スポンサーサイト

Amebaなう スポンサーサイトをはてなブックマークに追加
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

やっぱり回っている

Amebaなう やっぱり回っているをはてなブックマークに追加
 
みなさま こんにちは

17世紀の科学者、デカルトさんだったかな運動量保存の法則という物理法則を発見しました。

Wikipedia運動量保存の法則より

運動量保存の法則(うんどうりょうほぞんのほうそく)とは、ある系に外部から力が加わらないかぎり、その系の運動量の総和は不変であるという物理法則。運動量保存則ともいう。デカルトによって発見された。
外部からの力が働かない問題の例としては、物体の衝突問題がある。二体の衝突問題は、エネルギー保存の法則と運動量保存の法則を考えることで解くことができる。完全弾性衝突のときのみ物体の運動エネルギーは保存される。


でも発電しながら回るというのは、良心的アカデミーの人と思えるデカルトさんの運動量保存の法則をも否定してしまう。あのニュートンさんは永久機関のことを「無から有を産むようなものだ」といってとりあわなかったといいますが、今まで紹介してきた動画やサイトのリンクなど再度アップします。やっぱり回ったり発電したりしている。 でもこうして動いているものを見てるとなごみますね。おっと、それは僕だけかもしれません。失礼。






http://johnbedini.net/john34/bedinicolemotor.mpg
http://johnbedini.net/john34/Window.wmv



スポンサーサイト


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

Tag : 回転 フリーエネルギー フリエネ エーテル

エーテルとはなんぞや?

Amebaなう エーテルとはなんぞや?をはてなブックマークに追加
 
こんにちは
毎度、わけのわからないブログを読んでいただきありがとうございます。
今回は最近思っていることをとりとめもなく・・・

陰陽だの魂だの五行だの相似物理だの今度はエーテル論だのといろいろやっていますが
「平面で考えるからわからないんだよ」「君の考えは平面的すぎる」といわれ続けて○○年
最近やっとわかったことは 平面すら人類はわかっていない ということです。
この平面世界深奥にして未知に満ち満ちています。
既存の平面論理は基本的に欠如している部分があるのはまちがいないと考えています。
再度、平面論理を見直す必要が「アルンデナイカイ?」などと思っています。

約100年前 人類の意識進化を止める出来事がありました。
ご本人は、もうとう、そんなつもりではなかったのですが彼の証明は独り歩きを始めました。
アルベルト・アインシュタインの相対性論理です。
人類の進化のために発表した相対性論理でしたが、皮肉にもそれまでのエーテル論を全面否定する証明をしてしまいました。
それ以来、エーテル論は忘れ去られ、相似的に論じられた死後の世界、魂の世界ということなどことごとく否定する結果になってしまったのです。

次元という概念も数学的に歪められ、正しく本質が見えるサードアイの開いた方たちをはじめとする超能力者は異端児として社会の話題の中心から抹殺されてしまったのです。
はたして現行の 1-1=0 は正しいのでしょうか。 1-1=0にはなりにくいという数学的証明があったら現在とは全く違う世界ができていたはずです。現象界においては後者の方が圧倒的に多いのです。

昨今軍事技術の進展に伴い高性能戦闘機をはじめとするステルス技術が注目を浴びています。それとあわせ兵器の運動能力など云々されていますが、基本的には未だに第二次世界大戦でナチスドイツがみせた軍事技術の延長線上でしかありません。ところがそのナチスドイツの軍事技術はスイス、オーストリアといった方々の科学者達に芽生えた自然科学に根着いたものであったことを再認識する必要があるといえないでしょうか。かれらの考えの根底にはエーテルの存在を意識していた、そう考えたほうが自然なのです。

実はわたくしエーテルというものの正体がいまだにわかりません。
しかし瞬時に相似的に伝達するものがある(おそらく光速より速い)ということだけはわかります。
この相似という物理的概念は東洋の陰陽五行説が最たるものですが、それでも歪められ、ありもしないことがまかり通り、優れた科学論理である相似科学が呪いごとのみに引用されているのはもったいないことだなー、としみじみ思っています。
気学などとして発展してきた東洋文化ですが、やはり間違いを犯しているのではないか? そんな気もしています。
それらが本当に正しいのものならもっと物理的進化は進んでいるはずだ。生意気にもそのように考えています。

既往の通念の様なものをはずして我々は考えてゆくべきではないだろうか。
ほんとうは誰しもが自然科学者・・・
数学的証明をできるものだけが科学者ではないはず。

とりとめもない日記です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

参考:渦動説 Google画像検索 
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%B8%A6%E5%8B%95%E8%AA%AC&rlz=1C1GGGE_jaJP506JP506&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=lWWLUduOEsiekwX06IGgBQ&ved=0CAoQ_AUoAQ&biw=1024&bih=641#imgrc=ACu47DyS9_dyoM%3A%3BHR1IYrDXg41nJM%3Bhttp%253A%252F%252Fkarasuart.img.jugem.jp%252F20110412_1418576.jpg%3Bhttp%253A%252F%252Fkarasuart.jugem.jp%252F%253Feid%253D43%3B500%3B500


以下の3つのランキングのクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、このランキングを1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。


自然科学 ブログランキング 


にほんブログ村 自然科学  


FC2 自然科学BlogRanking


クリックして現れるランク一覧の中から再度、Chachaiを押してね。(まだ下位なので見つからない場合はごめんなさい)
コメントもお気軽にどうぞ (^o⌒*)/

Tag : エーテル 渦動説

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。