわっています。十四面体にピンポン玉を吊るすタイプは将来、波動の学習モデルになってゆくのかもしれません。
 メールでしか接触のない方と直に合って話をできたことは、ほんとに素晴らしいことでした。
当日もボールペンやストッキングをいただきました。うずまきさん有難うございました。
またオフ会には参加されてはいませんが愛媛のまりえちゃん、どうもありがとうございます。
帰りにはSさんから実験用にとアルミのターンテーブルも有難うございました。
最近、技術系の方からの連絡も増えてきました。
多くの方と接触すると専門的機械知識なども教えていただいたりと、知らないことがまだまだたくさんあります。
ボールペンや資材を送ってくださる多くの方々とはまだまだ面会の機会が少ないのですが、できるだけ参加し実験機の現状をお見せしたいと思っています。

 

本題
 陰陽のハタラキに基ずく、ある特定の多面体(十四面体)は地球重力の影響を軽減して考えられない物理的状態を示してくれています。この状態で多面体の中心軸の精度を上げるとさらに、実験結果はより顕著なものになりました。今回は一連の実験などから得られたことから地球重力と中心軸について取り上げてみます。
(以後重力と表記していますがあくまでも地球重力を指して説明しています。太陽重力との混同を避けるため加筆しました。)

 以前からの話の復習になりますが、我が国固有の物理に八力という分類があります。
これは、力体を顕していますが次元のハタラキからも現れていて3次元地球空間では以下のような図で表現され、方位・時間などとも相似にはたらくと考えられます。
右の表は次元と八力の相似を顕したものです。

14面体の6角形部分の八面はこの八力と相似とも捉えられます。

今回はこの中で②動力に注目します。
動力とは漢字であらわされる通り重力をあらわします。重力は引力と同一視されがちですが別の力体であると解釈すべきです。またそのような考え方で進めない限り今後の科学の進化は限定されたものにならざるを得ないと思うのですがいかがでしょうか? 
この重力は方位でいうと東北の方位と相似に顕されます。
風水で云うところの鬼門にあたるわけです。 
また陰陽五行の分類では東北は中央に作用すると考えられます。
東北は季節では立春が位置します。
立春は重力に対する諸々の中心軸を合わせる節日と考えていいでしょう。

重力は圧力も意味します。
機械などの調整でしみじみ感じたのですが中心軸の確立はこの重力の影響をもっとも軽減します。
特に重量のある回転体を自然に廻すには軸の中心がもっとも大切です。
ぶれた軸運動は振動を発生させ、時には破壊すら招くのです。
「東北の方位から重力の影響を受けやすい」
このように考えますと風水で鬼門は触ってはいけない、鬼門は貴門で大切な処というのも物理的にしごく当然だということがわかります。
立春はコノメハルタツヒと古文献などに顕されますが、柔らかな新芽が重力に逆らって縦に伸びるには軸を確立し、もっとも影響を受けない状態にするという意味が含まれるのがわかります。

重力はあらゆるものに影響を及ぼしていて、秤等では変化は見ることができませんが自然界から読み取ることができます。潮の干満です。月の引力は重力の軽減に一役買っていて回転体の回転数にも影響します。また月の満ち欠けも、やはり回転体の回転に影響します。
おとぎ話のかぐや姫が満月の夜に月に帰って行ったというくだりもこうした物理的法則を示しているのでしょう。
つまり、満月は重力を軽減するのです。
満月の夜、魔物が活発になるという話も重力で押さえられて動かなかったものが動きやすいという意味合いで捉えると、しごく当然のことなのです。

旧暦の28日から3日は月の重力軽減力が弱い様です。
あくまでも僕の経験値から出たものですがそのように考えます。 
また一年の間でも機械などのメンテナンスなどに従事されている方はわかるとおもいますが、春は不思議と故障が多いものです。
一年の中でも最も重力の影響が大きい季節なのかもしれません。
機械的に、こうした影響を起こす重力が人に対して影響を起こさないはずがありません。

極めて微かな重力の変化は気がつかないうちにストレスを発生させているかも?なのです。
季節や時間によって人の心理などは変化しますが、重力の影響大であるといえるのです。
人はストレスがあるとなんらかの形で表現をします。
「やつあたり」なんていうのは典型ですね。微細なうちに修正できればいいのですが、やがて病気という形になって顕れてくるわけです。
これが政治・行政・会社などの組織にも顕れているような気がします。
上司は目下のものが思い通りにならないと重力的圧力をかけます。自分の中心軸を中心に回転させようとするわけです。ところが人はそれぞれ回転軸をもっているため強引にその軸を変えられると軋みが生まれます。最悪の場合は 破壊=死 まで呼び込むことになるわけです。
「つまらない」なんて思って石ころを蹴飛ばす程度のストレスが八つ当たりや支配欲に変化して云ったら恐ろしいことです。ですが現実に組織というスタイルの中にはそうした要素があるのです。


「感情など人の考えに重力の影響が含まれている。」
次は五行の相似から証明します。
 重力は五行では土気
感情は3次元地球物理では水気にあたります
つまり土克水の相克関係にあるわけです。
つまり重力によって感情が制御されやすいのです。
ですからストレスを伴った重力影響下では
感情が乱れやすい(中心軸のブレ振動が顕れやすい)
ということになります。
図で赤の矢印が相生関係、紺色の矢印が相克関係を示しています。



重力の影響を少なくして生活するには
標高の高いところに住む等の対策が考えられますが
意識の中でブレのない己の中心軸を整え自己回転させるというのが最もベターなようです。
という私もあっちフラフラこっちフラフラとやってきてがたがたなんですが


<追記>
アオウエイの言霊で紹介した大石凝真素美が伝えた十四面体(三角形と四角形で構成)でしたが実際は現在アワ理論から導き出された六角形と四角形で構成される十四面体がおそらく真実にちかずいているといえるといえます。つまり言霊の真の姿に近くなってきていると思えるのです。 もとより誰も言霊の形を見た人はなく断定することはできないのですが
人の発する言葉は他の人に伝わります。これは重力の影響を受けることなく伝搬します。 陰陽の原理に基ずく十四面体は質量のある物体でありながら重力的影響を軽減しているというのが、その理由なのですが、
すでに体系化されたかのようにみえる言霊学のように思われていますが、土台となる形態の信憑性が出てきた今、さらなる真実が見えてくるはずです。
あらゆる方面ですでに完成領域と思われてきたことが、実はまだ過程でしかないということはどんどん明らかになって行くでしょう。
永らく趣味的に易の卦や風水など学んでいたのですが、根源的陰陽論理から実際に平面的組み立て、立体的俯瞰という作業をすすめると実際はかなり違っていたということがわかってきました。



 最後までお読みいただきありがとうございました。
スポンサーサイト


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。